• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 大江屋レシピ (27) 「ブロッコリのビビンバ」の巻

    2017-04-06 18:00  
    110pt
    ブロッコリはいつも食べ方に困ります。飽きちゃうんですね、あの食感や味に。
    栄養が豊かなのはわかるけれど、どうやったら楽しく飽きずに食べられるか。
    これが課題です。そこでビビンバを作ってみることに。1)  タレを作ります。かんぶり、食べるラー油、ミジン切りの生姜、にんにく、醤油、ごま油、蜂蜜、味噌を適量、味見しながら混ぜます。
    2)ご飯は今回はリゾット用のイタリアご飯(クランベリーとアーモンド入り)とキノアをミックスしました。ふんわり水を多めに時間をかけて炊き上げます。蓋をしてからの熾火蒸らしもよろしくね。
    3)ブロッコリは薄く茎はスライス、頭の部位もスライス、とにかく味がなじみやすいように薄く薄くです。
    4)3を茹でます。サッとでいいです。そして網の上で擦った白ごまと絡めます。ごま多めに。
    5)4と1を合わせます。揺らしながらポップアップ。
    6)ご飯をふんわり盛り付けてその上にブロを載せま
  • ブルックリン物語 #31 Giant Steps 「ジャイアントステップス」

    2016-11-29 00:40  
    220pt
    初雪が降るようにそれは始まり、やがて激しく降り続け辺り一面を埋め尽くした。
    「アンコールの拍手あるよ。One more?」

    Stage Director(舞台監督)ケビン(仮名)が袖に掃けた僕を抱きしめてそう言った。アンコール、アンコール、声が次第に大きくなり、見切れからはみ出すようにお客さんが立ち上がっているのがわかる。僕はポンポンとその普段はスタバの本社に勤めているという日系アメリカ人の肩を叩き、親指を「よっしゃ!」と立て、一気に舞台へ駆け戻って行った。

    何回やっていても嬉しく照れ臭くありがたいもの。願わくは一生このまま時間が止まればいいとさえ思う。アンコール。シアトルの「Musical Bridge Concert(音楽の橋コンサート)」で予定外に起こったハプニング。

    つい40分ほど前にネクタイを締め、ベストのボタンをし、ジャケットを羽織り、最後に帽子を被って、鏡の前を覗き込ん