• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • ブルックリンでジャズを耕す (続・9th Note) #01

    2016-06-02 18:00  
    110pt
    ジャズのMaiden Voyage(処女航海)を始めた僕の船は、その後目的の港に着けたのかと聞かれると即座に答えが出ない。
    日々小さな波に揺れながら自分の目指す陸になかなか辿り着けないような気もするが、それなりに目の前の小さな目標をクリアし続けてはいる。
    不安な日々の中での迫り来る選択肢の数々。思い切って一つの道を選択するとその先にはそれなりの答えがあるものの、ずいぶんそれに気づくまで遠回りをしているようにも思える。
    たとえば、あの頃のように上昇機運に乗れていない自分が、平行棒の上をずっと同じ速度で歩き続けて堂々巡りをしているように感じるときがある。学校(The New School for Jazz and Contemporary Music)というわかりやすい箱の中にいると、自分というものを把握しやすい部分がある。
    対象物だ。
    だから自分がどれだけ成長したかがよくわかる。
    卒業して自
  • ぴの耳より情報 (6/2) 「続・9th Note」始まる

    2016-06-02 10:00  
    こんにちは、ぴーすです。
    ダディ(アミーゴ千里)は、本当にあちこちに出没しているらしいわね。
    TOKYO→HAKATA→NAGOYA→AKITA→TOKYO......
    今週、アップされるのは、「ブルックリンでジャズを耕す〜続・9th Note」です。『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』に書かれているのは、日本を私と旅立ち、ニュースクール大学で切磋琢磨して、ようやく卒業、そして自分のレーベルを始めるところまで。今、思い出しても泣けてくる〜。でも、その4年半と同じくらいいろんなことが起こるし、それは今も現在進行形。
    ちょっと時間を巻き戻して、と。今週末には、トークイベントもあるんだった。いったい、いつまでお留守番なのかしら?
    みんさんも良い週末を!