• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 2件
  • 【岡田斗司夫のニコ生では言えない話】映像配信はニコ生かYouTubeか、儲かるのはどっち? 第75号

    2014-03-10 07:00  
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 岡田斗司夫のニコ生では言えない話 第75号 2014/3/10 ─────────────────────────────────── 【今週のコンテンツ】映像配信はニコ生かYouTubeか、儲かるのはどっち? 【今週の書き起こし】岡田斗司夫の「評価で夢を叶える個人メディアの作り方」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆【今週のコンテンツ】利益率70パーセント!? 電子書籍で儲ける方法教えます ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ニコ生とYouTube視聴の比率は、9:1の無銘のマサフミです。 『岡田斗司夫の「評価で夢をかなえる個人メディアの作り方」セミナー』2回目になります。 岡田斗司夫が番組放送中に「カントク」と呼びかけている相手は、今回登場の『株式会社タチワニ』山口社長です。 岡田斗司夫の番組配信の現場に立ち続け、映像制作を本業とするカントクに、ネット配信業界がどう見えているのか聞いていきましょう。 ニコ生とYouTubeの違いはどこにあるのか、ネット配信で儲けることはできるのか。 それではハイライトから御覧ください。どうぞ。 <--ブロマガ用画像--> ************************************ <岡田>  ここにいる皆さんが「自分のメディアを持ちたい」と思って、ニコ生を始めたとしたら。  最初はまず無料放送をするしかない? <山口>  そうですね。 <岡田>  うん。  で、自分の面白さを知ってもらうしかない? <山口>  はい。 <岡田>  どうやったら、知ってもらえるの? <山口>  ……えっ!? <岡田>  うん。本当に、マジで。  例えば、今さっき手を上げてくれた、あの帽子の彼が……ブログやってらっしゃるんですよね? <帽子の彼>  はい。近頃、ずっと休んでますけど。 <岡田>  はい(笑)  じゃあ彼が、僕と同じように「ドワンゴで、ニコニコ生放送で放送したい」と思ったら。  どうやればこれをマネタイズ出来る? <山口>  どうやったら良いんですかね?  本当にもう、全然わかんないですよ。  だって、主に「やりたいっていう人がやってる」ものじゃないですか、どっちかって言うと。  そもそも、「マネタイズまで行こう!」っていう“邪心”を持ってる人がどれくらいいるのかって話ですよ。 <岡田>  ははははは(笑)   <山口>  俺は、たぶん、そんなに多くなくて。  楽しくてやってると思うんですよ、ほとんどの人達が。 「マネタイズ? ああ、そんなのあったけど、俺にはムリムリ」みたいな。  そういう人達がほとんどのはずで。 <岡田>  なんか、電子出版より遥かにライバル多いじゃん。 <山口>  あの「ハードルが高い」っていうか……有料放送って、手元になんにも残らないものじゃないですか、言ってみれば。  だから、これにお金を払うってお客さんが、まず少ない。  例えば、有名人でブロマガをやってる中でも、ちゃんと利益が出てるのは、もう十数人とか言われてますよね。 <岡田>  ああ、そうなの? <山口>  そんなに少ないんですよ。  ましてや、素人でガッポガッポみたいな人はほとんどいないんですね。  まだ“YouTube”の「無料で見れて広告で稼ぐ」みたいな形の方が、見る方もタダで見れるし、実はハードルが低いというのがバレちゃった、というか。 <岡田>  そうだね。  面白いことにニコ生の方がユーザーの目が厳しいし。 <山口>  そう! <岡田>  なんせ、ブロマガは基本「興味があったら有料の方に来てくださいね」なんだけど。  YouTubeの方は、「どこまで行っても見る側は無料で、ただ単に広告収入が上がっていくだけ」だから。  薄くてゆるいユーザーは、ひたすらYouTubeの方に集まると。  で、ニコ生の方に集まるのは、“濃い”―― <山口>  そうなんです。 「お金払っても良い!」って言うような人達が、っていう。 <岡田>  逆に言うなら、「金払うからには全部言うこと言うぜ!」とか、「金払う前に全部言うぜ!」みたいな“五月蝿型”しかいない。 <山口>  結局、今のテレビってそうじゃないですか。  普通のテレビが「広告収入で稼ぐ」って形に逆戻りしつつあるというのが不思議な所で。  むしろ、「お金払う人が意外と少なかった!」っていうことなんですよね。 <岡田>  で、おまけに僕らが面白いコンテンツを作って、「さあ、こっから先は有料ですよー!」とやっても。  それと同じ時間帯に、いきなり女子中学生とか女子高生が「ユーザーが100人越えたらおっぱい見せます!」という番組をやられてしまったら―― <山口>  ダーッと!(笑) <岡田>  全員、ダーッと行きますよ!(笑)  それはもう、同時に放送しているのが何百番組、何千番組とあるかもわからないっていう、本当に怖い世界ですね。 <山口>  怖いですよね。  だから、さっきまでの話と逆行しちゃうんですけど、ニコ生は案外ハードルが高かったという。  むしろ“ユーチューバー”と呼ばれてる人達の方が、たくさん視聴者を稼いで儲かっちゃってたというのは、ちょっとショックだと思うんですけどね、ある意味。 <岡田>  でも、僕が特徴的だなと思うのは……これは僕の感覚なんで、合ってるかどうかわかんないんですけども。  YouTubeの方はどちらかというと“コンテンツ主導型”で。  コンテンツ主導型って言うのは、中身主導型なんですよ。  つまり、「女子高生が脱いだ!?」とか、「面白いメイクの仕方教えます」とか、あと「こうやったら安く出来ます」っていうような“中身”で見る。  で、 それに対してニコ生とかニコ動っていうのは“キャラクター中心”で。  結局、「その番組に出ている人が、コメントとかにどう対応するのか?」という人格を含めてのファンが付く、と。  だから、ニコ生の方には“ファン”が付くんだけども、YouTubeの方は“ユーザー”が付くんです。  あと、YouTubeの方が難しいのは、全世界にライバルがいて、面白い動画っていうのは1秒に何万も出てくる。  だから、一瞬自分が目立っても、次の瞬間にはもう忘れ去られる。 <山口>  そういう可能性が高いですね。 <岡田>  でも、 ニコ生の方は、たとえ100人しか自分のファンがいなくても、ある程度その番組は続いてくれる。  俺、確実なマネタイズではこっちの方だと思う。 <山口>  そうですね。  囲い込んじゃうことが出来るから。 <岡田>  うん、囲い込んじゃうことが出来るから。  で、YouTubeの方は、自分と同系列で、ほんのちょっとでも新しかったり優秀なヤツが出てきたら、自分っていなくなっちゃうじゃん。 <山口>  そう思いますね。  だから、今、すごく頑張ってても、来月にちょっと更新を休んだら、ガランってなっちゃうんじゃないかなっていう気はするんですけど。  データはないですけどね、ええ。
  • 【岡田斗司夫のニコ生では言えない話】岡田斗司夫に12万円も払おうなんて「どうかしてるぜ!」第47号

