• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • セトリ通信(6) “Boys & Girls, again ~January~” Japan Tour Jan.19-30,2019

    2019-02-07 18:00  
    220pt
    “Boys & Girls, again ~January~”Japan Tour, Jan.19-30, 2019 
    「Boys & Girls, again ~January~」ではとにかくオーディエンスに伝わりやすい構成に心を配った。
    自分が演奏をしたい曲というのは勿論のことだが、それ以上に、観客が聴きたい曲をいつも以上重視した。聴きたいって言ったって、それは蓋を開けてみないとわからないのである意味禅問答のようなものなのだけれど(これが延々に続く)。
    10月に行った関学とTFMのコンサートで得た確かな感触。その後のアメリカやアムスでの手応え。目の前のお客さんに鍛えられ、揉まれ、成長した自分の中で、徐々に定番になりつつあったライブ後半戦の「Mischievous Mouse」「The Adventure of Uncle Senri」「YOU」などは今回のツアーでしっかりそのダイナミズムを生かそうと思った。アルバム『Boys & Girls』からの曲を3曲続けてやる前半のセクションもいい。「Wallabee Shoes」「10 People, 10 Colors」「Never See You Again」。この前後半のセクションのキャッチーな流れを2大軸に、あとの部分をその日にしかない色でどう塗っていくか。
    結局、アメリカから日本へ帰る飛行機の中まで答えは持ち越し。ロシアの上空くらいでようやく僕の心は固まっていった。さささっと、鉛筆で思いの丈を走り書きする。その時のメモ書が名古屋の「原型」となったものだ。そこに今回のコンサートツアーの「核」になるアイデアが詰まっている。そのままでもいいかもしれないしガラッと変わるのもいいかもしれない。その伸縮自在さのラフな「余白」をそのまま抱え、僕は日本へ無事帰国した。
    まずは1月16日の兵庫県立芸術文化センターでの演奏に頭を切り替える。ミナミの練習スタジオに通って関学グリークラブと演奏する「January」、僕のパートの「Wallabee Shoes」「Boys & Girls」、八神純子さんとやる「KUMAMOTO」「かれ木に花を咲かせましょう」、全員での「上を向いて歩こう」の「一人リハ」が始まる。練習スタジオだから隣からの音が筒抜けなので、ついついニュースクール時代のようなライバル心がメラメラ沸き起こり、火がついてしまう。
     
  • 緊告!今日の午前中〜仙台

    2017-07-23 08:52  
    【緊告!今日の午前中〜仙台】短編映画: 堀江貴「Ordinary Days~普通の日々~」上映。僕が音楽を担当。直前でごめん。今日朝10時上映開始桜井薬局セントラルホール仙台市青葉区中央2-5-10022-263-7868https://www.youtube.com/watch?v=R4QunXnXTao
  • Sendai!!!

    2016-10-30 18:43