• このエントリーをはてなブックマークに追加
“怪物くん”鈴木博昭インタビュー「そういえば俺はMMAをやりたかったんだよなあ……」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“怪物くん”鈴木博昭インタビュー「そういえば俺はMMAをやりたかったんだよなあ……」

2021-10-14 11:37
  • 1
db14b73da197019924124b9c6019fa4b2d432134
RIZIN LANDMARKのMMAデビューをKO勝ちで飾った“怪物くん”鈴木博昭インタビュー。ONE離脱後、怪物くんはなぜMMAにチャレンジしたのか(聞き手/松下ミワ)



【1記事¥110から購入できるバックナンバー】

・井上尚弥、那須川天心の拳を守る「バンテージ職人」永末ニック貴之インタビュー




――
RIZIN LANDMARKで行われた奥田啓介戦は、鈴木選手にとってじつに2年ぶりの試合だったんですね。

鈴木 そう、2年ぶりですね。これまで、ずっと気持ちにフタをしていた部分があったんですけど、ようやくそれが開いた瞬間だったというか。ボクはベルウッドジムを経営している身なので、やっぱり所属選手たちに試合を提供することが最優先だったんですけど、ここでようやく戦いの場に戻れたので、フタをしていたものが一気に堰を切って流れ出たのかなという感じです。

――
奥田選手との対戦はRIZIN.30のリング上で発表されましたが、あのときからエンジンかかってましたもんね。

鈴木
 自分としては普通でいたつもりだったんですけど……、そこは漏れちゃってたのかもしれないですねえ。

――入場シーンも含めて本当に鬼気迫るものがありました(笑)。

鈴木
 ハハハハハ! 「また、ここに戻ってこれた」というのもあるし、もともとMMAをやりたかったのもあるし。なおかつ、その舞台がRIZINで凄く反響をもらえていたという燃える要因がいっぱいあったのでね。「俺はこれをやりたくて生きてるんだ!」という思いが爆発しちゃったかもしれないですねえ(笑)。

――鈴木選手には、前にRIZIN東京ドーム大会のクレベル・コイケvs朝倉未来や、ホベルト・サトシ・ソウザvsトフィック・ムサエフについてインタビューさせていただきましたが、そのときは参謀として凄く緻密な作戦を授けていたにもかかわらず、自分の試合は「脳みその判断に従う」と言われていたのが非常に面白かったです。

鈴木
 そうですよね(笑)。まあ、選手によって性格は違いますから。それに、「脳みそが判断する」というのは、「脳みそが瞬時に判断できるまで作戦を擦り込んでいる」ということでもあるんですよ。

――
ああ、なるほど! 単純なインスピレーションというわけではないんですね。

鈴木
 オートマチックに身体が動くまで意識して練習して、その結果、考えなくても身体が動くということですから。目新しいものって、意外と簡単には染み込むもんじゃないんですよね。同じ仕事でも、1週間目、1年目、10年目の人ではまったく違う仕事になるのと一緒で。だから、緻密な作戦という作戦は、あの試合の中にもいっぱいあるんです。

――
それ、もう少し具体的に教えてもらえますか?

鈴木
 まあ、奥田選手はレスラーということで、もちろん一番はシンプルにタックルへの警戒ですよね。だから、それに対する対策をしっかりと擦り込んで、そこからどう仕留めるかを逆算して考えたという。つまり、警戒、対策、フィニッシュを計算して一直線に結んだら、出来上がるのはあの試合なのかな、と。

――
タックルを切る練習というのも、練習相手がサトシやクレベルですもんね。

1804c0188eb37b46c0d24628bdef294a4fa67e5d

鈴木
 一線級どころか、超級ですから(笑)。そこは、彼らが一流だから絡んでいるという意識はまったくなくて。ボクが普段から言ってるのは、「いまいる仲間たちとやっていく」ということなんでね。仲間が増えたり減ったりすることもありますけど、どんな状況であれ、その仲間と一緒にやるのがボクのポリシーだから。ただ、いま持っている手札がちょっと特別すぎたという(笑)。

