• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 19件
  • <菊地成孔の日記2019/03/29午前6時記す>

    2019-03-29 10:00  
    220pt
    4

     なんかハコがパンパンで驚いちゃいましたけど、いらしてくださった方、ありがとうございました。楽しかったですね。僕がいうのは野暮も野暮ですけど、お得な経験したと思いますよ。だって単純にあんな事やんないもん(笑)。番組で「ノンストップDCPRG」やった時の3倍ですよ。まあ、20周年だから20時間やれって言われたら余裕でやるけどね。今日だって、用意してきたCD、4割ぐらいしか使ってないし。ただ、あのバンドの結成当時、3時間ライブの度に救急車が出てたんだよね。踊り慣れてない子が興奮して踊りすぎちゃて(笑)。20時間やったら倒れるとか何とかより、無駄にギネス獲っちゃうでしょ?ケニー・G(スターバックスの筆頭株主。確か)の「循環呼吸演奏ギネスワールドレコード」と並ぶ、ジャズミュージシャンの無駄な世界一記録になっちゃう(笑)。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/27午前8時記す>

    2019-03-27 11:00  
    220pt
    9


     イントキシケイトにスパイクの「ブラッククランズマン」について2000書いて、リアルサウンドに「グリーンブック」について5000書いて、またイントキ死刑と、違った。イントキシケイトにゴダールの「イメージの本」について3000書くので、月曜日にお風呂に入り~♪(ロシア民謡)みたいな感じです。もう、映画評論家を名乗ってしまおうかなまさかね。まだ映画の本を2冊しか書いていない。50冊は書かないといっぱしの評論家とは言えないであろう。それにしても、少なくともラジオの、とするけど、コント作家として喰えないだろうか?今読み返しても全部面白いんですけど我ながら(笑)。しかし
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/25午前0時記す>

    2019-03-25 17:00  
    220pt
    6

     いやあ、コレこそこんなイベント誰も来ないと思いますが(笑)今度「DCPRGからDC/PRGまで」という3時間DJをします。単純な話?「ええ?ライブじゃねえの?」と思う方多いと思いますが、ライブじゃないのよ(笑)。とまれ、僕は何度も爆音で聴いてるけど、クラブで爆音でウチラのCD聴いたことないでしょ?一回経験してみればいいですよ。アーユーエクペリエンス?ノエルレディングとミッチミッチェル最高っしょ。デビューシングルのA面が「ヘイジョー」ですよ。しかもヘンドリックスの曲じゃないのアレ!!というか、コレが僕じゃなくて、違うDJさんだったら行く気そこそこ違うでしょ。「菊地がいるのにDJなのかよ」はいかにもコスパ時代のクレームって感じよね(笑)。すげえ良い企画だと思うんですけどね。でもこんなにコスパ悪い企画ない(笑)
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/24午前11時記す>

    2019-03-24 14:00  
    220pt
    4

     昨晩っていうかなんていうか、現在大阪在住のレコード探偵ボブと、3丁目の「371」で11年のシャンボールミュジニー(グロフィエ作)からはじめて、かーなーり飲んでしまい、そんで事務所で寝ちゃったんですよね。2時半に寝たら、6時に起きちゃった。酒で寝ると、長く寝れないんですよね。変なふうに目が覚めちゃう。眠るので一番良いのは徹夜、二番目が花粉症の薬で(笑)。僕みたいに睡眠導入剤(マイスリー)を10年以上飲んでると耐性ができちゃって、久しぶりの抗アレルギー剤が入ると、もう、驚くべき効き方をするのね。導入剤として(笑)。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/22午前4時記す>

    2019-03-22 10:00  
    220pt
    13

     今、スタジオノア新宿店にいます。

     

     今日は主に、ファイナルスパンクハッピーの作曲に当たっています。BOSS君も天才ODもフル回転でソングライトしているのですが、アルバム完成のターゲット日に間に合わせるにはそろそろ苦しくなってきたので。アルバムは、曲数をがっつきませんが(12曲ぐらいで出しちゃおうと思います)、代わりに捨て曲は作らず、どの曲も完成度が高すぎて、逃げられなくする。という、一種の総力戦をトーンとマナーにするので。今は、スパンクスの子分(笑)田中君の素晴らしいチルのビートに、美しくて、リズムが脱臼しているメロディをつけたり、ODが途中まで作った曲の後半をパターン別に作ったりしています。「メロディーが脱臼」と言ってもプログレ的なものではなく、ちょっとした新しいシンコペーションやメロディックフラム(打点のズレ)をさりげなく効果的に当てるか、何度もトライ&エラーを繰り返しています。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/21午前3時記す>

