• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 20件
  • <今日の菊地成孔> 2013.07.30

    2013-07-31 09:00  
    220pt
    1
    7月30日(火曜)
     事務所&自宅から車なら1~2分のブルックリンパーラーでDJでした。スタンディングじゃない、飲み食いデートのお客様に2時間半やるというのは一見難しそうですが、実のところ(もう10回以上やってるんで慣れた。というのもありますが)かなり楽しく、ピットインでレイトにやっている「モダンジャズディスコティーク新宿」のドープなフロア感に比べると、かなりラグジュアリーで気分良いです。お客様が、選曲が気に入られるといろいろごちそうして下さるというのも、他所ではない楽しさですね。今日は自分でジントニック2杯入れてやっていたら、男性のお客様にグラスのビールを、妙齢のカップルのお客様に枝豆を(笑・面白い!ごちそうさまでした)、若い男性のお客様にカクテルを入れて頂き、米兵相手のストリッパーにでもなった気分です。勿論ぜんぶ頂きました。2時間半でチャンポンしたんで、いまちょーっとだけクラクラしています。
     

    記事を読む»

  • <今日の菊地成孔> 2013.07.29

    2013-07-30 09:00  
    220pt
    1
    7月29日(月曜)
     
     今日は<HOT HOUSE芝プリンスパークタワー東京>の会場に、アモーレ&ルルさん、IZUMIさんと一緒に行きまして、床面の具合だとか、会場に合わせたコンテンツに関して等々、現場で打ち合わせたんですが、写真にある通り甲斐田監督が動画回していたんでイベント煽りVは後ほどアップするとして(とはいえですね、前売り状況から鑑みるに、そろそろ迷っておられる方はお早めに。といった感じであります)、いつもの式次第&今回の特徴、を書いておきますね(お初の方、このパーティーの事自体なんにも知らない。という方は、お手数ですが各自調査ください。動画が一番早いと思いますが←このチャンネルにも全部積んでます)。
     

    記事を読む»

  • <今日の菊地成孔> 2013.07.28

    2013-07-29 09:00  
    220pt
    3

    7月28日(日曜)
     

     今日は坪口の家に行って打ち込みしたり、中村君と選曲の会議をしたり、ミッシェル・ゴンドリー同輩が作ったボリス・ヴィアンの「うたかたの日々」(因みに、タイトルは「うたかたの日々」でも「日々の泡」でもありません。公開は秋なんで詳細はお待ちを)を観たり、そこそこ普通にあったんですけど、カメラ持たずにいまして(笑)、仕方が無いので昨日の晩飯の写真です。ブリッコラですね。
     

     こないだダオルモにオープン以来初めて行きましたし(過去日記参照で)、プレゴに金子シェフが戻ってきますし(昨日かおととい日記参照で)、クレッソニエールにも久方ぶりで通ってますし、ご近所の御用達伊仏料理店が俄に活性化しているんですが、ブリッコラも安定的にアグレッシヴですね〜、グランドメニューが変わるたびにヤバい皿がひとつづつ増えて行きます。
     

    記事を読む»

  • <今日の菊地成孔> 2013.07.27

    2013-07-28 09:00  
    220pt
    3

    7月27日(土曜)
     

     いやあしかし、あれは少なくとも日比谷公園内には落ちたと思いますね。特に落雷が好きな訳でもないんですが(そういえばベートーヴェンとかワグナーも、それほど好きな訳ではないですね。嫌いではありませんが、ブラームスがお好きですよ、どっちかっちゅうと)、落雷で亡くなる方もいらっしゃるので不謹慎の誹りは避けられないとは思いつつ言えば、落ちた瞬間はかなりワクワクしました。というか、天然の電力への畏敬と申しましょうか、だって視界が、カメラのフラッシュ食らわせられたみたいに真っ白になるんですよ一瞬。にわかの山岳崇拝信者みたいなね。とはいえ、金属の塊を首から吊るしてる訳ですから、避雷針バッチリの安全圏の中での話ではあるんですが。
     
     

    記事を読む»

  • ビュロ菊だより 号外(7月27日号)

