• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 19件
  • 【Mリーグ】最近、〇〇のようすがちょっとおかしいんだが

    2020-11-27 13:30  
    110pt
    3着目のリーチを受けて、4着目の近藤プロはツモ四暗刻イーシャンテンで、下家から出たをスルーしました。ラスペナ? か トップボーナスか?スルーの是非は一旦置いといてこれは近藤プロらしい選択だなーとは思います。素点も重要なポイント<役満の価値>競技麻雀 >>>> フリー雀荘 >>>> 天鳳フリー雀荘と天鳳と競技麻雀では役満の価値がそれぞれ大きく違ってきます。フリー雀荘には役満特別ポイントがあるじゃないか!そうすね。でもフリー雀荘は誰かとポイントを競っているわけではないですよね?フリー雀荘でも誰かと獲得ポイントを競って勝敗を決するのであれば、役満の価値が逆転するかもしれません。また競技麻雀でも昇級確定の位置から出た役満とか敗退確定の位置から出た役満だと、価値はもの凄く低くなります。この局面はMリーグレギュラーシーズンの真っただ中役満のポイントは累積されるので、価値が高い局面といえるでしょうね。練
  • 【Mリーグ】朝倉康心 今と昔

    2020-11-26 16:00  
    110pt
    親番とはいえドラ無しピンフのイーシャンテン。しかも現在トップ目である。巡目的にもピンズの両面強度的にもそろそろ退いてもおかしくないところだが・・・・テンパイしていても不思議ではない対下家の役牌2副露に対して、連続でプッシュしている。ドラに関しては場況はあまり関係ないと思う。しかしトップ目からドラ単騎リーチでチャージする。アグレッシブな仕掛け その1アグレッシブなドラ切りからの――アグレッシブな仕掛け その2これらは4年前の牌譜である。プレイヤー名は トトリ先生19歳 後のMリーガー朝倉康心プロの実戦譜だ。副露率は39.57%  (2019リーグは25.94%)副露は攻撃だけではなく前衛的な守備の選択でもある序盤から積極的なチャージを多用それでいて放銃も割と少ない(11.44%)ちょっと自分には真似できそうにないプレイスタイルで同じように彼のプレイに魅了されていた人も多いのではないだろうか天
  • 【Mリーグ】攻撃と守備の融合

    2020-11-17 12:00  
    110pt
    麻雀における「攻撃」とは何か?麻雀における「守備」とは何か? という話をします。攻撃=攻め込むこと、加点を狙うこと守備=守ること、失点を防ぐことイメージだとこんな感じですね。しかし麻雀では 攻撃と守備の融合 つまりバランスの良い選択が最も重視されるのです。【多井プロの場合】南1局、トップ目で迎えた多井プロは、親番でこの配牌から――このように打ち出します。形十分とはいえこの巡目に孤立のドラを切り出すのは悪手のようにみえます。ドラ切りも「攻撃」のひとつ早いドラ切りは「守備」のように見えますが相手に影響を与えるという意味で「攻撃」ともいえます。端牌や字牌ならともかく、親が2巡目にドラ切りをしてきたのを、目の当りにしたら相手はどう思うでしょうか?13牌目一杯に構えるよりも少し安全牌を抱えたくなるのが心情でしょう。相手の受けを狭くする効果を見込んだ「攻撃的ドラ切り」これが多井プロの切りの意図だったの
  • 裏目を引いた後が大事

    2020-11-14 12:00  
    110pt
    誰がマウンドに来て、どんなふうに交代させられたのか。ベンチに帰ってどうしたのか。アイシングをしたのかどうか。それどころか、宿舎に帰って何をしていたのかも、その日のことはまったく覚えていないんです。 完全に(頭の中が)真っ白になりましたね。※槇原寛己が語る、悪夢の3連発 より
    真剣であればあるほど、大事な試合であればあるほど痛恨のミスや最悪の結果で頭が真っ白になることはあると思う。今日は雀王戦のリーグ戦。リーグ戦は1日4半荘仮に裏目に裏目が重なって些細なミスが大きな失点につながって3連続ラスで4半荘目を迎えたとしよう。たぶん最後の半荘は平常心ではいらないと思う。メンタルが強い人間などいないもしもそれでも平常心を保てるのだとしたらそれは超鈍感なだけか、その試合がその人にとってそれほど大事なものではなかったか、そのどちらかだと思う。 
  • 【Mリーグ】手役を推理せよ

    2020-11-13 12:00  
    110pt
    今日は 2020Mリーグピックアップ 寄せられたシーンから北家の魚谷プロはをポンして1枚切れのオタ風を切ってきたシーンです。前巡のが光ってますね。さて、これだけの情報で魚谷プロの手牌を考えられるだけ想像してみてください。ホンイツ?赤より字牌を残しているのですからそうかもしれませんね。トイトイ?チートイツ込みで字牌を残すことはありそうです。南は安全牌?5ブロックが完成していて危険牌先切りで赤を切った。可能性はありますね。だとしたらちょっと高そうです。だって2000点とかなら4巡目ですから赤の孤立を残すじゃないですかー南はトイツ落とし?一旦6ブロックに構えたということ。可能性はありますね。まだ絞り切れませんが、候補としてはこんなものですかね。次はをポンして1枚切れのオタ風打です。これでだいぶ魚谷プロの手役が絞れてきそうですね。から打?から打としを重ねたケースは考えにくいです。これで普通のメンツ
  • 【Mリーグ】堀プロに学ぶ、好形テンパイの大切さ