    2019-03-21 10:00  
    220pt
    9

     今、スタジオノア代々木店にいます。ナイトパックというシステムがあって、深夜0時から早朝6時までで、かなり安くなって、しかも1階の吉そばの450円チケットが「夜食チケット」つう名義でもらえる。

     

     僕は立ち食い蕎麦屋が大好きなんで(なか卯とかも好きです)、お得感とかサーヴィス○○とか全然すきじゃないけど(一番嫌いなのポイントカード・笑・なんなんだあれは)、この、NOAH代々木のサーヴィスチケットだけはとても嬉しいです(笑・違う店舗だとカップ麺とかコンビニおにぎりが殆どだし)。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/19午前4時記す>

    2019-03-19 10:00  
    220pt
    12

     今、BOSSとODと一緒なんですが、あいつら、僕と小田さんが一緒にいる現場に全部付いてきて(パスが要らないから・笑)、酒や飯を食い逃げする、無銭飲食の常習者みたいになってるんですけど(笑)、ブルーノートの楽屋は、バンマスだけの個室が別にあって、鍵がかけられるのね。だから、隙をみて、小田さんと僕と入れ違いに入って、内鍵かけて、しらばっくれて、ODメガネ外して、ミュージシャン用のまかない飯全部食って(笑・僕はブルーノートのまかない食べないんですよ。気取ってるんじゃなくて、ブルーノートだとプロデュースしたフードが出るんで、それの試食をするんで、もうそれでお腹いっぱいなのね)、知りもしないのに、弦楽セクションの人たちとバクバク喰いながら話して「あれ?小田ちゃん今日はハイだねえ。そんなだったけ、いつも」とか言われてんの(笑)。「あ、、、ま、、、、、、そ、、、そうかも知れない(じゃないスか)」とか下向いて答えて。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/17午前4時記す>

    2019-03-17 10:00  
    220pt
    14

     SONG-XXのライブご覧になった方、地球上にそんなに居ないと思うんですよね。まだ2回しかやってないから(笑)。それもこれもみんなQNが自由すぎるからなんですけど(笑)。今年はすごいよ。もう現時点でスケジュールが2回入ってるから、、、、、、、それで今年終わりだったりして(笑)。まあとにかく、全部のカード切りますよ。全バンドに新曲搭載してサーキットしまくるんで(ウソ。「まくる」ほどじゃない。各バンド、多くても2回・笑)。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/16午前2時記す>

    2019-03-16 10:00  
    220pt
    4

       「罪深き楽団の遠征 新コンテンツ」

     

     

      週末が終わったらいよいよぺぺのサーキット(もうサーキットだよねえ。DC/PRGと比べても、実は比較的ツアーの多いぺぺですが、東名阪以外ほとんどやらないから(規模拡大したらツアーですよね。最終スパンクハッピーの、特にリリース後は、大規模なツアーしますよ。ODと衣装と歌入りのCDだけ持って。←営業みたい・笑)が始まりますが、今回、5年ぶりの新曲と、ツアーに帯同させるオリジナル・カクテル、東京店だけの、ワインセレクション&プロデュース・フードをぶっ込みますんで、どっちも楽しみにしてください。マーケットリサーチなんかしない主義のオレだが、なーんとなく、ここにはぺぺのファンが多いような気がする!!!(笑)ので!!!
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2019/03/14午前1時記す>

    2019-03-14 10:00  
    220pt
    12

        「続・コカインと良い人(ホワイトデー)」

     

     

     ホワイトデーですけど、チョコベビーの枕の中身みてえな一粒も貰ってませんよ。だって曲ばっか作って人に会わないんだもん。ていうか、ホワイトデーがキリスト教由来だと思ってる人いないよねまさか(汗)。伊勢丹には毎日行くんで、昨日も今日も行きましたけど(喰い頃のエポワスとクルミパン買いに)、もんのすげーの。ホワイトデー商品の行列が(笑)。 
     

    記事を読む»