    2013-07-27 01:00  
    1
     どうもどうも菊地です。暑中お見舞い申し上げます。例によって「ビュロー菊地チャンネル」と「第三インターネット」への時差式号外ですねー。歌舞伎町エクソダスして初の号外。という感じっすかね。 1) 動画コンテンツ<引っ越し前日の菊地成孔/歌舞伎町エクソダス2013/07/11>  菊地成孔が9年2ヶ月住んだ歌舞伎町の自室と事務所「ビュロー菊地」統一の為に引っ越した。その前日の深夜2時前後に行われた自撮り33分(さすがにカット部分約1分)。初めて持ったカメラで歩き回りながら撮影しているので、手ブレ画面に酔う方はご注意を。解説は「今日の菊地成孔」をチェックお願いします。自室/事務所/鬼王神社/ラブホテル街/ロイホ東新宿店/タイ人ビル/職安通りちょっと。 2) 動画コンテンツ「ポップアナリーゼシーズン4」  字幕の製作に意外と時間がかかり、更新が遅い&手間と予算に対して見られる数が圧倒的に少ない事で

    記事を読む»

  • <今日の菊地成孔> 2013.07.26

    2013-07-26 23:30  
    220pt
    1
     
    7月26日(金曜)

     昨日マウスピース買ったんですが(「今日の菊地成孔」昨日の回参照)、ネックのコルクと口径があわなかったんで、コルクを張り替えてもらう為に1日預け、今日取りに行ったんですね、ついでにリード(歌口にくっついている木の板ありますね。厳密には木の板じゃないんですけど)等々も買って、そしたら精算のとき、6000円ですと言われまして、いやこれマウスピース代が入って無いですよ。と申し上げたら、ちょっと間があって「いや、これは店長(このマウスピース作った人ですね)からの伝言でして、菊地さんに使って頂けるだけであり難いので(ここでワタシ、電撃ツッコミで「そんなに有り難くないと思いますよ(笑)。本多さんとかじゃないんだから(笑)」と言いました)、是非その、お使いくださいと」「いやいやいやいやいやいやいやいや。それはダメです。お支払いします」「いえいえ、あの、その代わりにですね、コメントとかですね、勿論、お使いに成って頂いて、お気に召したら。でよろしいんで」「えええーー、そうですかーーー、そんなーーーーー」「いえ、他にもですね、もっと低域が欲しいとか、アタックが欲しいとか、逆に、立ち上がりが早すぎるとか、そういう細かいオーダー頂ければ、カスタムモデルとしてですね」「ええええええホントすか」「はい。是非」「。。。。」「是非(ニコ!)」「(ニコ!)じゃあ!遠慮なく」なんつって、気がついたらモニターになってました。
     

    記事を読む»

  • <今日の菊地成孔> 2013.07.25

    2013-07-26 11:00  
    220pt
    2

    7月25日(木曜)

     

     石森管楽器にマウスピースを買いに行きました。ワタシのアルトの方のマウスピースはARBと言って、今では渋い俳優さんとして認知されている石橋凌さんが在籍していたロックバンド、「アレキサンダーラグタイムバンド」の略、ではなく、じゃあ何の略かと言えば実のところ知らないのですが(本当に無知なのです。ワタシは家電に関しては見た目だけで、楽器に関しては試奏して良い感じなだけで買っており、購入物に対して予め一定以上の知識があるのは料理と酒とDVDと服だけです)、とにかく現在は生産されていないので、大切に使わないといけないんですが、歯列と奏法の産物として、マウスピースの上の、前歯を置く場所が左斜めに削れてゆくので、とうとうARBの左前歯の所が貫通してしまったのです。
     

     とはいえ面白い事に、というか、これは外人に於ける自家用車の感覚に近いと推測するのですが、貫通し

    記事を読む»

  • ビュロ菊だより 第三十九号 「料理店の寝椅子──彼女たちとの普通の会話」1-4 アニメ監督の山本沙代さんと

    2013-07-25 16:00  
    220pt

    ビュロ菊だより 第XX号 「料理店の寝椅子──彼女たちとの普通の会話」1-4 アニメ監督の山本沙代さんと
     ─────────────────────────────────

     新連載といいながら長々と一人目のゲストとの対話が続いております「料理店の寝椅子」。菊地成孔が、女性の表現者と食事とお酒ともに繰りひろげる「普通の会話」というコンセプトのもと、今回も『LUPIN the Third 峰不二子という女』のアニメ監督・山本沙代さんをゲストに迎えた最終回! 今回は菊地氏お得意の精神分析がついに炸裂します! 「ゼクシイ・ファシズム」なる至言も飛び出し盛り上がった宴もついに終わりを迎え……続きは本文をお楽しみください! (編集=吉住唯/全4回)
    ─────────────────────────────────
    ┌───────────────────────────────┐

    ├○
    ├○ 対談メモ
    ├○
    ├○ 於)新宿三丁目「トラットリア・ブリッコラ」(イタリア料理)
    ├○ 開始時刻) 2013年04月23日午後08時
    ├○ 終了時刻) 2013年04月24日午前02時
    ├○
    └───────────────────────────────┘
    ■内臓が衰えている爺に代わって孫が飢餓ベースの復讐を 

