• このエントリーをはてなブックマークに追加
時間をかけるべき局面
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

時間をかけるべき局面

2019-06-11 13:00
  • 5
3fb8fe144547ca16fb60d04e9ba912030abd4ded
牌譜

麻雀で最も時間をかけるべき局面は? といえば
情報量が多い局面ではないだろうか。たとえばこのような終局間際です。

もう打牌選択はに決まってますが、ここで
カウンティングの漏れがないかのチェックに時間をかけましょう。

ピンズは二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国
マンズは五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国
ソーズは四索:麻雀王国七索:麻雀王国 五索:麻雀王国八索:麻雀王国 六索:麻雀王国九索:麻雀王国

この無筋をまたぐ場に3枚切れの数牌も漏れなくチェックすることです。

特に切りたい候補である四索:麻雀王国八萬:麻雀王国をまたぐ数牌
つまり五索:麻雀王国六索:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国の枚数は、絶対にチェックしておくべきなのです。

今回は・・・該当無しですね。

52e8371d51efa4ae9481458d8fd484525bb08e17

5分の1は基本的に勝負する価値がある

残りツモ番が少ないこの巡目なら、局収支的に勝負する
価値は十分ありますね。つまりこの六萬:麻雀王国をチーして四索:麻雀王国勝負ということです。

5de8a264afba4867644cebacc297ba4bfc1566fe

ただし今回はノープッシュです。ここ天鳳界では
ラス目の親に2着目から放銃するのは重犯罪行為ですから

基本的に勝負する価値はあっても
親殺しの犯罪を犯してまで勝負する価値は無いということです。

局趣旨はプラスででも、期待順位点を考慮すると
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2019/07/24
    第3章 僕が雀荘を辞めたわけ
×
いつも勉強になる記事をありがとうございます。
最後の局面は8mを自分で鳴いているので残り3スジではないでしょうか?
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

ホントですね、カウントミスってました。本文に青字で補足しました。
1ヶ月前
×
一つ目のケースについて質問です。

例えば開局フラットであれば、6mを鳴くという主旨だと思いますが、ワンチャンスの8mを切っても形式テンパイにはならないので、4s切りの間違いでしょうか?
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

誤植でした。すいません。
1ヶ月前
×
ありがとうございます。4sは少しキツめの牌になるので、何か裏技みたいなのがあるのかな?と深読みしてしまいました(汗)
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。