• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

選択肢を放棄しない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

選択肢を放棄しない

2020-07-12 12:00
    2edf87091570e26f48b29df2129b9e60727c07e2

    南1局ラス目で迎えた親番です。
    ここで何とかできなければ、ラス回避は難しそう・・・

    55f30780172523dc64bcb5958be82ca55a42ef30

    確かにラス目の親番はゼンツすることが多い
    しかしここで選択肢を簡単に放棄してしまうのではなく――

    ゼンツする未来とオリる未来の比較をせよ

    ということです。この手牌、ゼンツすればテンパイすることくらいはできるかもしれない・・・しかしそのためにかかる負荷はどれくらいだろうか・・・・

    699422ac26614c5ba22d19639da01ef95cdcf927

    巡目と相談、打ち出す牌の危険度とも相談
    対面の五筒:麻雀王国プッシュとも相談、あらゆる判断材料を加味すると

    1万点強差を、残り3局をかけて逆転する
    未来の可能性に託したほうが若干マシではないだろうか?

    78d50e7d549c635336d89e6ddf6308074ea242cb

    いよいよダメか・・・・ いや!この手で
    ゼンツするくらいなら、残り2局に賭けたほうがマシじゃないか?

    115d8dbbfe17ce313327439658af5a441d8afade

    お――

    c3d923682f8fa4191229064ff1faa1075c5f2af0

    もしもあそこで放銃していなければ――

    たとえばオーラス、3着目と20000点差で迎えて
    こんな牌姿をもらったら、きっと後悔するはずです。

    あとは途中で飛んでしまったら
    この
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2020/08/12
      ドラポンフェイカー2
    • 2020/08/13
      特南の歩き方 牌譜添削version
    • 2020/08/31
      平均という指標の罠
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。