• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 13件
  • <菊地成孔の日記2018年11月30日午前6時記す>

    2018-11-30 10:00  

     宣伝ばっかりでスンマセンです。いわゆる<拡散希望>ということで、オーニソロジーのアルバム「101」は、現在「ブロッケン現象」「エレタメモア」「カルロス・カスタネダの迫害と暗殺」の3本のMVが、ジャジャーン待機中ですが(全て、主演:オーニソロジー / 監督:菊地成孔&甲斐田祐輔)、本日、ツベルクリンのTABOOLABEL Official YouTube Channelにリリース前作品として「ブロッケン現象」がアップされますのでチェックしないと死ぬでしょ。菊地/ 甲斐田チーム、全っぜん評価されてないけど(市川さんの「青い涙」しかやってないから・笑・でも初期ドミュニスターズの「DRIVE」や「XXL」も、先駆的作品ですよ。この際まとめて見てみよう!因みに「革命」は、菊地/ /冨永組です)イヤホンの音量最大で演奏ごとガッツリ楽しんでください。こんなに普通にポップなタマあるんだったら最初に出

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月28日午前4時記す>

    2018-11-28 10:00  
    220pt

     もうネットでニュースになっているでしょうから、巷でも心配されている方は多いと思いますが、山下の怪我に関して、今のところ、僕が正規アナウンスできることは何もありませんので、僕から情報が取れるかも、と期待されていた方々は、申し訳ありませんが、ご放念くださいますよう。相手は3つの勲章持ちです。僕のような不肖の弟子のチンピラが、もし全てを知っていたとしても、口は割れない事は、お察しください。 

     ただ、来る新宿ピットインの12月17日に予定されていた僕と彼とのデュオは、もし彼が、ギリギリで演奏できる。という状態であっても、中止とし、加療に専念して貰うことにしました。これは中止ではありません。延期だと御認識ください。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月25日午前4時記す>

    2018-11-25 11:00  
    220pt

     夜電波の韓流最高会議が始まったな、、、それにしても「サイゾー」のヴァイナル文學選集の特集ページ、僕が一番年上なんて絶対信じられない(笑)、老けたつってもこんなもんかちくしょーと思いながら書いてますが、今日は「あまりにも単純化しすぎた彼女の美」という映画のトークイベント、と言っても、ものの2~30分ですが、出ます。

     

     もうソールドアウトみたいだけど、当日来たら入れるんじゃないかなあ?そんなことないか。まあそれはともかく、時間的に話したいことは話しきれないんで、またしてもメモ書きをアップします。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月24日午前8時記す>

    2018-11-24 11:00  
    220pt

     12月5日はもうちょっと先ですが、オーニソロジーの「101」(CD)と、僕の「菊地成孔の粋な夜電波シーズン5~8/コントと前口上の爛熟期篇」(書籍)が出ます。どっちも必ず買ってください(笑)。

     

     と、僕の属性として、とても大事なプロダクツが2つ同時、あるいは同時期に出て、互いの売り上げ力潰しになってしまう。というのは、まあ、フロイドといえばフロイドだけど、フロイド以前からこのぐらいの見立てはあっただろうな。という程度の、つまり、僕は生みの母と育ての母がいて、2つの住居があり、2人はその2つの住居に曖昧に同居していたので、常に2人の視線を気にしていたし、2人の牽制関係だけが僕の心配事だった。そして、家の両隣はどちらも映画館だったし、部屋は僕の部屋がなく、家にはいない兄の部屋を、漠然と申し訳なく自分の部屋としていた、といった縛りがあるから、そんなもん当たり前でしょ。という事なんですが、僕がティポグラフィカという偉大なグループにいた時、グランドゼロという偉大なグループにも同時にいたし、自分でリーダーをやるようになったら、当時のクイックジャパンに、同時に動き出したデートコースペンタゴン・ロイヤルガーデンと二期スパンクハッピーが、交互に特集された、という、まあ、いわば出自なんだけれども、この、長い強い苦しい縛りは解けつつある。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月23日午前8時記す>

    2018-11-23 11:00  
    220pt

     ブルーノ・マーズの「That what I like」を聴いたことがない人がこの読者の大半だと思うと、こう、遠くから見ると皮肉に笑っているようで、クローズアップにすると「あ、キクチさん泣いてたんすか!」みたいな気分ですが、だってしょうがないよね。比較的にプロダクツが売れる合衆国、カナダ、オーストラリアでシングルが初動1位、5位、3位で、ふざけんな英国12位なんですけど、これはしょうがないの。英国はセクシーじゃないけどクオリティ高いR&Bが国産でいーっぱいあるから。つうかブルーノ・マーズのことあんまり好きじゃないでしょロンドンの人。デビュー時は注目したけど。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月21日午前8時記す>

