• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • <菊地成孔の日記 令和2年8月27日午前1時50分記す>

    2020-08-27 10:00  
    220pt
    24
      今、日記に書くべきことが、「粋な夜電波」本の最終巻が出る記念にトークイベントがありますだの、9月にぺぺのライブがありますだの、「オリンピックが来てしまう前に」が書籍化されますだの、DC/PRGのライブ盤7枚組やばいですよコレだの、他にもあれやこれやありますだの、と目の前に並ぶにつけ、なんかつまんないなあ、戒厳令が出て、3年ぐらい外出が禁じられたら、世界はどうなっちゃうんだろう、外出できないまま60になったらどんだけ面白いだろうとワクワクしていたのに、、、、と思うばかりですね 
     まあ、まだまだアメリカと日本はコロナで色々やるつもりだし、数回前に書いた通り、国家が子猫ちゃん化している今、子猫ちゃん(まあ、ロリコンが嫌いだったら「悪い女」でも良いですけど)に振り回されるのが快楽である人以外は、本当に具合悪いですよね。お察しします。一番お勧めなのは、SNSやめることですけどね笑、バカの一つ覚えですが笑。
     
     とまれ僕は、物心ついた時からずっと夢見ていた、戦後のドサクサ感とニコイチで、戦前の恐慌がリャンシャンテンぐらいになっている状況に、無茶苦茶アガっています笑、ただ、今アガると不謹慎みたいなイメージがあるから笑、柄にもなく静かにアガってるんですけど、まあ、やっと本物の中壮年になったな。という気分ですね。最近になって初めて、コレまた柄にもなく「将来の夢」について乙女のようにワクワク考えを巡らせています。そんなもん巡らせたらむしろ現実から遠のくに決まってるというのに笑。もちろん内容は言えませんが。今は何やっても良い時代ですよ。犯罪以外は、とも言わないですね、敢えて笑(犯罪を犯す夢を見ているのではないです、念のため笑)。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記 令和2年8月21日 午後4時0分記す>

    2020-08-21 20:00  
    220pt
    22
     これはディスとかじゃなくて、懐かしの昭和スカートめくり程度の話ですから笑、拡散するほどのエネルギッシュな物件じゃないでしょうから、赤裸々に書きますが(拡散されたい方はご自由にどうぞ!その時は、要約しないで、ごとアップしてください)、例の「菊地成孔が米津玄師を分析する」は、佐々木あっちゃんの批評家塾(?)出身の人にありがちな、音楽的な分析が図式的でかなりヤワく、かつコメンテーターに対して薄汚いルール違反を(おそらく悪気なく)して平気な顔をしているパターンの典型です笑(あっちゃん、何教えてるか知らないけど、業界のルールぐらいは教えてあげてもバチあたらないんじゃない?笑)。
     
     もちろん、一切の抗議は行なっていません。5000円でも欲しいのよ、今は笑。
     
     先ず、あのオファーは、要約すると「コメントをください。200文字程度で良いので」というものでした。
     
     「コメント」は、別に定義として「1つの記事に1個」とは限りません、限りませんが、現在のカジュアルな定義では、「コメンテーター」の発する「コメント」とは、テレビ番組や映画のフライヤー等で類推できる通り、「1つのテーマ(作品、人、事件)に、複数あるもの」ですよね。コメンテーター / コメントというものは、ずらっと並ぶのが一般的です。
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記スピンオフ「DJ STAY ROOM #2 PLAY LIST」>

    2020-08-18 21:30  
    220pt
    14
    今回は、お盆に向けて、来訪神として、「ちょっとヘンな子、が、次々に現れて、みんな似たような歌い方で歌っては次々去ってゆく」というコンセプトでプレイしてみました。
     
    Andrea Padova
    J.S.Bach / goldbergvariations
    BMV988
     
    これはイントロダクションです。現代の名手パドヴァ(男性)
    の、比較的最近の録音です。途中でCD-Jのポーズ機能を使って、CTスキャンのように、バッハの曲をゆっくりスキャニングしています。ミニマルミュージックみたいな聴こえ方になって面白いですね。
     
    Jhene Aiko / Eternal sunshine
     
    日本人の血も入っているアフロアメリカンのジェネ・アイコですが、デフジャムと契約している歌手の中でも、「ちょっと変わった子」です(BETのアワードに出演した時、凄いフォーマルドレスに裸足で歌ってました。目線も定まっ

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記 令和2年8月17日 午前4時28分記す>

    2020-08-17 10:00  
    220pt
    8
     奇妙なお盆と、奇妙な夏と、奇妙なロスオリンピック閉会式の最中ですが、いかがお過ごしでしょうか?僕と同じ考えと同じ境遇の方、たくさんいると思うんですが、僕、STAY HOMEが(実際あの必要性とは別に)年内ぐらい続くのだと思ってたし、その方がワクワクするし(恐慌の可能性も高まるし)、それに対して、自分なりに適応しよう。と考えた末、このブロマガのコンテンツを大幅に増やしたんですね。
     
     ところがご存知の通り、今はほぼ世界中が、締め付けと緩めに振り回されていて、要するに今、中っ途半端に笑3次元の仕事が入ってきまして、結果として、無茶苦茶に大忙しになってしまってるんですね笑、締め付けと緩め、と言えば、フロイドならばもうこれは肛門括約筋のことでして、ご存知「肛門期固着」ですが、岸田秀とかは非常にわかりやすく、肛門期で止まっちゃうということは、サディストになる可能性を秘めている。と解釈しています。
     子が母親に与えられる、最初の財産 / 黄金というのは大便なんですね、これを、どさどさと、あげたいだけあげる、という風にはならないんです。プレゼントですから、景気良くドカドカあげちゃえば良いじゃん。とはならない。子はここで初めて、母親との関係のコントロールのため、景気良くあげるだけでは能が無いので、出し惜しみしたり、お預けしたり、あげるような態であげなかったり、駆け引きのイニシアチヴをとる=振り回す。という、凄まじく興奮する権利を持ちます。子供のすることなので、全て独りよがりなんですけど。
     
     

    記事を読む»

  • <菊地成孔の日記 令和2年8月3日 午前7時20分>

    2020-08-03 11:00  
    220pt
    27
     このメディアでコンプライアンスに慎重にならなくても良いんですが笑、今日から、ペンギン音楽大学の授業の一部(器楽関係で、生徒数が極端にー10名以下ー少ない)のクラスのみ、3次元の授業が復旧し、名誉の転倒笑、によって生じた関節痛なども無くなったので、ボディリメイクも再開したんですが、いやあ、人格、というか、身体性ですが、やはり開放系と閉鎖系があると思いましたね。このままリモート授業だけが続いて、運動ができないままだったら、一ヶ月を待たずして発狂していたと思います笑。まあ、いっそのこと精神病になってしまえば、完全に自分だけの新しい世界が開けるから良いのかもしれませんが笑。
     

    記事を読む»