• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 200件
  • 読み抜けで負けた1局

    2022-07-02 16:00  
    50pt
    7月1日の天鳳 1-0-1-3  九段 2565/3600  あああああああぁぁぁぁぁぁ7月1日の雀魂   2-2-2-0  魂lv2 16.1/20.0僅差の3着目で迎えたオーラス。アガリは相当厳しい牌姿、役牌を重ねたいというよりもトップを競っている対面、下家に役牌を鳴いてもらうために貯めていました。2列目にリリース。2000点まで放銃できますが下家の逆転条件は3900、差し込みまで面倒見るのは難しい。鳴かせるのも立派な勝負しかし対面、下家がテンパイするのは横移動と被ツモ率が上がり、自分にとって有利な状況になります。放銃=即ラスのリスクがある局面ですがここはギリギリのギリまで勝負したいですね。下家の3副露目。打点が足りなくて引き戻しのを残したケースは相当考えにくいです。 ポン ポンたぶんドラ雀頭のこんな感じでしょう。対面の2副露目。1副露目は早く形式テンパイは考えにくいので十中八九タンヤ
  • ドラ3仕掛けは読みやすい

    2022-06-23 12:00  
    50pt
    今日は最高位戦classic1組最終日に出場します!6月22日の天鳳 2-3-0-1  2995/36006月22日の雀魂   1-1-1-2  13.9/20.0今日からブログマガジンの冒頭に前日の天鳳、雀魂の進捗(後退?)度合いをアップします。
    起きてから裏で雀魂打ってて2着→頂上対決3着36pほぼ一点で読めて会心の1300.2600ツモったと思ったらそこからあがれず最後に掴んで3着落ち闇堕ちしそうなので今日は配信お休みで明日のリーグ戦に備えて鬼打ちしときます… pic.twitter.com/e42tbPod88
    ― 朝倉康心/ASAPIN🐴 (@asakurapinpin) June 21, 2022
    朝倉選手の対戦相手は僕でした。ほぼ1点で読める―― というアプローチを解説します。対面のドラポンに注目してください。2副露目が チー → 打 でした。チー出しのまたぎは危険だからだな
  • 通りやすい無筋を考察する

    2022-06-10 13:00  
    50pt
    今日のお題は比較的通りやすい無筋についてです。上家のリーチに対して通りやすい無筋は何でしょうか?・早い巡目に切ってある牌のまたぎ筋2巡目に切ったのまたぎである3巡目に切ったのまたぎである、が通りやすそうに見えますね。他もに通りやすい無筋は無いでしょうか? 
  • 三色を読め!

    2022-06-03 12:00  
    50pt
    対面はチーして打ここまでは何も違和感が無い仕掛けです。次の仕掛けはをカンチャンでチーして打これはかなり違和感のある仕掛けですね。の先切りはのカンチャン固定あるいは孤立にがくっついた形と予想できます。ダブ東トイツの赤1含みなのに??そう、そんな素材でから先切りやの孤立よりも、の孤立を残すことは普通無い。  ポンだとしたらあの4枚は――そう、123の三色含みだよね。それがわかれば対面の仕掛けにはは通しにくいけど、は通しやすいです。早い巡目の両面チーも三色の警戒対象です。この場合だとよりが欲しかった可能性もありますね。あれはただの役牌バックでしょうか? いや――123三色の可能性も考えたほうが良さそうです。みなさんもこのような牌姿をもらったら孤立との比較なら孤立を残すでしょうし孤立との比較でも孤立を残すこともあるでしょう。※最終手出し  チー ポンもしもこんな河になっていたとしたらマンズで警戒す
  • 空切りを見抜け

    2022-05-18 12:00  
    50pt
    下家の手出し手出しに注目してください。と切っているのにが手の中から出てくるケース。これはかなりの高確率での空切りです。(赤との入れ替え、スライド含む)空切りから得られるヒントとは?空切りした部分が出来メンツになっていると予想できます。例えば下家はをポンしています。 
  • スライド読みで無筋を通せ!

