• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 【岡田斗司夫のニコ生では言えない話】岡田斗司夫に問う!もっと占いについて答えてくれたまえ第28号

    2013-04-15 07:00  
    216pt
     普段にはない嫌なことがあると、「運のない物を持っていたからだな」と持ち物のせいにする無銘のマサフミです。

    前回に引き続き「岡田斗司夫講演会 占いのことを語るよ!」後編の模様をお届けします。
    後編は客席の皆様との質疑応答パートです。

    岡田斗司夫がその場から出る質問に事前準備なしで答えていきます。
    この質疑応答が一番面白いと、質疑応答だけのイベントを行ったこともありました。
    講演が質問によってどんどん面白くなっていくのを御覧ください。

    皆様が岡田斗司夫の講演にお出かけの際は、おひとつ質問を持っていくのが吉でしょう。

    では後編の模様をハイライトでどうぞ。


    ************************************
    「月刊FREEexで占い師のユウコさんが“占いはオカルトではありません! ツールです!”と言ってました。ツールだからオカルトではないと言い切る理由はなんでしょう? ちなみに、オカルトを否定する気はありません。使うことで少しでも楽になるならそれはそれでよいことだと思ってます」

     ツール。 「オカルトではない、ツールだ」というのは、たぶん、“社会学一般”でですね、ツールなんですけど根拠が無いんですよ。なんでかっていうと、追加試験できないんですから。
     心理学もそうなんですよね。例えば、社会学もそうなんですけども、心理学っていうと、「こういう人がこういう傾向がある」とかよく言うじゃないですか。で、あんなもの僕らはですね、まともに信じてないと思うんですけども。それでも使えるときは使えるんですね。
     つまり、「こういう人にはこういうふうな傾向がある」と言われりゃそんな気もするし。使えると言われれば使える気もするし。たぶんね、その「使えるものは使いましょう。で、根拠に関してはあれこれ考えてもしょうがないですよ」っていうのが僕の回答なんですよ。
     すみません、ユウコの回答じゃなくて。

     で、オカルトって何かっていうと、「根拠はないけど信じれる」のではなくて、「とことん変な根拠を求めること」なんです。
     つまり、この世界に「なんでか?」っていう理由なんてないんだけど、「理由なんかないっていうと変だろ? 何か理由があるだろ!」というふうに、とことん突き詰めていくと、“物理”になるか“オカルト”になるかどっちかなんですよ。
     物理でフォローしきれないことってやっぱオカルトでしかフォローできないんですね。 なので、占い師が扱えるものっていうのは、心理学的なこととオカルトの両方になっちゃうんですけども。でも、たぶん、現代の占い師っていうのは“カウンセラー寄り”がすごく多いんですよ。オカルトよりも。
     なので、「占いっていうのはオカルトではありませんツールです」っていうのは……自分たちが使っている占いの技法をネタもとにして、それで相手の本音を探りだして、自分が「こうだ!」と思ってる言葉をぶつけあって徐々に徐々に合意を果たし作っていくという、たいへん心理学的な手法というのを現代の占い師は使っています。
     だから、彼女たちはその“オカルティックな部分”を信じてはいるんだろうけども信じてはいない、ということなんですね。

     なんでしょうね。それは僕らが友達と話すときに、その人達との“友情”を信じてるんだけども、人間は友情だけではなくて“実利”で動いたりもする。微妙なバランスの中で生きているのと同じように。オカルトっていうのを完全に否定して合理性だけだと考えちゃうと、解決不可能なことがいっぱい出てきちゃうんですね。
     だから、カウンセリングみたいな話をする上でオカルト的な結果、たとえば「こんなカードが出ました」といったら、あくまで出たカードにこだわることによって見えてくるものがいっぱいあるという手法だと僕は思ってます。
     もし違うと思ったらあとでフォローします。


    「占いが必要なときと必要でないときの大きな違いはなんでしょう? 私自身は必要でない人間だと思ってます」

     占いが必要でないという人間は僕と同じく、“科学”という占いを信じているので必要でないだけなんですけども。つまり、 この「なんで?」、「どうしたら?」というものに対する中間解、“途中の答え”というものにどれくらい心が安心するかですよね。
    「突き詰めないとダメだ!」っていう人はオカルトのほうに行っちゃうし、「とりあえず今日何すればわかればいいや」っていう人は、占いの段階で納得できる。 そうじゃなくて「合理的な根拠を!」という人間は、バランスが悪いことに毎日抗わなきゃいけないんです。だから、突き詰めてオカルトにいってもダメだし、占いの結果をあえて信じちゃってもダメなんですよ。
      中国の孔子が、あそこまで合理者でありながら占いというものを一切否定しなかった理由は、「そういうわけのわからないものをアリとしたほうが人間社会の説明がうまくいく」と考えたからですね。 全て合理的に説明できると考えるほうが変になる。

