• このエントリーをはてなブックマークに追加
増山れな氏による、信用創造特権の剥奪と公共貨幣を訴える経済学者・山口薫先生のインタビュー動画
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

増山れな氏による、信用創造特権の剥奪と公共貨幣を訴える経済学者・山口薫先生のインタビュー動画

2016-12-23 00:51

    ■最新刊

    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee 

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    ■絶賛発売中の本

    8e7c1dbc81dfb5b5d703335c2f2c7ec9ef203e5211efe7c17d9b3d9265132b19f30b765c41ef7652

    <リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論 天野統康 1999円(税込) 4月27日発売 
    amazon 経済学ランキング1位  増刷決定!

    <リンク>ヒカルランドHP 世界を騙し続けた[洗脳]政治学原論 天野統康
    1990円(税込) 5月24日発売

    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』


    ■講演会


     f20aa9a908c3e6fc77b0c2b65c94d969b8928fe9


    増山れな×天野統康の民主主義緊急事態宣言 公開収録
    12月23日(金)
    午後3時から 日野駅前 カフェ・コロラド
    900円(軽食付き) ドリンク代別
    カメラ、音声
    コント出演者 スタッフ募集!
    renaart1225@yahoo.co.jp
    その後交流会あり

    ■勉強会

    <リンク>【勉強会】12/28(水)『金融の世界史』を国際銀行権力と絡めて読む 真の民主社会を創る会


    HP

    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    ■寄付・支援のお願い

    当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

    情報発信や研究などの活動を行っています。

    独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

    是非、皆様のご支援をお願いいたします。

     

    ・みずほ銀行

    ・立川支店

    ・預金種目:普通

    ・口座番号:2478209

    ・口座名:アマノ モトヤス

    ※入金されたお金のご返金は原則としてできません。


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    (本文)
    7915362b8531f401aca86dd404adffeca8ac2b7e

    (山口先生の自宅にて撮影 )


    先日、大阪のスタジオシチズンで

    『マルクスもケインズも触れなかった 

    嘘まみれ 世界金融の超最大タブー』

    の共著者である安部芳裕氏と講演会を

    行った当日に、経済学者の山口薫先生の

    ご自宅に伺った。


    山口先生は、名著『公共貨幣』を著しており、

    中央銀行と民間銀行がマネーを無から作り出す信用創造特権が

    この資本主義社会の作り出す様々な矛盾の根源であることを指摘している。


    そして、民間が所有する信用創造特権を無くし、

    民主的な公共機関がベーシックインカムのような形で

    マネーを発行することを提案している。


    銀行の信用創造特権をはく奪する貨幣改革という

    経済学者としての最大のタブーを犯してしまったために、

    山口先生は大学から追われることになった。


    山口先生と、安部芳裕氏と、増山れな氏と、私と、途中参加した

    佐々木重人氏とともに、資本主義経済と民主政治を改革するため

    の手段として以下の事を話し合った。


    公共貨幣とベーシックインカムの実現により、資本主義経済の作り出す

    景気循環、バブルや恐慌、格差社会を克服する。


    スイスなどで実施されている一定数の署名が集まった議題は

    国民投票にかけるという直接民主制の導入により、銀行権力によって

    議会の政治家を買収し、利権のための政策に誘導するという間接民主制の

    弱点を克服する。


    これらを組み合わせることによって、現在の自由民主制の

    問題点を克服することができるようになる。


    三人寄れば文殊の知恵という言葉あるように、皆で様々な

    社会改革を話し合う場になり、実に有意義な時間を過ごすことができた。


    この出会いは今後、大きな流れになっていきそうである。


    その時に増山れな氏が山口先生にインタビューしたのが以下の

    動画である。


    民間の国際銀行権力に独占されてきた借金マネーシステムの

    欠陥を指摘することが経済学の最大のタブーであること、

    それを克服するための公共貨幣の実現を呼びかけている。




    本日、午後3時から増山さんと以下の講演会を行います。

    増山さんの沖縄オスプレイ墜落の現場報告もあります。


    ご興味ある方はご参加ください。




    増山れな×天野統康の民主主義緊急事態宣言 公開収録
    12月23日(金)
    午後3時から 日野駅前 カフェ・コロラド
    900円(軽食付き) ドリンク代別
    カメラ、音声
    コント出演者 スタッフ募集!

    renaart1225@yahoo.co.jp
    その後交流会あり



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。