• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • 【少年の再非行はなぜ減らないのか?】津田大介の「メディアの現場」vol. 224

    2016-08-31 21:57  
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  津田大介の「メディアの現場」                                              2016.8.26(vol.224)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━──Don't lose your temper──みなさんこんにちは。津田大介です。暑かった夏も終わりですね。ところで、リオ五輪の閉会式の演出が話題でした。日本の裏側がブラジルというのはよく知られた話なので、安倍マリオが土管から出てくる演出はなかなかうまいと思いました。組織委員会へのインタビュー記事読むと「日本、東京をプレゼンテーションする役割を担っています。全世界の共通認識として、日本や東京の持つ強いコンテンツの一つが、アニメやゲーム、マンガです。そこで、2020年への準備が始まり街が盛り上

    記事を読む»

  • 【専門家は「シン・ゴジラ」をどう見たか?】津田大介の「メディアの現場」vol. 223

    2016-08-31 20:59  
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  津田大介の「メディアの現場」                                              2016.8.19(vol.223)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━──Don't lose your temper──みなさんこんにちは。津田大介です。皆さん、「シン・ゴジラ」見ましたか? 今号の「ブチのめす」では、シン・ゴジラについて部類の映画好きの方々が超マニアックなトークを繰り広げています。あの映画を「誰」が「どのように解釈するか」ということが、これだけコンテンツになる映画もなかなかないんじゃないかと思います。人がどう見たか、を知ることでその人の立ち位置や自分の嗜好性がわかるのも興味深いです。できるだけ多くの人に見てもらいたいですね。お盆休みが過ぎて、秋

    記事を読む»

  • 【『嫌われる勇気』大ヒットの秘密に迫る】津田大介の「メディアの現場」vol. 222

    2016-08-07 23:00  
    220pt
    2013年に発売され、現在までに135万部を超えるベストセラーとなっている書籍『嫌われる勇気』。今年の3月には続編『幸せになる勇気』が発刊され、こちらも好評を博しています。このシリーズについては僕も読んで感銘を受け、メルマガやツイッターで折に触れて紹介してきましたが、このたび満を持して著者の岸見一郎さん(@kishimi)と古賀史健さん(@fumiken)を番組のゲストとしてお招きすることができました。「人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる」と唱える心理学者、アルフレッド・アドラーとは? 本書のベースとなっているアドラーの幸福論の解説から、この共著が生まれた背景まで、さまざまなお話を伺いました。

    記事を読む»