• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • ブルックリン物語 #31 Giant Steps 「ジャイアントステップス」

    2016-11-29 00:40  
    220pt
    初雪が降るようにそれは始まり、やがて激しく降り続け辺り一面を埋め尽くした。
    「アンコールの拍手あるよ。One more?」

    Stage Director(舞台監督)ケビン(仮名)が袖に掃けた僕を抱きしめてそう言った。アンコール、アンコール、声が次第に大きくなり、見切れからはみ出すようにお客さんが立ち上がっているのがわかる。僕はポンポンとその普段はスタバの本社に勤めているという日系アメリカ人の肩を叩き、親指を「よっしゃ!」と立て、一気に舞台へ駆け戻って行った。

    何回やっていても嬉しく照れ臭くありがたいもの。願わくは一生このまま時間が止まればいいとさえ思う。アンコール。シアトルの「Musical Bridge Concert(音楽の橋コンサート)」で予定外に起こったハプニング。

    つい40分ほど前にネクタイを締め、ベストのボタンをし、ジャケットを羽織り、最後に帽子を被って、鏡の前を覗き込ん