    2013-08-26 07:00  
    220pt
    FREEex入って一年半が経過しました無銘のマサフミです。
    7月7日FREEexプライベート説明会の模様を、前回とは別の参加者を迎えてお届けします。

    前回・今回と、文字起こしはFREEexの新メンバー達の手によるものです。
    自分たちの発言を自分で文字起こしした初仕事の成果と、彼らの今後にご期待ください。

    こうしてFREEexに集まってくるのは一体どんな人達なのか?
    私がこれまで見たところでは、職業も趣味も関わり方もバラバラで傾向を掴むことはできませんでした。
    唯一の共通点は岡田斗司夫に12万円も払う「どうかしている」人達ばかりであるということ。

    「もしかして、私もどうかしてしまったかも……」とお心当たりのある方は、FREEexプライベート説明会までお越しください。

    いま来ないなんて、どうかしてるぜ!


    ************************************
    <参加者A>
     昨日、メールを見させて頂いて思ったんですけど。
     岡田さんは最初、2、3年前までは自分を無料化するという考えで、「ああ、それはすごいな!」と思っていたんですけど。
     昨日のメールを見る限りでは、やっぱり無料だけじゃなくて、有料化もいれないといけないって感じがするんですね。

     で、その構造を見てますと、なんだろう?
     言い方はひどいかもしれませんけど、社員のみなさんが岡田さんを持ちあげて、岡田さんを独り占め……っていうかな? あまり外に出さないような感じがするんですね。

    <岡田>
     ほうほうほう。

    <参加者A>
     まあ、有料化ということで——

    <岡田>
     有料化。
     ええと、あれの有料化は何かというと、「メンバーは僕を使って儲けていい」という意味なんです。

     なんだろうな? たぶん、 有料化の最大のポイントは2つあって。
     1つは、全てを無料にすると見てもらえなくなる。
     普段、有料のもの、例えば、金曜ロードショーでジブリがジブリ映画を無料で見せると急にみんなが見るのと同じように。
     基本的には有料の枠をはめておいて、好きなタイミングで無料化することによって、見る人を増やすことができる。

