• このエントリーをはてなブックマークに追加
<菊地成孔の日記 2022年8月26日 午前1時記す>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 2022年8月26日 午前1時記す>

2022-08-26 10:00
  • 8

  まあ、人間ドック以来、いろんな事があったわけだけれども(それは僕にも世界にも)、そして、たった今もいろんな事が起こり、すでに予定がフィクスされている今年の年内スケジュール(これとて、コロナでテーブルひっくり返されたら終わりだ笑)にもいろんな事があるし、それでもまだ何があるかわからないのだけれども、とにかく僕の人生は変わった。やはりサバールを手に入れたからだとしか考えられない。

 

 自分が太鼓を手にしたら、自分のみならず世界まで変わるというのは、単なる万能感で、つまりは誤謬だけれども、昨年冬から今日にかけて、僕はサバールを叩き続けてきた(足の靭帯をやってしまった時は流石に休んだ。サバールは座って、爪先立ちになった上で、太ももで太鼓の本体をコントロールーー固定、ではなくーーしないといけない。実はサックスもそうなのだが、サバールは上半身で叩くのではなく、下半身で叩くものだ。両手は、短距離走のようにものすごく早く動かさないといけないので、虚ろにしていないと対応できない)。叩いているうちに、自分も世界も、驚くべき速度で変化した。叩けば叩くほど変化した感さえある。

 

 今は靭帯のリハビリもやっと終わり、全員ストレッチングと筋トレが可能になった状態だが、いきなり再開すると体がびっくりするので、まずどこからやるかと言えば「立つ事」である笑。立って、目をつぶって、体重を移動させる。今は、靭帯損傷(2回)によって、右足が左足よりやや長くなってしまい、立った時の、骨盤にかかる大腿骨の「刺さり具合」が以前と違っているので、まずは何よりこれに慣れないといけない。「慣れる」というのは、この状態に違和感が無くなるまで、日常動作の反復(階段の上り下りとか、ウォーキングとか)を続け、骨盤周辺(ここには夥しい数の骨と筋肉の区分が密集している)のリセットをしないと、なので前述、サバール演奏の健康的な練習はできないのだが、まだ骨盤周辺のリセット中に、練習でも本番でもサバール(とカウベル)を叩いている(ので、終わったらすぐに骨盤を調整するために、入念にストレッチしないといけない)。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

ドラムス(革)とカウベル(金属)の関係性は非常に興味深いですね。ここにクラーベ(木)が加わるとどうなるのか?気になる所ですし、次の菊地さんのバンドのコンセプトに関わりそうですね

No.1 3ヶ月前

サバールを知らなかったので動画サイトで検索してみましたジャンベに似てましたが片手にスティックを持ったり脇に挟んだりと全然知らないなと思いましたが音がブラックパンサーOSTに度々でてくる音にそっくりだったので「これか!」となりました。

動画でも奏者は立ってる方と座ってる方でわかれてて菊地さんが以前おっしゃってた立って演奏するのと座って演奏する(地域の話か楽器の話かわすれましたが)のではグルーヴが全然違うという話も思い出しました。
憶測でタモリさんも叩きそうだなとかおもったり。
リハビリ頑張って下さい。

余談ですが昨日ガンダムの新作のゲームが出ました歴代のガンダムが参加するのですが機動戦士ガンダムサンダーボルトも参加してますゲーム内の機能で戦闘中のBGMを選択できるのですがサンダーボルトメインテーマ用がありました音そのままです。早速設定させてもらいました2作品ともフィジカルでOSTもってます。
続報ありませんがガンダム新作楽しみにしてます(もちろん劇伴は菊地さんで)

No.2 3ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>1

 ちょっと補足すると、カウベルっていうのはそもそも楽器じゃないですね。放牧型畜産の道具ですよ。また、クラーベというのは、木製とは限らないんですよね。クラーベというのはクリックという言葉と対置していて、律動に対するガイドラインの名前であり、神の名前です。なので、クラーベは、打点があるだけで、本体は、なんでもいいんですよね。プラスティックとか多いですよ。

 こういった話は、面白いですが、ラディカルな意志のスタイルズにはあんま関係していません笑(お聴き頂ければわかります)。

No.3 3ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>2

 そうですそうです。マーヴェルのアレのOSTはジャンベ聞き飽きたから見たいな感じでサバールがフューチュアされてますね。「脇」には挟みませんが(それはトーキングドラムですね)笑。「股」に挟むわけです。

 また、厳密には「立って演奏するのと座って演奏するのでは全然違う」というのは、アフリカとインドの対比の話で、アフリカは「立っても座ってもイケる」という話で、ダンスと結びついています。今はサバールを立って演奏するスタンドを買おうかどうか迷い中。

No.4 3ヶ月前

太鼓って、そんな色々なんですね〜、誑かすとか、銅鑼夢、サバ〜ルねえ〜、スパンクはハッピー、法被着て、来て来てカムカム、つまり噛むって上に通じる:示申、先日、山で道を間違って、ナビの画面で『魔法』という名の神社に参拝、麻鬼の法ということは、麻と云う鬼、麻と魂、確かにそろそろそんな頃なコロナ後の世界、凡ゆる現実現象に潜象、変わらない性格から現れる意志や意識はリアリティダンシング、談志ing曰く『イリュージョン』ファンタジックワンダーフルグルーブ、歯医者の受付とか、転倒とか、、、

No.5 3ヶ月前

前に リズムに関する本を執筆中 みたいな事をおっしゃっていた気がしたのですが、私の聞き違えだったでしょうか?
読んでみたいな、と楽しみにした記憶があります。  進捗状況、知りたいです。 

No.6 3ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>5

 ペットロスの痛手もだいぶ和らいできましたかな笑。クオリティ今、上げ止まりになってますね笑。「ナビの画面で『魔法』という名の神社に参拝」はパンチラインですね笑

No.7 3ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>6

 いやいやいや聞き違いではないです。あれ、途中まで書いて4年ぐらい止まってます笑。スンマセン笑。必ず書き上げますので。

No.8 3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。