• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • <菊地成孔の日記 令和二年 2月25日 午前6時38分記す>

    2020-02-25 10:00  
    220pt
    38

     あんまりにも忙しいので(忙しい時に、「これこれで忙しい」って公表できないの、ものすごく辛いですね笑)、初の試みで、ここ数日で思ったことを箇条書きにしてみます。

     

     1)「今年からこの連載、写真が戻ってきます」と言っておきながらスンマセン。今、スマートフォンを持たない、僕のような人間に対する差別が手酷いことになっていて、完全に、最新型の差別だと思います。「スマホさえ持ってりゃすぐじゃん」という事が多すぎる。断固戦います。写真はスマホを使わずに何とか安定供給します。

     

     2)WACKの代表の渡辺淳之介は、坊主頭しか知らなかったんだけれども、髪伸ばして金髪に染めたら、何とカートコベインにロレックスだなあ。と思っていて、「もしや、、、、」と思っていたら、やっぱりだった(ニルヴァーナ聴いて高校中退したそうです。テレビで言ってた)。

     

     3)キングヌーは、音楽的には、ブルーハーツ型の音楽の教養主義型だから、物凄く図式的に現代的で、大変素晴らしいと思いますが、音楽そのものより、「ウルフ(単独行動)」から「ヌー(群棲行動)」の時代へ、という移行のセンスが素晴らしく、ヴォーカルの人がaikoと愛し合っても大好き!(僕、あんなことしたら、、、、っていうか、そもそも出来ないけど笑、、、、即死しちゃうと思います。脳の動脈瘤が破裂して笑)ただ、「クラシックやってた人は普段はクールで、ステージだとトランスする」という、見飽きたヨーロピアン・ヒステリーは是非モンで超克して欲しかったのでそこだけ残念。タバコを吸うところも藝大っぽい。藝大じゃない組はジャズ組っぽくて、そのミクスチュアもカッコ良いよね。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記 令和二年 2月20日 午前6時記す>

    2020-02-20 22:00  
    220pt
    9

     ジム・ジャームッシュの新作(4月3日公開)の試写を見てきました。公開前の映画を酷評すると保安官が逮捕に来るんですが笑、流石にもう僕を逮捕しようとは思わないだろうし(逆に言うと、あん時は逮捕できると思ってたんだからバカの突進力と思い上がりというのは怖いですよね笑)、「評論家による酷評(というか、いろんな形のネガティヴ)」が、一義的に悪意に満ち、興行成績を落とすとは全く思えないので(少なくとも僕のは。見たくなるように書いているので)、只今よりガッツリ悪口芸をご堪能いただきますので、どんだけ腰砕けるか、必ず劇場でご覧ください笑(因みに、ネタバレはやらかしません)。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記 令和二年 2月14日 午前5時記す>

    2020-02-14 10:00  
    220pt
    5

     人は神自体に触れることは出来ず、神の媒介者に会うことだけが出来る。と、これは、神という発明がなされた段階で、全地球が共同的にセッティングした宗教のベーシックですが、残念なことには、優れた媒介者に会うこと自体が少なく、勢い、神の量産が手軽に行われる様になったという意味では、人間は宗教的に、その様に進化したのだ。というリベラルな評価も可能ですし、神という発明品の堕落と評価することもできますが、何れにせよ、優れた媒介者が減っている。という事実だけは動かせないでしょう。

     

     先日の「モダンジャズディスコティーク」は、その事を端的に示したイベントになったと思います。ロマンチック・ババルーの主催者であるダーリンsaekoさんのダンスは、単に分析的な分類をしてしまえばキューバマナーのアフリカンダンス。という事になるでしょう、そんなもん、地球上で何万人が踊れるかわからない。しかし、媒介者である心身の能力。神に選ばれる才能によって、我々を神事の立会人にさせてくださいました。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記 令和二年 2月9日 午後18時30分記す>

    2020-02-09 22:00  
    220pt
    2


     今日っつうか、明日っつうか、とにかく10日の新宿ピットインに集合ですよ。僕がパーカッションで、ガチンコのアフロアンサンブルと共演するの初めてだからね!サックスよりカウベルやマラカスが余りにも上手くて驚くぞ!!(笑)。アフリカンダンスのダンサーさんも来るし、踊れない / 踊らない派の方にもシートありますから、座って飲んで、高みの見物もできます。

     

     コンテンツは、7時半からゲストDJの日向さやかさんのDJ1時間、それからロマンチック・ババルーさんのライブが1時間(菊地ゲスト参加1曲含む)、最後に僕のアフリカからファンクまでのラテン色すらゼロのガチアフリカンDJ2時間行っちゃいますよー。やったことあるようでないよー。「粋な夜電波 / アフリカ特集」の2時間版よ。ヤバいっしょー!

     

     以下、ゲストDJのさやかさんが、大体どんなラインナップか、打ち合わせのメールを(勿論、許諾とってるよ!)見せちゃうのが早いと思うんで、アップしますね。こん何見るの初めてでしょ?涎でるよ。好事家だったら(笑)。 
     

    記事を読む»