• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 大江屋レシピ(15) 「お好みオムライス」の巻

    2016-10-31 19:49  
    110pt
    今日はボリュームたっぷりのオムライスを作ろうと思います。
    でも同時にお好み焼きを食べたい場合はどうしましょう?
    さて、何が飛び出しますやら。
    せっかくなので中身を
    ライスではなくてキノアで作ろうと思います。
    正確には、お好みオムキノアですね。
    キノアは、ふっくらさせるまで時間がかかりますねえ。僕は
    水を足し、焦付かぬよう丹念にかき混ぜ、何度も様子を見て、
    辛抱強く、辛抱強く、ふっくらとさせていきます。
    意外とこれも、疲れた時の気分転換になるのです。鼻歌歌いながら。
    「キノアを待つの、テニスコート〜!」
    (こほん)さあ、それでは始めましょう。
    「お好みオムキノア」の始まり始まり。
    1)キノアを食べれそうな分量だけ鍋に入れ水を目分量で足す。
    焦げ付きやすいのでたっぷりの水を入れることをお勧めします。
    2)気長に様子を見ながら水を吸いきったらまた水を周りから
    注ぐやり方で時間をかけてふっくらさせ
  • 大江屋レシピ(7)「一汁とキノアごはん」の巻

    2016-07-14 18:52  
    110pt

    味噌汁があればそこに栄養のある具を一杯入れていただくことができる。
    そうすればどんなときでもあったかい気持ちとあったまった体で人は生きていける。そんな根源的でシンプルな思いから今日は「一汁」をメインにごはんを米ではなく「キノア」で炊いてみました。これ、なかなかですぞ。
    1)    みじん切りにしたブロッコリ、にんじん、トマト、しいたけ、たまねぎ、キャベツなどを鍋で煮る。
    2)パウミーを入れる(お好みの出汁でOK)

    3)ぐつぐつ中火→弱火で煮る。
    4)時間差でえのきやワカメを投入。
    5)お好きな味噌とすりおろした生姜をとき入れれば出来上がり。
    6)キノアは水分が勝負なので目分量でいいので、何度も水を加えながら根気よくかき混ぜて炊くのがコツ。ほっこりし始めたら弱火にして蓋をして待つ。
    7)ごはん感覚でキノアを茶碗に盛りハニー梅干しや塩昆布で頂く。

    8)具沢山の一汁はスプーン