• このエントリーをはてなブックマークに追加
【Mリーグ】高宮選手の大変貌
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Mリーグ】高宮選手の大変貌

2021-11-27 12:00
  • 5
b542bae4e8b47e95e0be709a8bcfa9f602dad0e0

僅差のトップ目で迎えた南1局親番。
高宮選手はここから打五索:麻雀王国とします。なるほど――

六萬:麻雀王国九萬:麻雀王国が薄く、一萬:麻雀王国八萬:麻雀王国初牌。巡目的にも
門前だけではなくポンテンを睨んだ一打というわけですね。

bb917447e2654a4327ae053d8f545aa8dca112c6
 
な、鳴かないんかーい!

a3a6e58e16e1c690c60b097583370beb2993285f

その結果がこう。高宮選手の麻雀を例えるなら
重い鈍器を振り回して一撃必殺を狙うような――

少なくとも昨シーズン中盤までは、そのようなイメージでした。

083f0822c36d3bd385af16452353772b806ee2da

親リーチを受けて高宮選手の選択。
形は良いが四筒:麻雀王国が3枚切れのリャンシャンテン。

唯一現物のドラを抜くくらいなら、渋々六筒:麻雀王国を勝負
次のツモをめくってから今後の方針を決めたいところだろう。

3ddb6d2e517ef2defed262d946996c802d131cb0

しかし高宮選手は現物を抜いた。

ソースは見つけられなかったが、高宮選手は今期の
テーマとして「守備力の改善」を掲げていたと記憶している。

9ec2f7f453e1529779b50cd63b1fabb577c44739

リーチの一発目にドラを勝負すれば赤2のテンパイ。
今までの高宮選手なら間違いなく勝負したであろう局面でも

723d6524884905f5b588eab438be0457336eb2d3

迂回を選択するようになってしまった。


高宮選手の過去3シーズン合算放銃率は
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2022/01/31
    Mリーグランキングメモ
コメント コメントを書く

高宮プロの打ち方の変化、結構衝撃的でした。
書かれてる通り、"放銃率を減らす"を軸に、戦略変更してるように感じましたが…。

高宮プロが誰を参考にしているか分かりませんが、正直合っていないように感じました。
前原プロや佐々木プロのような、格闘倶楽部イズムを軸に腕を磨いた方が結果が出るだろうになぁ…と思いました。

No.1 1ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

いつもありがとうございます

すぐに結果を出すのはおそらく難しいでしょうね。長期的なスパンで変革を考えているのなら努力次第ですが、気まぐれで変えているようなら悪化しそうな気がしますね。

No.2 1ヶ月前

記事にして頂きありがとうございます!
細かい技術がないのなら、図太くシンプルに…という開き直りが唯一の良さと感じていたので、今は迷走してるようにしか見えないです泣
伊達さんに麻雀を教わるのが良いのでは…と個人的には思います。

No.3 1ヶ月前


あと、オーラスの食いかえも意外でした。木原プロはあの食いかえは行いますか?

No.4 1ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

いつもありがとうございます

人に教わってうまくなれるものなら、もうとっくにうまくなってると思いますよ(*^-^*) オーラスの食いかえはしないですね。点数状況的に上家がが協力してくれそうもないので。

No.5 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。