――
たしかに(笑)。試合展開としては、最初に奥田選手が詰めてきたとき、鈴木選手のヤバめのヒザが入ったシーンがありました。

鈴木
 まあ、試合は全部が計算どおりにいくことはないんですけど、あれはタックルを想定しての動きでしたね。

――
さらに、奥田選手をコーナーに追い詰めて打撃でたたみ掛けるシーンがありましたが、あそこもパンチとヒザとの絶妙なコンビネーションでしたよね。

鈴木 あれこそ、「脳みそが判断」した結果です。だから、一番マズい展開というのは、やっぱりテイクダウンで。しかも、想定と違ったテイクダウンの取られ方をしたり、ボクのディフェンス力と奥田選手のテイクダウン能力に差があるとどうなるかな? と。まあ、そうなったときのことも考えて練習はしていたんですけど。

――
となると、想定していた中でタックルは対処できたということですね。

鈴木
 ただ、ボクはぜひ言いたいと思っていたことが一つあって。最初に対戦相手がプロレスラーと言われたときに「どんな選手かわからないなあ」と思っていたんですけど、フタを開けてみたら奥田選手は完全な総合格闘家だったな、と。結果だけを見ると、すぐに試合を終わらせたように見えますけど、ボクは奥田選手は強かったと思っています。「プロレスラーだから」というのでイメージを持つ人もおったんですけど、そこは声を大にして言いたい。あんまりナメたらあかんぞ、と。

――
試合前後のパフォーマンスに惑わされがちですが、奥田選手もちゃんと準備をしてきていた。

鈴木
 タックル、打撃のフェイント、目線、身体の動き……。だから、最初はもっとムチャクチャに「オラァ~~~」と向かってくるかなとも思っていたんですけど、確実にボクに勝つためのことをやってきてるなと感じました。だから「試合時間が短いから奥田選手は弱い」とか、そんなんではないという。「なんか思ったり手応えなかったわ」という感覚は全然ないし。ただ、ボクの攻撃が強かったから終わったんじゃないの? と(笑)。

――
ハハハハハ! さすがです(笑)。というか、単純にMMAルールはどうでした?

鈴木
 やっぱりね、MMAは充実感が抜群にありますねえ。

――
おお! それって、キックルールとは何が違ったんでしょう?

鈴木
 やってはいけないことが少ない、そこですよね。もちろんルールはあるんですけど、ボクのRIZINルールに対する見解としては、脊髄攻撃、目つぶし、金的が反則で、それ以外なら何やってもいいんでしょ? と。だから、いろんな展開が生まれるんですよ。ストライキング、テイクダウン、寝技というのがセオリーだと思うんですけど、ボクの中では「反則しなけりゃ何やってもいい」という。……言い方は悪いですけどね(苦笑)。

――
つまり、鈴木選手の狂気性がより発動されやすいルールなんですかね。

鈴木
 もちろんボク自身への危険もあるし、大ケガをする可能性もありますけど。でも、グラウンドのヒジ、ヒザ、サッカーボールキック、なんでもOKと言われたら、「え! なんでもやっていいの!」と(笑)。

023141aae733d82babbedfebc76c5127accc9fdf

――そこで燃えられるというのは、もうMMA脳です! ちなみに、試合後インタビューで「パウンドは人生初めてですよね?」と言われたときに、「いや、初めてでは……」というやりとりがありましたが……。

鈴木
 フフフフ……、そこはあんまりツッコまんといてください(笑)。

――
つまり、鈴木選手にも路上の伝説があるということなんでしょうか(笑)。

鈴木
 いやいやいや、路上の伝説というほどでもないですけど……まあ、路上の伝説にもいろいろあるじゃないですか。ボクはべつにヤンキーでもないし、めちゃくちゃ喧嘩をしていたとかそういうのではないんでね。ただ、そこで注目されるような状態をつくりたくなかったから、これまであんまり言ってこなかったですけど……まあ、いろいろありますわな(笑)。

――
ハハハハハ! あと、凄くいい勝ち方して最後のマイクも「また会おう! フハハハハハ!」と怪物くんっぽく締めたのに、「……では、お話をうかがいましょう!」と非常に間の悪い実況席インタビューが始まるシーンもあって(笑)。

鈴木
 いやあ、完全にボクをコントにしてくれましたよねえ。「まだあんのかーい!」と(苦笑)。でも、ボクは逆に「そういうオチをつくってくれてありがとう!」と言いたいです。なんか急に笑いが起きたような、なんなら座っていたお客さんがズッコケるレベルでしたから。

――
それも含めて、今回はいいMMAデビュー戦だったんですかね。

鈴木
 いや、本当にいい時間でしたよ!

