• このエントリーをはてなブックマークに追加
特南の歩き方 牌譜添削version
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特南の歩き方 牌譜添削version

2019-06-25 12:30
    今日の牌譜添削はTさんです。
    今日は打点とアガリやすさのバランスについてお話ししましょう。

    990e7b6eca0e3f34770ea155e90f0a1cbf0ae117

    ちょっと珍しい形ですね。さてどうしますか? (牌譜A)

    deb1bc423893de3e0689b9f7f63314222cdacaa3

    こうしておくのが無難ですね。次巡高確率でチートイツのテンパイが入ります。

    fc2188025ba14b5db77730efbec7ad7417d5f6fe

    まあでも大体こうなってしまいそうです。というわけで
    この素材なら(牌譜A)のトイツ落とし、狙ってみてはいかがでしょう。

    仕掛けてもマンガンチャンスのイーシャンテン

    このケースはテンパイ確率よりも打点に寄せた選択がおすすめです。

    28f2c79a9e6fcf7b0e6eb9ff545cbda8890b26cd

    仕掛けてこのように受ける人は多いですが――

    自分が注目を浴びていなければ筋待ちは効果的ではない

    たとえば門前リーチの場合、他家は無視できないくらい注目を浴びるので
    筋待ちは有効ですが、この仕掛けは他家にそれほど注目を浴びるでしょうか?

    あまりマンズの無筋はケアされないような気がします。だとしたら
    カン5m待ちに受けて両面変化、今回はドラが2mなのでなおさらですね。

    85485170117c37ac19f1d080d1249eac726cb7b7

    事前に
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/08/01
      第4章
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。