• このエントリーをはてなブックマークに追加
手出しツモ切りは本当に覚えるべきなのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

手出しツモ切りは本当に覚えるべきなのか?

2019-12-04 12:00
  • 2
Q1・「手出しツモ切り」って覚えたほうが良いですか?
Q2・「手出しツモ切り」を覚えるコツってありますか?

生放送の最中に、この類の質問を良く受けます。
正直、特南ライブ配信中は「手出しツモ切り」をほとんど見ていません。

・麻雀を打ちつつ
・コメントを見つつ(読みつつ)
・自分の思考を話しつつ
・手出しツモ切りを見る

僕はスーパーマンじゃないので(笑)
全てを同時にこなすような並列処理は無理!無理!無理!

というわけでライブ中は、最も優先順位の低い
「手出しツモ切り」のチェックをサボっているのです。

「手出しツモ切り」は本当に覚えるべきなのか?

今日のテーマは「手出しツモ切り」についてです。
冒頭の質問に対してうやむやに答えていたのは理由があるのです。

49bd0225f8846ecdeeccd4bff539cd4bafe03663

ここから8mを打ってダマテンにします。
他家には「8m手出し」という情報が開示されるでしょう。

69f0d3f66960a771995f43bf28ec8fc31721b063

この情報を見落としてしまうと
とんでもないことになってしまう可能性があります。

57b9da6063be119d12a63f3c65c9cd564e69cce9

西家にドラの役牌ポンが入りました。ここから先は
「まばたき禁止」西家の「手出しツモ切り」は絶対にチェックしましょう。

最終手出し以降、場に打たれた牌は全て安全牌

この情報は超絶重要ですので「手出しツモ切り」は
絶対に覚えておいた方が良いということになるかと思います。

・・・・ とまあここまで読んで下さった皆様は
そんなの当たり前だろ! と思っていらっしゃるでしょう。

実はここからが本題です。このような「手出しツモ切り」の
チェックは、実際多くの人が実践していることで珍しくはありません。

おそらくみなさんが知りたいのは
それ以外の「手出しツモ切り」についてだと思います。

その気になれば全員ができるはず
「手出しツモ切り」チェック、一体なぜできないのかというと――

「手出しツモ切り」の情報を有効活用できないから

です。これまでに挙げた「手出しツモ切り」は
超絶重要なヒントですので、みんな必死になって覚えたりするのですが

序盤に打たれた「手出しツモ切り」を覚えていても
役に立つかどうかわからないから覚えられないということです。

目的はヒントを得る事、手段が「手出しツモ切り」を覚える事

Q1・「手出しツモ切り」って覚えたほうが良いですか?

A・まずこの質問をする時点で目的と手段がわかっていません。
目的を果たせないのならば「手出しツモ切り」を覚える必要はないのです。

Q2・「手出しツモ切り」を覚えるコツってありますか?

A・これは大事かもしれない・・・ 
と思ったら、
自然に覚えることが出来るようになると思います。

つまり「手出しツモ切り」覚えようとするのではなく
「手出しツモ切り」から得るヒントの知識を増やすことが先決なのです。


参照記事・8割方当たる読み


今までこのブログマガジンでも
「手出しツモ切り」に関する知識をたくさん紹介してきました。

今度は 木原浩一の麻雀チャンネル
YouTubeのほうでも、もっと初歩的な知識を紹介していきたいと思います。

興味がある方は是非チャンネル登録を! よろしくお願いしまーす。


チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
更新頻度: 毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
生放送で以前、手出しツモ切りの質問させてもらったものです。
その時もらったアドバイスをベースに、打つときは必死で考えながらやっているのですが…
要領が悪いのか、一半荘で疲労困憊です…
動画、楽しみに待ってます。
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

知識を増やすことが先決ですので、実戦中はあまり深く考えないほうが良いと思います。わからないものはわからない!と割り切ってしまうことも大切ですよ(*^^*)
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。