――
それにしても、今回のRIZIN参戦はいつぐらいにお話が来ていたんですか?

鈴木
 ええっと、いつなんだろう? まあ、ボクはもちろんずっとONEとの契約があって、ONEでチャンピオンになることを目標にやってた人間なんでね。ただ、どうしてもコロナの状況で海外に……行ったとしても「隔離でまた待つのか」とかそういう感じだったんで。それで悩んでいるときに、クレベルたちの東京ドームでの試合があって。やっぱりあれで鳥肌が立つようなものを感じたし、「いいなあ。そういえば俺はMMAをやりたかったんだよなあ」と。

――触発されたわけですね。

鈴木
 そんなときに、朝倉兄弟のマネジャーの宮島(翔)くんが……まあ、もともと宮島くんとは前にそんな話をしていたことがあったんですよ。ボクがONEに出始める前、ちょうど朝倉くんたちがRIZINに出始める頃に、「鈴木さん、RIZINで一緒にやりましょうよ」と。

――
朝倉兄弟がRIZINに出始めた頃というと3~4年前ですよね。

鈴木
 あれは2018年の頃ですかね。でも、いろいろあってボクはもう世界で勝負かけようと思ってたし、「退路なんかねえんだよ」ということで、英語が飛び交うような周りに誰も知り合いがいない状況で実力だけでのし上がっていくのに魅力を感じていて。だから、今回はそれが巡り巡っていろんな状況がリンクしたという状態なんですけども。それもあって、彼にマネジメントを任せてRIZINに上がったということなんです。

――
宮島さんは朝倉兄弟のマネジャーだから、クレベルや(アラン・ヒロ・)ハマニハと練習している鈴木選手がマネジメントを任せるというのは不思議な部分でもあったんですけど、じつは以前からそういうつながりがあったわけなんですね。

鈴木
 宮島くんとは、クレベルやサトシたちとの前に関係性があったから。まあ、彼らとは独立する前のジムでもつながりはあったんですけど、当時はコーチという立場でもなかったし。だから「なんでボンサイ側の人間が、朝倉兄弟のマネジャーと契約するの?」とよく言われるんですけど、個人的なつながりの中でのことですね。まあ、地元が一緒なのもありますし。

――
……ええっと、そこは蒸し返すようで申し訳ないんですけど、宮島さんもかなり昔は“やんちゃ”だったという話で。つまり、そういう中でのつながりだったんでしょう?(笑)。

鈴木
 ああ、彼は昔そういう感じでしたけど、そのつながりではないですね。ボクがいた格闘技ジムに彼が来て、というつながりです。それに、やんちゃのジャンルでいうと、宮島くんとボクはちょっと違いますから。

――
いや、“やんちゃ”にジャンルがあるとは初めて知りました(笑)。でも、ONEで試合ができなかったのは、やはりコロナの影響が大きかった、と。

鈴木
 コロナで難しくなったのと……、と言っても、ボクはオファーはもらっていたんですよ。言っちゃえば2020年は試合のオファーは4回はもらってますから。

――え! そうだったんですか?

鈴木
 なので、「ONEが鈴木博昭を飼い殺しにした」というのは違っていて。ボクはONEに対してイヤな思いは一切なくて、感謝しかないんですよ。2020年は、まず3月にオファーもらったんですけど、そのときはジムの子たちの試合が9週連続であって。

――9週連続! それは長としては自分の試合はできないですね……。<1万字インタビューはまだまだ続く>
この続きと、斎藤裕、平本蓮、破壊王、AKIRA、クレベルvsRIZIN…などの10月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「14万字・記事18本の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2059994

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事110円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

面白い

No.1 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。