• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • 方針で使い分ける

    2019-02-20 12:00  
    108pt
    何を切りますか? 打牌候補は色々ありますが――方針によって打牌選択は変わる何切る問題では推奨打牌を紹介されますが序盤ということであれば、方針によって打牌を変えましょう。推奨方針は門前リーチ、3sの受け入れは發でカバー。ピンフまたは役牌でリーチプラス1翻を狙う構えですね。仕掛けるつもりなら基本5ブロックもしもドラが無い手牌なら、門前リーチに旨みがありませんので打6pの5ブロック打法にします。まあこの巡目ならメンタンピンを狙うのもありですね。仕掛けるつもりなら基本5ブロックこの基本ができていない人はかなりいます。ドラ沢山の手牌です。方針は「仕掛けてでもアガリたい!」ですよね?門前進行とは違い副露進行は――下家の打牌、対面の打牌、上家の打牌、自分のツモと、1巡につき4回シャンテン数を上げる抽選を受けることができます。このように6ブロックに受けていては、リャンシャンテン時はまだしも――イーシャンテ
  • 5ブロックの優位性

    2016-01-26 12:00  
    108pt
    第7回ブログマガジン杯会員予選、エントリー締め切りは1月31日24:00です。成績が奮わなかった方も本選から出場できる可能性は十分ありますので、是非エントリーしてみてくださいね! 
     
  • 5ブロック?6ブロック? 3

    2014-05-04 12:00  
    108pt
    平面何切るならば3p、または9p落としでしょう。しかしこの巡目、この景色なら6m切りを推奨します。
    258pはそこそこの好感触、今のうちに6mを危険牌先切りして3者に安全度が高い9pを終盤に落としたほうが、無理なくテンパイが組みやすい。これも危険牌先切りの6ブロック推奨(牌図A)安全度が高い北を抱えて打6p。テンパイ確率を高めることよりも、終盤にかけて危険牌勝負にならないように失点確率を低めることを優先する6ブロック打法ということです。これも南を抱えて打3s、4sもツモ切ります(牌図B)先手でテンパイが組みにくそうなときほど、手牌をパンパンにするのではなく、先のリスク回避を見据えて切り出します。ドラ
    (牌図A)のドラがこうだとしたらどうでしょう?この場合は仕掛けも視野にいれるので打北の5ブロック打法を推奨します。
    ドラ
    同様に(牌図B)のドラがこのようだとしたらこれも仕掛けも視野にいれるの
  • 5ブロック?6ブロック? 2

    2014-04-14 12:00  
    108pt
    親なら6ブロックの打2pまたは1p。子なら5ブロックの打8mです。東場のこの点数状況なら、親の最大のメリットである打点アップを生かしたい。この巡目からは仕掛けずに、門前リーチ狙いということです。打点アップの素であるカン7mを払わず、他のターツを払う6ブロック打法。カン7mが残っても、そのままリーチも辞さずの構え。
     
  • 5ブロック?6ブロック?

    2014-02-13 13:00  
    108pt
    5ブロック?6ブロック?   
    麻雀の和了りの完成形は特殊役(国士無双、七対子)を除くと4面子1雀頭。面子やターツ、雀頭候補をそれぞれ1ブロックと数えると、完成形に辿り着くまでの過程で
    「5ブロックにしたらいいのか?」
    「6ブロックにしたらいいのか?」
    このように迷うことがありますよね?同じような牌姿でも、点数状況や場況によって全く違う選択をすることもあります。
    このカテゴリーでは、天鳳の実戦牌譜からピックアップして「この時はこう打った!」というのを解説付きで紹介しています。これが正しいというわけではないですよ?あくまで罪歌流の紹介です。この選択が皆さんの参考になれば幸いと思います。