• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 13件
  • 脳死ベタオリ

    2019-04-24 14:00  
    108pt
    昨日は申し訳ありませんでした(>_<)今日こそは、21:00より特南ライブ配信の予定です(体調次第未定)麻雀における脳死行動とは――他に何も考えられない行動の事を指して言います。たとえば脳死ゼンツ(押すしか考えられない) 脳死ベタオリ(押すしか考えられない)など「脳死」という言葉選びは良い響きではないですがあれこれと考えすぎて、迷った挙句に結局損な選択を選びがちな人には脳死ゼンツ or 脳死ベタオリ を推奨しています。東1局東家、対面のリーチを受けて何を切りますか?何を切りますか? という質問自体が少し微妙な感じがしますね。(牌図A)この手は 脳死ベタオリ を選択します。2枚切れの西を切らずに、上家下家に無筋である8pから打ち出しすのです。サンショクガー オヤバンガー と悩んでしまう人全く悩まずに西を高速でツモ切ってしまう人もいると思います。押し引きに難があり特上卓から抜けられない人はまず
  • システマチックベタオリ講座

    2018-10-15 12:00  
    108pt
    牌譜さて問題です。下家のリーチに最も通りやすい牌を答えなさい。これは基本中の基本問題です。きっと多くの人が答えられるのではないかと思います。正解は  です。が初牌、が2枚切れですのでもしもで待っているとしたら、前巡に切ったが変ですよね?さて問題です。下家のリーチに最も通りやすい牌を答えなさい。打8sリーチという手もありますがこの点数状況ではお勧めしません。しっかりとベタオリしたいところです。 →  切りリーチのパターンを覚えよう1・ ツモ2・ ツモとかですね。逆にいえばやが待ちになるケースも想定しなければなりません。3・ ツモ上2つの例に比べて、このケースは少ないかもしれませんがトイツに後引きですとか、手役を狙ったケースも考えられなくはありません。4・が暗刻のケースもあると思います。その場合は先に切ったやのまたぎ筋は通りやすいと考えられます。5・安全牌として全く無関係な牌を残したケース6・
  • 仕掛けにオリられない症候群

    2017-11-23 12:00  
    108pt
    今日の記事は 仕掛けにオリられない症候群 を患っている人のために書きます。最初は特南記事にしようと思いましたが実は鳳凰卓にもこの病を患っている人はたくさんいるのです。基本は自己都合優先です。どんなときも忘れないでください。しかし手牌の価値が低い時は仕掛けもキッチリ意識、優先順位を変えましょう。捨て牌の濃度で判断を変える2翻以上確定の仕掛けは特に要注意です。東家の仕掛けは5巡目、ポン打白でしたが―― (牌図A)ダブ東トイツで役牌の孤立を切る人は、かなり整った牌姿のことが多いです。(牌図A)の東家は、更にそこから赤5mを切っているのであの程度の手牌なら3pを切らず、もう少し警戒したほうが良さそうですね。北家ドラポンの瞬間です。もう説明不要なくらい捨て牌が濃いじゃないですかー手役を狙って捨て牌が濃くなることはありますが役牌のドラが既にトイツで、強引に手役を狙う可能性は少ないですよね?基本は自己都
  • 通りやすい筋

    2017-11-20 12:00  
    108pt
    今日のベタオリ講座はシステマチックではありませんが大事な話です。牌譜東家のリーチに中筋の6s、この中筋は比較的通りやすいです。カンチャン待ちだとしたらこの形ん?じゃああのは?? ドラがなのに?となるじゃないですか。このように捨て牌の前後関係から同じ筋だとしても比較的通りやすい筋というのが判別できることもあります。牌譜このリーチ、2pが早く打たれているのでカン3pは通りやすい。って思うじゃないですか。しかし2pが打たれたのはかなり昔の話なので信頼度は少し低くなってます。それよりも何よりも――あのマンズの両面ターツ落としに注目してください。良形ターツを払っているので愚形待ちの可能性は少ないと考えるのです。完全にゼロという話ではないですよ? 比較的通しやすいという話です。牌譜同様にこのリーチについて考えてみましょう。南家はピンズのドラ含みペンチャンターツを外してリーチです。ということは・・・・点
  • 難しい選択を後に残さない

    2017-10-10 15:00  
    108pt
    牌譜残り3400点の下家から先制リーチを受けています。この点数状況、この手牌で何を考え、どのような選択をするのが良いと思いますか?A・アガリの可能性はあるのか?門前限定のイーシャンテン待ちは愚形になることが多くアガリやすいとはいいにくいです。B・アガリの価値は?テンパイして追っかけたとしても着順上昇の可能性は低く価値がある手牌とはいいにくいです。C・下家にアガられたとしたらどうなるのか?別に・・・ 20000点差です。嬉しくはないですが、どうってことはないでしょう。・結論この手は勝負する価値はありません「安全牌が無いから押す」というのはある意味正しいのですが、本来の意味は「安全牌が無いからアガリの可能性を維持したほうがマシ」ということなのです。仮にここで2pを押したとして、次の無筋はどうしますか? この後の押し引き判断もいちいち悩ましいですよね。システマチックベタオリ講座5システマチックベ
  • システマチックベタオリ講座 8

