• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 1件
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信】 “映画の見方”で作品の評価は変わりますか?」

    2017-05-11 06:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/05/11

    ───────────────────────────────────
    おはよう! 岡田斗司夫です。
    今回は4月のDMMオンラインサロンの東京オフ会で出た質問をご紹介します。
    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2
    ─────────────────────────────
     「“映画の見方”で作品の評価は変わりますか?」質問者:
      映画について質問します。
     
     近年、3Dや4Dなど“映画の見方”が多様化してきました。
     そういう“映画の見方”によっての作品自体の評価も変わってしまう気がします。
     
     たとえば私は『マッドマックス』を爆音上映で見て「いいな」と評価したのです