    山本 祖父は、小学校を出てすぐ満州に行って。満州でボタン屋を営んでいたんです。で、そのまま兵隊になって、その後シベリアに抑留されて。
    菊地 なははは、大トラウマじゃないですか(笑)。ワタシの父親も満州鉄道の警備隊員ですよ。
    山本 祖父母の家に行くと、まさにその話をめちゃめちゃ聞かされるわけです。抑留されて、このままだと僕は死んでしまうからとシベリアから満州まで脱走して帰ってきた、とか。シベリア抑留記『凍りの掌』の作者おざわゆきさんとお話した時に、脱走した多くの兵士は逃亡中に亡くなってしまったと聞いて……。だから相当恐ろしい目に遭って帰ってきたんだろうな、と。だけど、おじいちゃんの発言には、子供ながらに疑問に思うことが多くて。例えば、一緒に中華料理を食べにいくと「デラックスなものを食べなさい」と言うんです。「デラックスって何?」みたいな(笑)。満足に食べれなかったトラウマがあったのかもしれませんね。
    菊地 飢餓ベース、という感じですね。ワタシの親父も生きてるうちの半分ぐらいは戦時中の話でしたけど、でも、満鉄の警備隊は潤ってたから、戦時中には飢餓経験が無いんですよね。そんなおじい様の教育によってこそ、山本さんの飲み食いの喜びが培われたんじゃないですか?
    山本 確実にありますね。サーティーワン・アイスクリームと中華料理、あとはお寿司屋さん。
    菊地 何か3強みたいな(笑)。そこに妹さんはいなかったんですか。
    山本 ほとんどいなかったんじゃないかな……。というか、私が家にいたくない理由の一つに、妹がいるということがあった(笑)。築地にある祖父の家のお墓参りに行くとお寿司が食べられる、という刷り込みがあって。お寿司屋さんで無尽蔵に頼むと、普通いやがられるじゃないですか。だけど、おじいちゃんは──
    菊地 喰うほど喜ぶんですよね(笑)。しかも、内臓が衰えている自分に代わって孫が飢餓ベースの復讐をしてくれるとなったら、そりゃあ好きなだけ食えって話ですよ(笑)。しかし、妹さんが苦手で、二親等がイヤで、組織がイヤで、抑留がイヤで、満漢全席とゲームの喜びというシャブが打たれちゃって(笑)。 
     

    記事を読む»

  • <今日の菊地成孔> 2013.07.24

    2013-07-25 10:00  
    220pt
    2

    7月24日(水曜)

     

     今日はトークイベントがありまして、登壇してすぐに、お客様にツイートしたりブログに書いたり一切しないようにお願いして、その上でギリギリまで話しますよ。という、まあなんと申しましょうか、牧歌的と言えば牧歌的な契約を交わして始めました。

     

     どうせ水漏れ100%防止は無理だとは思いますが、とはいえ、もしこれ、暗黙の了解や遊びのレベルだとしても上手く回ったら、トークイベントの対価価値が上がるんではないかと思います。喋るそばから拡散されると思うと大した話は出来ないやという自主規制が働いてしまうので(神経質な人なんかで、どうせ曲解されたり斜め読みでいい加減に拡散されるんだからそもそもトークイベントなんかしない。という極左派までいますね。まあ、直接聞いた人だって曲解や記憶違いは出る訳だから、理論的にはこの潔癖性は成り立たないですけどね。でも気持ちは解りますね)、コレは、少なくともワタシにとってはいい調子です。
     

    記事を読む»

  • <今日の菊地成孔> 2013.07.23

    2013-07-23 21:00  
    220pt
    2
    7月23日(火曜) 今日は台風みたいな感じで、外出るなり大雨だったんですが、雨も良いですよね。「雨に煙る(あめにけぶる)」という表現がありまして、ワタシのPCは古形に弱いらしくて(何に強いって訳でもないですけどね・笑)、変換されませんが、蒲焼きの香に煙るなんちゃって、そういえば昨日、鰻喰ってねえー。引っ越してからPCちゃんを窓際に置いてるんですが、会社務めしてるみたいで気持ち良いですね。今日は雨か、鰻喰いたし、土用丑逃し、玉枝ちゃーん(デスクの女性の名。デスクの女性なんていないんですけど)、長沼が家族旅行の土産で買って来た玉露あるでしょ。水だしの、あれ淹れてー。はい社長。とか言っちゃって、夢ですよねオフィス(ビュローでオフィスの意味ですけどね)。しかも女子社員が制服着てる奴。  

    記事を読む»