     ずっと無料にしているというのは“図書館”みたいなもので、実は閑古鳥が鳴いている。
     そうではなくて、もし“ツタヤ”みたいなものがあって、週に1回無料デーっていうのを作ってたら、そういうツタヤには行列ができるんですね。
     じゃあ、ずっと無料で公開できる図書館がなんでガラガラで、週に1回無料デーを作ったツタヤは行列ができるのかって言うと、これは「いつでも無料化できる」というパワーなんですね。
     無料というのはツールであって、手段であって、目的ではない。
      僕らにとって「岡田斗司夫のコンテンツを無料にする」っていうのは、手段であって、目的はなにかというと「その普及」なんですね。
     というのが、その有料化の理由の1つ。

     で、もう1つは……これはもう本当にぶっちゃけの話なんですけども。
     メンバーが3年も在籍していると、彼らの経済状況がどんどん変わるわけですね。
     これは法則でもなんでもないんですけども、 「FREEexに入ろう!」と決心した時が一番、仕事もなんとかいけそうで、そして年間12万払える自信があるタイミングなんです。
     で、こっから先、それが落ちていく可能性が高いわけですね。「あ、なんか今年無理だ」とか。
     その時に、「じゃあ、もう無理だからやめようか」というふうになっちゃうと、そこで付き合いが切れてしまって、なかなかもったいないんでですね。僕らとしても。

     だから、 本業ほどではないんでしょうけども、月に1万円とか2万円ぐらい稼げるような場としてのFREEexというのを作ろうと思ったんですね。
     それが有料化のもう1つの理由で。


     だから、例えばブロマガでやっている『ニコ生岡田斗司夫ゼミ』ってありますよね。
     あれも、ニコ生に登録している人だったら、ほとんど無料で見れるんです。有料で見る人もいるんですけど。
     その有料はなんでかというと、「後でタイムシフトで見る人は有料でないと見れない」とかですね。無料で見れる人を最大化して、「有料にしたらこんなオプションがつきますよ」というようなのをつけているんです。

     そうやって有料にしたお金はどうなるのかっていうと。
     そのタチワニっていう会社が儲けて、ヤムアキくんみたいな所に給料がいったり、今、下に“タチワニカー”っていうタチワニで買った車があるんですけど、こういうのがあったりするんです。
     あとは、結構、豊富な機材を買っていて。
     現在、僕らは最初カメラ1台しか、それもメンバーの人が手持ちで出したビデオカメラしか持ってなかったのが、今はビデオカメラが3台あって。
     それの切り替えのスイッチャーとかも、これらもブロマガで儲けたお金で買ったものです。
     だから、有料っていうのを有利に使いたいと思っていますけれども。


      独占っていうのは、どうでしょうね?
     岡田斗司夫を独占しているということでは……ああ、そうなのかもわからないですね。
     逆に言えば、僕、FREEexのメンバー以外の人とはあまり親しく話す必要を感じないんですね。

     そりゃ、外部の人とは話しますよ。
     例えば、来週、僕は“小飼弾”のところへ行ってちょっと話したり、“田中圭一”さんという漫画家の人と打ち合わせをしたり、いろいろ打ち合わせするんですけども。
     それは外部の人と「このアニメの企画どうでしょうね?」とか、「システムどういうふうに組んだらいいのか?」っていう話で。
     ところがそれを持って帰ってきて、「こんな話してきたんだ」って話す相手は、やっぱりFREEexのメンバーになるんですね。
     はいはい。

     で、それでも僕、構わないと思うのは。
     普通のアーティストとか、普通のクリエーターっていうのは、わけのわかんない取り巻きに相談してるんですよ。
     そうじゃなくて、 「俺はその、わけのわかんない取り巻きを有料化している! おまけにメンバーも全て公開していて、限定にしてるぞ!」 っていうのが圧倒的にクリアなんです(笑)

     同じ様な事を、実は、たぶん、メディアに出ている人は全員やってるんですけど、それが誰かはわからないんです。
     お気に入りの後輩かもわかんないし、家族かもわかんない。とりあえず不透明なんですね。
     これをこちら側は徹底して透明にやっている、と。その場合、12万円もらっているわけなんですけど。
      その代わり、その12万円以上取り返すチャンスというのを、みんなに渡している。

     というわけで、 こないだまではFREEexは“参加費”と言っていたんですけど、今はたぶん投資に近いんです。