• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 214件
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「最新作を観る前に予習しよう!『スター・ウォーズ』シリーズは何がすごい?どんなストーリー?」

    2020-01-04 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2020/01/04
     今日は、2019/12/15配信の岡田斗司夫ゼミ「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特集」から無料記事全文をお届けします。
    本日のお題
    【画像】スタジオから
     こんばんは。岡田斗司夫ゼミ、12月15日ですね。  もう12月も3回目なんですよね。1回目が明治の面白物語をやって、2回目が『On Your Mark』をやったので、今月はかなり疲れてて。  基本、僕は「毎月毎月、全力でやるのは2回まで」と決めてるんですね。3回やると死んでしまうのがわかってるから。1回は再放送で、もう1回はお便りや雑談。そんなふうな感じでやってるんですけど。今月は5回ある月なので、まあ、これでいいんですけど。  だから、今日は出来るだけ軽目にやるつもりでいます。『On Your Mark』はね、本当に疲れたんですよ。その前の明治のやつも、インターネットとはいえ、国

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「初心者もすぐわかる!『スター・ウォーズ』シリーズは『ドラゴンボール』だ」

    2020-01-03 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2020/01/03
     今日は、2019/12/15配信の岡田斗司夫ゼミ「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特集」からハイライトをお届けします。
     結論を言います。  『スター・ウォーズ』だと思うからわからないんですよ。あれはね、『ドラゴンボール』だと思ってください。  『ドラゴンボール』だと思ったら、急に全体がわかりやすくなりますから。
     2015年から始まった、続スター・ウォーズというのは、前のシリーズとは時代が違う、後の世代のお話なんですけど。そこに出て来るキャラクターというのは、だいたい前のシリーズのキャラクターの子供達なんですね。  だから、『ドラゴンボール』で言えば、孫悟空ではなくて、孫悟飯が主人公になったと思ってください。『ドラゴンボール』にもあるじゃないですか。ハイスクール編というヤツが。僕、結構、好きなんですけど。  悟飯君が高校生になって、学

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「中国でウケない『スター・ウォーズ』シリーズの苦悩」

    2020-01-02 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2020/01/02
     今日は、2019/12/15配信の岡田斗司夫ゼミ「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特集」からハイライトをお届けします。
     「最初の本家スター・ウォーズの3部作と、時代を遡った元祖スター・ウォーズの3部作がある」と言いました。  元祖のシリーズが終わった後、2012年、ルーカスフィルムを買収したディズニー社は、マーベルシネマティックユニバース(マーベルヒーロー映画)の成功によって、「『スター・ウォーズ』シリーズはこれからも続けるべきだ」と主張しました。  ジョージ・ルーカスは、これに対して、「いや、俺はやらないけど、やるんだったら協力するよ」みたいなことを言ってたんですけど。  その結果、2015年から今に続く3部作の公開が始まりました。
     この新シリーズで最も必要だったのが「キャラクターの世代交代」だったんですよ。つまり、「前シリーズま

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「CGで巨大セットが不要に!『スター・ウォーズ』エピソード1〜3が映画を変えた」

    2020-01-01 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2020/01/01
     あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
     今日は、2019/12/15配信の岡田斗司夫ゼミ「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特集」からハイライトをお届けします。
     じゃあ、初めての『スター・ウォーズ』その2に行きましょう。  さっき話したように、1977年から83年までの3部作の本家スター・ウォーズは「ルーク・スカイウォーカーという田舎の星に住む普通の兄ちゃんが、ジェダイの騎士になって銀河帝国を倒す」という、シンプルな大冒険のお話でした。  まあ、「落ち込んだりしたこともあったけど、私のフォースは元気です」みたいな感じで、紆余曲折ありながらも、ストレートな良い話なんですよ。  それが終わった後、「元祖スターウォーズというのを作る!」と、ジョージ・ルーカスがいきなり言い出しました。これが、1999年から20

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今週の岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話はお休みです」

    2019-12-31 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/12/31
     今日は、岡田斗司夫のコンテンツ情報をお届けします。
    今週の岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話はお休みです。 次回は、1月7日(火)になります。
    ニコ生テキスト全文公開
     2019/12/17配信の岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話テキスト全文をnoteとKindleストアで販売中!

