• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 4件
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「超一流のえっちゲームで業界を制覇する! オーストラリア作戦発動!」

    2018-03-17 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/03/17

    ───────────────────────────────────
    田中圭一のゲーム業界レポートマンガ【若ゲのいたり】第八話 https://goo.gl/b1wXJC に、岡田斗司夫が登場しました。
    それに関して、3月4日のニコ生ゼミで岡田が追加の解説を加えています。
    ガイナックスで、岡田と赤井のコンビがパソゲーを作るエピソードは、『遺言』第四章でも書かれていますが、アスキーの連載『ま、金ならあるし』でも「お金」」という視点から描かれています。
    今回はそのアスキーの連載から、「オーストラリア作戦」のあたりをお届けします。
    【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)なら、週刊アスキーの連載200回分も読み放題!ご入会はこちらから!
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「エッチゲームは儲かる! ゼネプロ初のパソゲー部門 誕生!」

    2018-03-16 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/03/16

    ───────────────────────────────────
    田中圭一のゲーム業界レポートマンガ【若ゲのいたり】第八話 https://goo.gl/b1wXJC に、岡田斗司夫が登場しました。
    それに関して、3月4日のニコ生ゼミで岡田が追加の解説を加えています。
    ガイナックスで、岡田と赤井のコンビがパソゲーを作るエピソードは、『遺言』第四章でも書かれていますが、アスキーの連載『ま、金ならあるし』でも「お金」」という視点から描かれています。
    今回はそのアスキーの連載から、「パソコンゲーム部門設立」のあたりをお届けします。
    【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)なら、週刊アスキーの連載200回分も読み放題!ご入会はこちらか
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ガイナックスの “感動を作ろうプロジェクト”・前編 【なぜ感動するのか分からないところから始まった】」

    2018-03-13 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/03/13

    ───────────────────────────────────

    今回は、ニコ生ゼミ3月4日(#220)から、ハイライトをお届けいたします。




    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ───────────────────────────── 「ガイナックスの “感動を作ろうプロジェクト”・前編  【なぜ感動するのか分からないところから始まった】」


     田中圭一さんという、漫画家であり、ゲームデザイナーであり、ビジネスマンでもある方がいるんですけども。 その人が描いた、『プリンセ
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「子供を産む女性漫画家は少ない? 『ど根性ガエルの娘』の転換点“第14話”」

    2017-12-03 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/12/03

    ───────────────────────────────────今回の記事はニコ生ゼミ11/19(#205)よりハイライトでお送りします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ───────────────────────────── 「子供を産む女性漫画家は少ない? 『ど根性ガエルの娘』の転換点“第14話”」
      『ど根性ガエルの娘』って、よく「家族の物語」とかって言われるんだけども、絶対に家族の物語じゃないと思う。  なぜなら、語り手の“ゆうこ”が家族を作るつもりが無いからなん