• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • ブルックリン物語 #14 フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン ”Fly me to the Moon”

    2016-07-14 17:55  
    220pt
    キングコング・西野さんの絵を見たときの最初の印象を今も覚えている。モノクロなのに光の渦に巻き込まれたような。ずいぶん昔ぼくはこの絵の中にいた。その中を心の赴くままに飛び回っていた。空想の世界で遊んでいた幼い頃の記憶が一気に蘇る。
    もともとお互いに面識のないぼくと西野さんだが、彼がNYにいる日本のアーテイストたちにツイッターでトライベッカでの個展へと誘ってくれたのがコトの始まりだった。ぼくは彼が絵を描いているらしいというのは知っていたので「もちろん! 行かせていただきます」と返事をして、すぐ友人の編曲家ダニエル・バーニッジを誘ってギャラリーを訪れた。

    その日、入り口辺りは在米日系人のマスコミ関係者たちで溢れ、アートに造詣の深そうなアメリカ人たちが彼の絵に食い入るように見入っていた。取材のカメラクルーたちは西野さんの会話を書き留めようとライターの人たちとともに、民族大移動でギャラリーの中をゆっくり移動中だった。
    ぼくは軽く西野さんに「はじめまして」の会釈をし、彼も同じように軽く会釈を返した。ごったがえした現場では、それ以上お互いに踏み込んだ会話は一切なかった。ぼくとダニエルは絵に見入り、感嘆符を吐き、気がつくといつしかそれぞれ想像の世界をさまよっていた。
    「おーい、ダニエル、このあとどうするよ? なんだかすっかり入り込んじゃったから、どこか静かな場所に移動したいと思うのだけれど」
    「それはいい案だ。そしてどこかで彼の絵について語り合おう」
    時折吹く風がトライベッカのでこぼこの車道から舞い上がり、空まで飛ばされそうな勢いの夜だった。
    「西野さんて、ものすごいギーク(おたく)だよね」
    「うん、たしかに生粋の、あそこまで描くのは尋常じゃない想像力だ」
    月がそんなぼくたちを静かに何も言わずに見下ろしていた。
    ダニエルとぼくは腕を組んでカフェでワインを前に西野さんの絵を語り合った。
    「あの細やかな描き込み、ペンのタッチ、彼は別の仕事をしながらいったいいつ描いているのだろう」
    「相当の情熱だ。きみはおそらく彼と近い将来仕事をするような予感がする」