• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 女子アナは置屋の芸妓と言った女子アナがいた

    2008-06-20 00:38  
    108pt

    昔聞いた話なのだけれど、その頃、自分を売り出すことにかなり意識の高い、戦略的な女子アナがいた。その時はまだ若かったのだけれど、スマートさ、クレバーさ、したたかさをすでにして備えた、かなり強い女子アナだった。
    ぼくはその女子アナ(仮にAとする)に興味を抱いていた。一緒に仕事をしたことはなく、テレビで見るだけだったのだけれど、画面を通しても明らかに異彩を放っていることが分かって、強く惹かれるものがあった。
    それで、Aと一緒に仕事をしたこともある旧知のテレビディレクターの何人かに「一体どんな人物なのか?」と聞いてみたことがある。するとそのディレクターたちも、Aに対してはぼくと同種の興味を抱いていたらしく、色々見聞きしたり知っていたりすることがあって、それをぼくに教えてくれた。
    それは、当時のぼくにとってはかなり「面白い話」だった。そこで聞いたAの話は、かなりインパクトのあるもので、ぼくは強いインスパイアを受け、さらにAに惹かれた。けれど、まだ若かったせいもあって、その話を咀嚼して何かに援用したり、メソッドとして組み立てて自分の役に立てる――といったことは考えつかなかった。単純に他人事として、凄い人もいるものだなと思うにとどまっていた。
    しかし最近、長い歳月を経てきた中で、あるいは面白さとは何か、人気とか何か、人間関係とは何かといったことを考えてきた中で、その時のAの話がしばしば思い出されることがあった。その頃は気付かなかったけれど、Aの話というのは、実に見習うべき点、参考になる点、考察すべき点が多くて、そこから色々学べるのではないかと思うようになった。そしていつしか、誰かにそれを伝えたいと思うようになった。そこで、今回はそれをここに書いてみたい。
     

    記事を読む»