    ガンダム完全講義36:第13話「再会、母よ…」解説Part3


    ガンダム完全講義36:第13話「再会、母よ…」解説Part3

    本日のガンダムマンチョコ開封
    「日常演技」の奇跡的なシーンに必要な3つの要素
    日常演技で見る「アムロの表情」
    アニメの演技とドラマの進め方、安全ベルトの補足
    「子供たちのヘルメット」の意味とアムロを庇う母の「思いつかない構図」
    構図について宮﨑駿「天才」論の解説
     なお、「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」にご入会いただければ、過去動画・テキストなど

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『スター・ウォーズ』が起こした「特撮の革新」とは?」

    2019-12-30 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/12/30
     今日は、2019/12/15配信の岡田斗司夫ゼミ「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特集」からハイライトをお届けします。
     『スター・ウォーズ』というのは、1977年から42年間……長い。42年間にわたって続いている、映画業界でも、たぶん最長のシリーズの1つだと思います。  一番長いのは『007』だと思うんだけど、『007』って、1話完結で、どれを前後ろにしてもあまり変わらなくて、同じ俳優さんがやっているわけでもないので。同じ俳優さんを使って明らかに続きモノのストーリーとしてやっているシリーズとしては、『スター・ウォーズ』が一番長いんじゃないでしょうか。  『ターミネーター』みたいに、「これは続きモノです」って言ってるのもあるんですけど、あれも、シリーズの中でしょっちゅうリセットが掛かるので。たぶん、1つのお話を延々とやっているシリーズで

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫 最新情報】2019年12月29日号」

    2019-12-29 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/12/29
     今日は、岡田斗司夫のコンテンツ情報をお届けします。
    【お知らせ】
    岡田斗司夫ゼミのメルマガをご愛読いただき、ありがとうございます。
    この度、諸般の事情でメルマガの毎日送信を終了する運びとなりました。 最終号は、1月4日(土)号となります。 楽しみにして下さっていた方には大変申し訳無いのですが、別の新たなサービス拡充を目指しての路線変更となります。 どうぞご了承いただければと思います。 今後は、臨時のお知らせをお送りするだけのメルマガとなる予定です。
    長年のご愛読、本当にありがとうございました。 今後とも、岡田斗司夫ゼミをどうぞよろしくお願い申し上げます。
    【ニコ生】
    『岡田斗司夫ゼミ (無印)』
    『岡田斗司夫ゼミ・プレミアム』
    今夜19時からのニコ生ゼミは、岡田斗司夫がフロリダに旅行中のため、生放送ではなく、お蔵出しの動画をお届けします。

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』完全解説!息をつかせぬ無料110分拡大版!」

    2019-12-28 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/12/28
     今日は、2019/12/08配信の岡田斗司夫ゼミ「宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』解説[前編]」から無料記事全文をお届けします。
    本日の内容
    【画像】スタジオから
     こんばんは、岡田斗司夫です。今日は12月8日ですね。  もう最初のうちに言っておくんですけども、今日は無料放送が長くなります。これ、もう、どうしようもないんですけど。  今日は『On Your Mark』という、宮崎駿のちょっと問題作を取り上げるんですけど、この作品、見られない人が多いんですよね。まあまあ、TSUTAYAも最近では本当に流行っているものしか置かなくなったので、見ていないという人も多いと思うんですよ。  なので、最初にストーリーとかをちゃんと説明するのに、かなり時間がかかると思うんです。映像的なトリックとか伏線が、もう本当に、異常なまでに多いアニメなの

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『On Your Mark』完全解説その4〜翼のある少女に込められた悪意とは?」

    2019-12-27 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/12/27
     今日は、2019/12/08配信の岡田斗司夫ゼミ「宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』解説[前編]」からハイライトをお届けします。
     これで、悪意その1「残酷描写」、悪意その2「放射能」という話が終わったので、ここから本題の悪意その3「翼の少女」に入ります。  ここも無料なので、もうちょっとだけ我慢して聞いてください。すみません、これをきちんとやらないと、その次のレベル3に行けないんですよ。  レベル3は、この話をもう一度、全部ひっくり返しますから、もうちょっと待っててください。
     では、悪意その3、翼を持つ少女です。  さっき、3人が車に乗ったままガーッと落ちている時に、僕は「この少女はなぜか羽ばたかない」と言いました。なぜ、この女の子は羽ばたかないのか? (パネルを見せる)
    【画像】落ちていく3人 © 1995 Studio

    記事を読む»

  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『On Your Mark』完全解説その3〜まさかの完全どんでん返し編」

    2019-12-26 07:00  
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/12/26
     今日は、2019/12/08配信の岡田斗司夫ゼミ「宮崎駿の最高傑作『On Your Mark』解説[前編]」からハイライトをお届けします。
     すみません、このレベル2は、またちょっと長くなるので、今日は本当に無料放送が長くなるんですけど。  今回、レベル6まであるんですけど、レベルが1つ上がる度に、その前の解釈を全否定します。  つまり、レベル2に上がったら、レベル1で語った「これはいい話である」ということを「実は違うんですよ」とレベル1を全否定。レベル3に上がったら、今度はレベル2を全否定。レベル4に上がったら、レベル3までを全否定することになりますので、すみませんけど頑張ってついて来てください。  こういうことになっている話なんですよ。だから、これ、すごく面白いんですけども。  では、無料の最後、レベル2「3つの悪意」について語ります。

    記事を読む»