• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

2020年度版 現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンが選ぶMリーグランキング 第8位
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年度版 現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンが選ぶMリーグランキング 第8位

2021-01-24 15:40
  • 4
75da67eb146e5ed7304774fa28a0c6fd2b45d43b

みなさんは何を切りますか?
八萬:麻雀王国 そうですね。特に悩まないと思います。

c18f4561de6453746956df6ae9bf3032be7c4a39

何を切る? ではなく、構想に不要な牌を切る

五萬:麻雀王国 なるほど―― 確かにこの牌姿なら
理想とする最終形にどう考えても五萬:麻雀王国は不要となりそうだ。

八萬:麻雀王国ではなく敢えて五萬:麻雀王国としたのは
鳴かれにくいタイミングとか、待ちをボカす効果を狙ってのことでしょう。

8e26f67d74be7d54da5ac42a8959ae173b5c5695
8位・沢崎誠前回8位

本日紹介するのは沢崎プロです。
先打ちして両面待ち固定での当たり牌の釣り出しは古の戦術のようなイメージがあったのですが、実際のところどうなんでしょう?少なくともAIはしなそうな気がしますが…

昨日の記事にレスする形で進めますね。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
なるほど~沢崎さんですね。納得しました。
AIはしなそう…と思ってましたが、リーグ戦とオンライン麻雀の戦略の違いという観点が抜けていました。
沢崎さんは『この人、一体何が見えているんだ?』という手順とアガリが多く、自分の理解を超えた強さだな、と思っていました。
長年リーグ戦を戦ってきたベテランの強さを理解できた気がします。面白い記事でした。

追伸:沢崎さんの打ち方、対戦相手目線だとものすごい嫌ですね~w 一度でも『やられた~』って経験があると、次から何を切って良いのか、思考の迷路に入ってしまいそうです。
4週間前
×
いつも更新お疲れ様です

独特な切り順から何考えてるんだろう?と思うことが多い沢崎プロですが、アガリへの嗅覚、と言われると確かに最終形をイメージしているのが分かりました。

昭和の天才、未だ健在といったところですかね

個人的にも真似出来ないプロらしいプロというイメージで大好きなので、今後も頑張っていただきたいです。
4週間前
×
沢崎さんは楽しそうに打ってるのが良いですよね。
4週間前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

>ゴロごろさん 嫌な打ち方しますよね~。あれを素で出来るのが凄いなーと思います。

>フランシスさん 最終形のイメージはかなり強いでしょうね。天才肌だと思います。

>tooru106さん 確かに楽しそうですw
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。