• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 1件
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「思想書になった『進撃の巨人』 “大衆文化”によって作られる“思想”」

    2017-03-03 06:00  

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/03/03───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は漫画『進撃の巨人』ついて解説します。
    今回の記事はニコ生ゼミ12月25日分より一部抜粋しました。

    ─────────────────────────────「思想書になった『進撃の巨人』 “大衆文化”によって作られる“思想”」


     『進撃の巨人』って、若い読者にとっては、もう思想書になってると思う。
     昔、『銀河英雄伝説』という小説があった。
     その本が、今の40代くらいのSFを読んでるおじさんにとって、それが社会や民主主義を考える時の基本ツールになっているんだ。
     20代後半から30代半ばくらいの、週刊『SPA』を読んでた人にとっては、『ゴーマニズム宣言』と