• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • 放送対局を観戦するトレーニング

    2017-10-21 12:00  
    108pt
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv307317869今日は雀王決定戦2日目です。最近すっかり麻雀放送の観戦にはまってます。先週も最高位決定戦と合わせて15時間以上観ちゃいました(笑)プレイヤーの思考に共感せよ牌譜検討が手順や読みを鍛える練習方法とすれば麻雀観戦はプレイヤーの思考にどれだけ迫れるかという練習方法です。「あ、考えたな」という間って見てたらわかるじゃないですか。その時何を考えたのか、捨て牌と照らし合わせながら予測するということです。トップが偉い協会ルール。超絶競りのオーラス。東家のリーチを受けて金はどのようなことを考えるのか――・イーシャンテンを維持するかどうか打4pの後9pがトイツ落とし。宣言牌が4枚切れの字牌。この状況下において僅差のラス目が目一杯に構えないわけがないのであの東はトイツ落としの最中に引いた牌である可能性が高いということがわかりま
  • 牌譜を使ったトレーニング

    2017-10-18 12:00  
    108pt
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv307321197先日の最高位決定戦初日はすごく面白かった。競技麻雀を嗜む人はもちろん、天鳳を嗜む麻雀愛好家にも是非見て欲しい。注目して見て欲しいところは凄い手順とか、凄いアガリ、凄いビタ止めとかではありません。誰かにテンパイが入る → 引く、または対応する といった間合い、各々の判断が素晴らしかった。あれは阿吽の呼吸というか――誰かが○○を切る → この場況で○○を切るということは××だから誰かが○○を切る → あの捨て牌相から○○が余るということは××だから特定の相手と打つときには、そういった人読みも大切な判断材料なのです。特に中盤以降、相手の打牌をあまり意識せず淡々と打牌を選択する競技プレイヤーは参考にしてみてください。あ、もちろん雀王決定戦も面白かったよ!今日は観戦ではなく他人の牌譜を使ったトレーニングの提案です。参考にするならオーソドックスな打ち手の強者が良いですね。というわけで今日紹介するのは――一蓮峻潤 (読み方知らず)さんです。天鳳ランキングサイトから、鳳凰卓牌譜検索(仮)のページを開きます。右側の牌譜URLをコピーして メニュー → 牌譜URLを開く に貼り付けます。