    2018-11-21 11:00  
    220pt

     今から寝て、起きて、シャワーを浴びて、ちょっとあれこれして、滝本先生と、アラン=ロブ・グリエのレトロスペクティヴ、、、、、っつううか、ほぼ全作日本(劇場)初公開なんで、何つうかなあ、お披露目会でもあるんですが、その上映記念にトークイベントに出るんですけど、昨日書いたように、中原さんが逃亡を企てて(笑)、出国できずに(嘘です・笑)、結局、ゲストとして出てくるみたいなんで(笑)、まあ、エロ詳しい話は滝本先生が、前衛と屑ギリギリ映画の系譜は中原さんが話すだろうから、要するに僕の出る幕ないんですが、そうだなあ、こんな僕が、「もし2人ともメチャクチャになって、ロブ=グリエの話なんかしなかったらどうしよう」という、かなり確率の高い緊急事態に備えようと資料まとめてるんだから、あのお2方は凄いよね(笑)。っていうか、ここ数年僕、中原さんの秘書みたいになってんだけど(笑)。いつの間にこんなキャラになったんだろうか。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月19日午前6時記す>

    2018-11-19 10:00  
    220pt

     帰国して、2本録りしておいたオーニソロジー特集を聴きましたが、ちょうど収録の日がマスタリング上がりで、とにかく非常に素晴らしいですね。これ残せておいてよかったです。もうネットの評判とか見ないから、何言われてるか知らないけど、「101」が評価されなかったらもう音楽ダメかも知れないオレ(笑)。

     

     んでもって、アウトテイクがあるのよ。これは次週の「韓流最高会議最終」でプレイします。なんで韓流の日に?という疑問は、聞いてのお楽しみ、という事で。 11月はスパンクハッピーのアルバム作りに空けておいたんで、これからODとすげー勢いで曲を作り始めますが、一転して12月はイベントとライブがドサっと増えるので、お金に余裕がある方は是非。余裕がない方は、オーニソロジーのレコ発に行ってあげて下さい。
     

    記事を読む»

  • 「2つのリストラ<(2)SONY>」

    2018-11-12 09:00  

    「TABOOレーベル」をご愛顧頂いたカスタマーの皆様へ(レーベル閉鎖→運営母体移動のお知らせ)

     

     

     残暑お見舞い申し上げます。というのもすっかり手遅れな感じですが、御健勝をお祈り申し上げます。

     

     まず最初にレーベル運営状況のご報告を。現在我々は、SONY傘下の最後の一枚、オーニソロジー(新人、辻村泰彦のソロユニット)のデビュー作「101」の製作を終え、発売日程が決まり、ジャケットとMV製作に着手したところです。極めて大雑把に、年内にリリースされます。

     

     そして、本作のリリース、およびプロモーションの初動をもって、我々TABOOレーベルは、2013年のクリスマスから5年強の時を経まして、SONY傘下であることを止め、運営母体、並びに体制を変えてレーベル運営を継続します。

     

     今の所、新しい経営母体に関しては契約関係が完全にフィクスされて

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月11日午前1時記す>

    2018-11-11 10:00  
    220pt

     筒井康隆先生に続いて、よしもとばなな先生と来まして、文壇バーみたいですが(まだ行ってねえのかよ!もうちょっとで行くよ!笑)

     

     

    こっちでもファンのていでいくか人格迷いましたが、

    とりあえず同志の線でいってみます。

    それから、万が一公開されても全然恨みません。

     

    ラジオとレーベルのこと、大変でしたね。お疲れ様でした。

    これが、今の日本なので、私のようにとっとと外国に軸を置きながら、

    そして日本に、東京にいてください。

     

    菊地さんが人々にもう1回音楽を教えた功績は必ず残っていくと思います。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記2018年11月10日午前4時記す>

    2018-11-10 11:00  
    220pt

    くか 比較的早い時間に書いているのは荷造りしているからですが、これは、夜電波が打ち切られ(笑)、TABOOレーベルもSONYさんから離れ(「2つのリストラ(2)SONY」は、月曜日に、コチラと、ビュロー菊地Facebookにアップされます)、両腕と両脚をもがれたんで、もう来年からやることがなく、今の内から夜逃げ屋本舗(92年/ 監督 原隆仁 / 主演 中村雅俊 高木美保→パニック障害カムアウト組。僕が見る限りこの人も一応の完治は見ておらず、活動を制限しながら活動中。すっきり治した組と分けるべきよね)するのではなく(笑)、気分転換に地中海のマルタ島まで秋バカンスに行くのであります。
     

    記事を読む»