• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 4件
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『王立宇宙軍』で作ろうとした“完璧な異世界” 3 】 文字の設定は全体の数百分の1に過ぎない」

    2018-10-17 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/10/17───────────────────────────────────




    今回は、ニコ生ゼミ10月07日(#251)から、ハイライトをお届けいたします。




    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ───────────────────────────── 「【『王立宇宙軍』で作ろうとした“完璧な異世界” 3  】 文字の設定は全体の数百分の1に過ぎない」

     文字というのは、まず最初に、言い伝えを図案化した紋章があり、その紋章から象形文字が生まれて、その象形文字から毛筆文字が生まれて、次に
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「35年前、坂本龍一さんが『オネアミスの翼 王立宇宙軍』の音楽担当だった話」

    2018-05-15 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/05/15

    ───────────────────────────────────

    今回は、ニコ生ゼミ5月6日(#229)から、ハイライトをお届けいたします。




    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ───────────────────────────── 「35年前、坂本龍一さんが『オネアミスの翼 王立宇宙軍』の音楽担当だった話」 5月6日の朝、ニュースで出た話です。  音楽家の坂本龍一さんは現在、手塚プロダクションで手がけているアニメ映画の音楽を担当しています。
     それに関するインタビューが
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ガイナックスにも花束を」

    2017-10-23 00:10  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/10/23 増刊号

    ───────────────────────────────────今回の記事はニコ生ゼミ10/22(#201)よりハイライトでお送りします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ─────────────────────────────「ガイナックスにも花束を」



     昔、僕がまだガイナックスの社長だった頃に、山賀くんの新作として『アルジャーノンに花束を』を考えていたんですよね。
     アルジャーノンに花束を をアニメ化しようと考えていて、その時に僕がプロデューサーとしてアメリ
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「山賀博之にあって、庵野秀明には無いもの」

    2017-06-06 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/06/06

    ───────────────────────────────────


    今回は、「山賀にあって庵野にないもの」について話します。
    今回の記事はニコ生ゼミ4/30(#176)より一部抜粋しました。
    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
    ─────────────────────────────
    「山賀博之にあって、庵野秀明には無いもの」

     僕はガイナックスをやっていたときに『オネアミスの翼 王立宇宙軍』という作品を作ったんだよね。
     その時に、山賀博之がやりたかった映画っていうのが、『ガー