    2017-08-30 15:00  
    108pt
    牌譜(牌図A)東4局、打点は十分もこの牌姿、巡目、点数状況的にも押し返すにはかなり厳しい状況です。さて、どのようにしたら良いと思いますか?押す可能性があるかどうかで方針を決める例えば4pツモ、ドラツモ、3-6sツモ、4s5sツモ何かツモったら、また何か鳴けたら前に進む可能性があるのなら打9sとしましょう。素点がポイントとなる麻雀では9s押しの一手です。順位点しか評価点のない天鳳では、ここに何をツモっても前へ進みたくないのでオリの一手です。切り順補正という考え方(牌図A)のリーチのように 4p→7p と並ぶと、比較的4pの内側は通しやすくなります。もちろん、先に両面固定したケースも十分考えられますが――リーチの現物である8sのワンチャンスよりもまだマシじゃないか?と思うんですよね。9sを打つくらいなら、まだ5mを打ったほうがマシなような気もします。これは昨年モンド杯のワンシーン。ラス目の親5
  • システマチックベタオリ講座 7

    2017-06-12 15:15  
    108pt
    牌譜リーチを受けてパッとしないリャンシャンです。さて何を切りますか?ド直球勝負なら2sです。しかし僕の推奨打は4mです。厳密にいえばこの瞬間は4mの方が放銃確率は若干高いと考えられます。2sも4mも放銃する可能性は大差がない2sと4mの放銃確率の差が5%もあるなら話は別ですが放銃確率が微差ならば、退避ルートが確保できるほうを選択するということです。参照・システマチックベタオリ講座残り2~3巡ならば刹那的に放銃確率が低いと思われる方を選択し続けたほうが良いでしょう。しかしこの巡目ならば2sを打って次に困るよりも―― ということです。せっかく退避ルートを確保したのだからそのルートを使ってベタオリする選択もありだと思います。何を引けたら押す価値のある牌姿になるか想像する候補が複数あるならば、押す選択もあるのではないでしょうか?この牌姿であれば  これを引ければ押し返しても問題ないイーシャンテンに
  • システマチックベタオリ講座 6

    2016-12-26 15:00  
    108pt
    牌譜残りツモ番1回で安全牌が尽きました。何を基準に選択しますか?・ワンチャンスこの場合は8pと5mがワンチャンスです。でもこれは推奨できません。こんなド終盤に現物(7pと5m)のワンチャンス、他の無筋と危険度は変わりません。・筋2m・・・ ドラかぁ・・・・端牌 例えばあのリーチが3pのトイツ落としではなく中のトイツだとしたら?その場合手役がタンヤオである可能性が高まるので端牌を通すこともあると思います。安全牌に困ったら端牌! って耳にしたことはないですか? ではなぜ「困ったら端牌」なのでしょうか? その理由を考えてみてください。「困ったら端牌」というのは、2~8の牌比べて放銃パターンが少ないからです。の場合    の場合     の場合    シャンポンや単騎待ちは変わらないにせよ内に寄れば寄るほどカンチャン待ち、ペンチャン待ちと放銃パターンが増えるのです。今回はそれを利用して6pにしてみ
  • システマチックベタオリ講座 5

    2016-04-09 12:00  
    108pt
    昨日の生放送の復習になります。基礎を固めるには反復練習は必須です。 しっかりとやりましょう!まずはこのシーン(牌図A)手の内は全て無筋、まだ先は長い、しかし全ツもどうか―― といったところですね。打牌候補は8pと8sです。この両者の比較であれば、残る形の良さで打8pとします。次に不要な無筋を引けば8pで撤退。安全牌が増えても撤退。3m、6p、4s、6s ツモあたりで押し返しを狙う攻守兼用の一打です。twitterで質問があったシーン(牌図B)唯一の筋はドラ、他は全て無筋です。これは7mと4pの比較で打7mです。これは2sか4pを引いたらかろうじて押し返しそう。それ以外の無筋を引いたら7mを抜く、安全牌が増えても点数状況的にベタオリとなりそうです。※ブロマガ会員様の打牌選択に関する質問は掲示板の利用をおすすめします。推奨理由について詳しく回答しますし、場合によっては記事で取り上げたりもします
  • システマチックベタオリ講座 4

    2016-03-07 12:25  
    108pt
    押し引きは他家のやる気も判断材料に入れることです。例えばこの局面、北家リーチ一発目に東家は無筋の8pプッシュでした。これだけで東家がやる気あり! と判断するのは早計です。北家の河はかなり強い、つまりあのリーチ相手なら「押したくないけど渋々――」という可能性だって十分あるということです。しかしこうなると話は別。2sをチーして無筋8mを切ったということは放銃リスクを負ってシャンテン数を上げた可能性が高いです。また安全牌を引く抽選も放棄しているわけですから東家はやる気がある! と判断したほうが良いでしょう。リーチ後のポンにも同じことが言えます。せっかくできた安全牌を晒してしまうわけですから、その場合も やる気がある! と判断したほうが良いでしょう。複数回無筋プッシュも当然やる気の判断材料。このようにひとつの情報だけで他家のやる気の有無を決めつけないことです。・リーチ後ポン ・チーして無筋・複数回