     これは“料理人の勘”のような非科学的なものをあえて残しておくことで、料理というのが美味しくなるのと同じですね。
     もし、料理人の勘っていう怪しげなオカルティックな言い草を料理の世界に入れなかったら、すべての料理は同じ材料から同じような調理法で同じような味が引き出せることになってしまうんです。
     でも、例えば小麦粉の産地によって、その麦が育った場所の暖かささ寒さも、その日の温度も湿度も違うから、絶対に同じ味になるはずがないし。食べる人が違えば、その人が子供のころから食べてたものが違うから、味覚にも微妙に差ができるし。おまけに、その人が風邪気味か健康かによって感じる味の範囲も違うんですね。
     つまり、 “完全再現性”、“完全分解”っていうのは幻想なんですね。なので孔子は、そういうことに関しては「わからない!」というでっかいブラックボックスを一個用意してそこに入れたほうが、おそらく、全てうまく行くと考えたんです。

     なので、占いっていうものがあるかないか、信じるか信じないかの大きな違いはなにかというと、「そのブラックボックスを使えるか使えないか」だと思うんですよ。
     僕は割りと、なんでしょうね、物分かりが悪いというかですね、往生際の悪い人間なんで。「できるだけそういうことは考えずに、合理的に考えられるところまで考えてみようか。暇だしね」と言って、こういうふうに分解できるとこまでとことん分解するんですけども。
     あんまこういうことやってると、頭に熱が出ちゃう、適当な部分で止めればいいと思います。
  • 【岡田斗司夫のニコ生では言えない話】占い師に一言物申す!もっと○○の勉強をしたまえ第27号

