• このエントリーをはてなブックマークに追加
武尊、青木真也、三浦彩佳vs平田樹、ABEMA格闘技の光と…
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

武尊、青木真也、三浦彩佳vs平田樹、ABEMA格闘技の光と…

2024-02-02 16:59
  • 3
『トップブライツ』でダウトベックに負けた松嶋こよみ選手がかなり叩かれてまして。これはボクが大晦日RIZINの感想でも指摘した「ざまあみろMMA」の燃え方。「RIZINを下に見ていたくせにRIZINで朝倉未来に負けた奴にやられたぞ! ざまあみろ!」ってやつですね。結果に関して何か言われるのはプロの宿命ですけど、松嶋選手がRIZINを選択しなかったことは批判されたりすることではないのかなと。「RIZINに出ろ」という声にしても、RIZINだって負けたばかりの松嶋選手を使おうとは思わない。出すならダウトベックのほうですよ。ケラモフが何かのトラブルで国家に拘束されてて佐賀大会欠場濃厚だから摩嶋一整vsダウトベックをやるしかない!

松嶋選手はUFCへの道を選んだってだけであって、今回は出た目が悪かっただけ。たしかにRIZINに出たほうが知名度が上がったし、ファイトマネーもよかったかもしれない。でも、そこは松嶋選手が何を望んで戦っているかです。そもそもちょっと前は「RIZINは対世界の遠回り!」と主張する声が多かったわけで。堀口恭司がRIZINに参戦したときは「なんでRIZINなんかに」と残念がられたり、「RIZINに出るべき・出ないほうがいい」は振り子のように行ったり来たりするんだと思います。鶴屋怜選手や原口伸選手が出場するRoad to UFC決勝の結果次第でまた騒がれる。いちばんは選手本人が後悔しない決断をすべきってことですよね。ただし「俺に任せておけば、UFCやRIZINに……」という声には気をつけて!

たとえばひさしぶりに日本大会を開催したONEもかつては「RIZINがなくなってもONEを見ればいい」「修斗とパンクラスと違って、ONEと提携していないDEEPは終わった」とか言われたもんですよ。いまはどうなのかって話だし、この先もどうなるかはわからない。

そのONE日本大会について榊原さんの感想が強烈でしたしねぇ。

・榊原さんの「招待券」発言
・三浦彩佳vs平田樹の「元カノvs今カノ」の煽り
・青木真也の「表現」「作品」は青い鳥か
・武尊が敵地で5ラウンドをやったことから見えたもの
・感謝されないABEMA格闘技……まだまだ続く
この続きと鶴屋怜、スターダム、武尊本、佐藤将光、ビンス、中嶋勝彦…などの2月バックナンバー記事が700円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事15本」の詰め合わせセットはコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2188442

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事200円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

いやホント、ジャンさんの言う通りでアオシンは「競技者」としての魅力だけで十分「表現者」になったんですよ。

なのにDREAM消滅とかメレンデスやアルバレスとの敗戦がトラウマになったのか、なんかヘンテコなスタンスになっていってしまった気が。アーセンいじりも全然面白くなかったし、アーセン本人からも裏でのフォローは全然無かったとか言われてて、表現者どころか、ただ単にユーモアのセンスが無いパワハラおぢさんにしかなっていなくて、昔からのファンとしては悲しい気持ちになるばかり。爆笑問題の太田みたいに見えてしまう(涙)

アオシンファンも、「自分は違いが分かる」と思っているような中途半端に賢い人達が増えている印象があって、
忖度してアオシンに諫言しそうな人が居ないので、益々もって裸の王様化が進行しそう。

こういう事を言うと怒る人もいるかもしれないが、公の場でアオシンにきちんとした諫言が出来ているのは、
ジョビンだけだと思う。好き嫌いはあるだろうが少なくともアオシン論評は正鵠を射ている。

No.1 2ヶ月前

青木は拗らせちゃった感はあるよね。
北米で負けてUFCから逃げ、強さの象徴から逃げたから強さ以外の付加価値が必要になり作品とか芸術家的な方向に行ったのかなと。青木の迷走は人間的で良いのだけど、ガチで奉っている信者が青木の印象も悪くしてしまってるのも残念なところ。

当時のONEは青木がアジア最大の団体と吹聴しても、朴とか鈴木とかが王者だったワケで、無双していても後ろめたさがあったのかなと。
今はレベルも上がったのでただ勝つだけで良いのに、秋山戦とかノースカットごとき相手にトップとやれるのは最後と言ったり迷走してるところに対戦相手変更。
2階級下の相手で作品が成り立ち難い状況でも有無を言わせぬ一本勝ちでそれなりに見れるものにしたのは、青木のアスリート的な強さというのも皮肉な話。

No.2 2ヶ月前

秋山についてのセンス論もここで聞きたかった笑

No.3 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。