    2020-11-11 12:00  
    110pt
    東4局、ドラ2のチャンス手です。(牌図A)堀プロはここで上家から出たを――チーして3900の出アガリでした。同じくドラ2のチャンス手です。(牌図B)堀プロはここで上家から出たを――今度はスルーしています。この2つの比較から、堀プロがどのようなことを考え、副露判断をしているのか解説してみたいと思います。 
  • 【Mリーグ】滝沢プロのダマテンは正しいか?

    2020-11-07 12:00  
    110pt
    読者のみなさまから寄せられたMリーガーのちょっと気になる選択を解説します。2020Mリーグピックアップ・試合の日付、第〇試合 ・取り上げてほしい対象のプレイヤー ・対象となる局面(半荘全部でも可) を明記の上、上のメールフォームより送信してください。 ピックアップしてブロマガの記事にしていきたいと思います。牌譜2着の朝倉プロとは13100点差のトップ目で迎えたオーラス、堀プロの選択。この牌姿から打として――2枚目のはスルー、そしてカンをチー安全度の高いを保有しつつ進行できる手役でもあるピンズのホンイツを狙い、かつ他家にもプレッシャーをかけていきます。なかなかクレバーな戦略ですね。見習いたいところです。効いてる、効いてる  まあ当たり前ですね。そんな中、滝沢プロは上図のテンパイをします。堀プロとの点差は16800点、ハネマンツモなら逆転は可能です。みなさんはどうしますか?滝沢プロはダマテンを
  • Mリーグピックアップ 魚谷プロ、瀬戸熊プロ

    2020-10-31 12:00  
    110pt
    今日は10月28日の記事にレスする形式から始めますQ・早仕掛けで大物手をかわすプレイヤーが少ない場合と多い場合とで、最適戦略って変わってくるものかどうかが気になっています。A・最適戦略は少なからず変わると思いますQ・かわしに行った方が良いという判断自体は打点・形・場況などに大きく依存し、相手の副露率にはあまり影響しないような気もしていますA・副露率というより他家の動向で判断は大きく変わると思いますかわし手の判断は打点、形、場況によるところが大きいのは間違いありません。しかし他家のリーチや副露によって判断を変えないプレイヤーはいないと思います。たとえば上図のイーシャンテンから3枚目のが出たとして・副露率35%の人は仕掛ける・副露率25%の人は??・副露率15%の人は仕掛けない??部分の人も、親に仕掛けが入ったら仕掛けるとかリーチが入ったら仕掛けるといった判断になることもあるでしょう。先制なら
  • 【Mリーグ】岡田プロの成長?進化?

    2020-10-30 14:15  
    110pt
    東1局東家、岡田プロの選択――一見何の変哲もない選択に見えますがこのようなは残してしまう人もいると思う。「進化した」「成長した」という声が多い岡田プロの麻雀ですがたった1年で劇的に強くなる人は少ないと思うんですよね。もちろん岡田プロが今シーズンに向けてかなり練習をしてきたのは間違いないのですがペンチャン外しか、切りかの2択僕の好みはペンチャン外しですが、どちらも有力な選択です。ただし「これだけは無い」という選択が同じペンチャン外しでも切りです。岡田プロの選択は――しっかりとを残し、安全牌のをツモ切り見事にこのツモを捉えていました。この選択だけでも岡田プロが構想に沿った牌の残し方を意識できている何よりの証拠ではないでしょうか。 
  • 【Mリーグ】なぜMリーグは門前高打点が多いのか?

    2020-10-28 13:30  
    110pt
    牌譜は4枚切れのフリテン待ち。ダマテンに構えていた村上プロですが、ここで一転ツモ切りリーチを選択します。ツモ番が少ない=放銃する機会も少ない残りツモ番2回です。村上プロも「オリるべき牌がなかった」 とも言ってましたね。一発or海底、一粒で2度おいしい(かもしれない)は若干手応えが良い場況、これはナイスリーチだと思います。 あああああああ村上プロのアガリは称賛するとしてなぜMリーグは門前高打点が多いのか という話をします。・打点狙いの構想に長けたプレイヤーが多いから・門前志向の強いプレイヤーが多いからもちろんそういった要素もありますが今回は この中に「戦犯」がいる と考えます。アガリを発生させないための努力は極力放銃しないようにすることではないこのブロマガでも口を酸っぱくして言ってますが他家のアガリを防ぐ一番の手段は自分のアガリです。アガリ以外で他家のアガリを防ぐにはチャージをかける という