• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • ブルックリン物語 #27 When You Wish Upon A Star 「星に願いを」 後編

    2016-10-20 04:12  
    220pt
    カフェピンクハウスはサラトガの街の目抜き通りに位置する。閑静な住宅地に緑多い森。そこに必要最小限の店が上品に並ぶ。Aさんの車を降りてぴと街路樹の下を歩くと鳥の声が聞こえてきた。
    店の前ではせっせと開店準備をする若い日本人の女の子がいる。Aさんが声をかける。
    「久しぶり、○ちゃん。随分会ってなかったよね。元気?」
    「あら。そちらこそ元気ですか。お店には裏からでないと入れないので案内しますね。」
    僕たちは脇の道を通って建物の裏に回る。モールのようにどの商業施設もつながっていて裏の駐車場が共有になっている。そっちから僕たちは来たわけだが、案内されるがままに戻る形で楽屋口へと急ぐ。
    「おはようございます。ようこそピンクハウスへ。昔オーナーがやっていた店がピンクドラゴンって言いまして、どこかにピンクっていうのにこだわりがあるんですよね」
    とC子さんは着いたばかりの僕らに、全然ピンクじゃない楽屋やステ