    2022-04-15 13:00  
    50pt
    ※今日の記事は過去記事を編集したものです下家の手出しに注目しましょう。・が早目に切られているのにが手出し・であることが否定されているにチーも入っていませんし、にポンも入っていません。これだけ物的証拠が揃っていれば、スライドを疑う余地はないでしょう。がとのスライドならばが通るこれは有名な読み方ですね。実はこのケース、もう一筋通せる牌があるのです。もしもがとのスライドならば――の両面待ち、のカンチャン待ちに放銃することがない +   ここにツモ 両面待ちのケースは、こうして手牌の再現をしてみればわかると思います。普通は打とせず、をツモ切って3面受けにするはずです。 +   ここにツモ カンチャン待ちのケースも同様です。打、そんなことするヤツおらんでしょう(笑)それなりにあるケースなので覚えておきましょう。手牌の再現が一瞬でできなくても、暗記しておけば実戦で使えることもできるかもしれません。ラス
  • 手牌の関連牌ではない手出しのパターン

    2022-03-20 15:00  
    50pt
    対面がをチーして打です。中盤以降に  と持っているケースは少ないのでの関連牌を持ってそうですね。(1)・  チー 打(2)・  チー 打(3)・    チー 打こういうのが有名なパターンです。今回はが3枚切れなので(2)のケースはありません。も3枚見えなので(3)のケースもない。役牌がほとんど切れているので(1)のケースは少なそう。じゃあ残るはトイツ落としのケースが濃厚なのかなー? と読めるわけです。序盤に外したのペンチャンターツリーチ宣言牌までを引っ張るケースは珍しいですね。の関連牌、を持っているなと読む人もいるでしょう。でも今回のケースは怪しいです、なぜなら――直前のターツ落とし、トイツ落としは要チェックや!今回の場合は直前がのトイツ落としでした。下家から見ては全員に無筋の牌です。不要牌であるならば一刻も先に処理したい牌ですよね。トイツ落としの最中に引いてきた無関係のである可能性も疑っ
  • リーチ宣言牌の裏筋は比較的安全理論にメスを入れる

    2022-02-19 12:00  
    50pt
    下家内川選手のリーチを受けた伊達選手。 さて、みなさんは何を基準に打牌を選びますか?伊達選手の選択はでした。リーチ宣言牌の裏筋は比較的安全理論は間違っている今日の記事はこの件について話します。 → (安全牌)→  の切り順でした。打時にと持っていたらから切りそうですね。しかし前巡イーシャンテンならを切っているのに安全牌でも何でもいない孤立牌のは残さないことが多い。つまりは手牌の関連牌である可能性が高いということ。が関連牌での両面待ちに当たるパターンは――代表的な例はこのような複合系ですね雀頭のケースもあるかもしれません。手役絡みでもを引っ張ることもあるでしょう。このケースも手役絡みなら切りリーチ ツモ後引きのを残すケースもあるかもしれません。どうでしょう? 一つ一つのケースは頻出ではありませんが全てのケースを合わせて考えると無視できない頻度です。つまりこの場合、は手牌の関連牌である可能性が
  • 放銃時打点をイメージする

    2022-02-07 16:30  
    50pt
    親の3副露はポン×3でした。ちょっと想像してください。放銃したら嫌だな~・・・ と思う牌姿は何ですか?トイトイは嫌だな・・・  ポン ポン ポントイトイに放銃すると7700点以上です。シャンポン待ち、あるいは単騎待ちに当たりそうな牌は避けたいですよね。ドラ雀頭は嫌だな・・・ ポン ポン ポンこの場合ドラ雀頭の〇〇待ちに刺さると7700点以上です。お 新情報来ましたねあの手出しは関連牌濃厚です。カンチャンから両面変化、カンチャンまたはペンチャンからシャンポン変化、つまり―― ポン ポン ポン ポン ポン ポン ポン ポン ポン対面の高打点に当たるとしたらこんな感じかな~? ということくらい想像つくでしょう。でもね? 当たり牌を止めるために想像するのではなく――当たりにくい、または当たっても安い牌を通すために読む当たり牌をビタ止すると評価されがちですが当たりにくい牌を通すことが読みの真骨頂なの
  • 高い手ほどブロックが読める! 応用問題

    2022-01-20 12:00  
    50pt
    上家がドラの役牌を仕掛けたシーンです。(牌図A)下家がドラの役牌を仕掛けたシーンです(牌図B)さて、ここでみなさんに問題です。(牌図A)と(牌図B)の違いを考えてみてください。ここで言う違いとは? 手牌読みに関する相違点です。