    2013-04-08 07:00  
    216pt
    星占いに血液型占い。占いコーナーは複数確認して都合のいいほうを採用する蟹座のA型無銘のマサフミです。
    今回は2012年3月に福岡で行われた「岡田斗司夫講演会 占いのことを語るよ!」前編の模様をお届けします。
    「占いなんて信じない」と公言している岡田斗司夫のもとに、現役の占い師の方からお招きがあってこの講演は実現しました。
    岡田斗司夫が占いの歴史を遡り、その分析から占い師の今後について助言をしていきます。占い師が今後勉強すべきこととは何なのか。果たして占い師の将来を明るくすることができるのか。
    参考になりましたら皆様もお近くの占い師の相談に乗ってあげてみて下さい。
    では講演の模様をまずはハイライトからどうぞ。
    ************************************
     で、こっから先がですね、さっきも言ってました、現役占い師さんたちに対する説教で、マーケティングの助言なんですけども。
    「神→シャーマン→まじない師→錬金術師→宗教→将来を心配する人→昭和の占い師→21世紀型占い師」
     こういうふうに構造図を書いたら、やることは明らかなんですね。君等は“21世紀型占い師”という立場に安心してるからまずいんだよ!
     今の占い師って“勉強”するんですよ。やたらと占いの方法を。「占いの方法をどんどん勉強すればするほどいい占い師になれる」って思ってるんですよ。違う!
     いい占い師、これからの21世紀型の占い師の進化形というのは、それまで失った機能を取り戻すことなんです。オカルトに詳しいとかカウンセリングの技法を持ってる。ここまでは当たり前なんです。
     だから、現代の占い師っていうのは、人のどうしようもない衝動とか疑問に関して、責任持って付き合ってあげる。これが最低限の仕事です。(21世紀型占い師)次に、そん時に使う手法の一番と二番はカウンセリングとオカルトです。(→昭和の占い師)これは手法の一つにしか過ぎない。一番と二番にしか過ぎない。
     その後、 勉強すべきことは“占いの勉強”じゃない。まず経済の勉強(→将来を心配する人)であり、思想の勉強(→宗教)であり、科学技術の勉強(→錬金術師)であり、医学の勉強(→まじない師)であり、政治の勉強(→シャーマン)なんです!
     これらをやらないと、元の力強い状態に戻らないんですね。 こっから先もどんどん占いの勉強なんかしちゃったら……もう既にキリンの首は伸びきってるから、更に伸ばしてもしょうがないんですよ!
     やっぱねえ、“商売”として占いを真面目に考えてほしいんですよ。
    「宗教→錬金術師→まじない師」って、上に行けば行くほど売上は上がるんですよ。なんでかっていうと、対応できる問題が多いから。
     たぶん、現役の占い師でも、遺産相続の相談とかがあったときに、法律とか経済の知識があれば、「あなたの運がこう出てるけど、それは多分……“登記簿”をもう一回見てごらんなさい」とか、色々言えるはずなんですよ。これらの知識は絶対に無駄にならないですよ。
     これらの知識があってこそ、“カウンセリング”とか“オカルト”っていう、今持ってる2つしかない武器が、ものすごく有効になるんですね。この武器をこれ以上研ぎ澄ましてもしょうがない。
     それよりは真面目に、経済の勉強しましょう。『日経新聞』読みましょう。思想の勉強しましょう。サンデル教授の本読もう。科学の技術ですね、『ニュートン』読もう。医学ですね。これは当然、「体の調子が悪いんです」と言われたら、「それは、なんか枕のこっちの向きが〜」とかいうのもアリなんですけど、同時に、ちょっと医学的な知識があったらその言ってることに説得力が出るんですね。
     さっき言った“金色の財布”というのも、ただ信じさせるだけじゃなく、「その人がお金儲けに邁進するためにはどういうふうにさせたらいいのか?」っていうのを、これらの知識を総動員して助言することで、はじめて機能するんですよ。
     だから、「中国では昔からそういうことに〜」とか言っててはダメなんですよ。あと、成功例だけ持って来るのもダメ。この世の中に“金の財布を持ってもダメだったやつ”は“金の財布を持って成功したやつ”の10倍いるに決まってるんですから。そういうのはダメなんです。
     ちゃんと真面目に政治の知識、医学の知識、科学の知識、思想、経済っていって、その後カウンセラーとオカルトの知識にいったほうがいいと思います。
    「それなら占い師である意味は? 法律家や医者になったほうがよくないですか?」(会場からの質問)
     ほうほう。法律家や医者になったほうがよくないですか。“信じてなくて”、“金儲け”ですね。(質問の書かれたポストイットを、先ほどのボードの左上に貼る)
     いえいえ。政治家や医者は単機能しかないから、実は使い勝手が悪いんですよ。
     僕らは所詮、「なぜ?」とか、「どうしたら?」という悩みの解決、回答しか求めてないんです。これらの問題を因数分解した果てにこの専門家に聞くことはあるんですけども、専門家に聞いても満たされないんです。
     僕らが医者に聞きたいのは「これでいいですか? これでダメですか?」であって、「医学的にどうか?」ということは全く聞いてないんですよ。僕らが原発の専門家に聞きたいのは、「安全ですか? どうですか?」なんです。その人を信じられるかどうかを聞いてるんであって、「このような条件下で、このような前提で、このデータが正しいとすれば、こうです」なんて話はタルくて聞いてらんないです。
     なので、それらの単機能しか持ってない人たちっていうのは、勉強するものに専門的なものが多すぎる割に、潰しがきかない。
     それよりは、人の悩みは所詮「なぜ?」「どうしたら?」にしかないんだから、今現在、占い師でそこそこ売上があるんだったら、政治や医学などを勉強したほうが絶対にいいです。
     それが僕が考える占い師のこれからのことです。機能ですね。
     なんでかっていうと、所詮、人は「誰を信じるのか?」で考えるからです。
     もちろん「その人が言ってることが正当かどうか?」って部分もあるんですけども、言い方がどうかとかですね……例えば、「美味しいパスタ屋さん知ってるんだけど」と言われた時。僕らは「その言い方がどうか?」とか「本当に美味しいパスタ屋さん知ってそうかどうか?」、「総合的な人格、総合的なキャラクターでその人を信じるに足りるのかどうか?」で考えちゃうんですね。
     なんでかっていうと、 常に問題は解決不可能で、誰にでも答えられないのが当たり前で、そしてどんなに愚かに見えるお客さんであっても消費者であっても、「この問題は本当は誰にも答えられないんだろうな」って腹の底で知ってるからです。
     だから占い師は全力をあげてその人に“信じてもらう”しかない。それはなんだろう? 「私を信じてください!」って言うしかないんです。
     だから僕は、自分の仕事も占い師の系譜の末裔だと思ってるんです。