• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

特南の歩き方 牌譜添削version
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特南の歩き方 牌譜添削version

2020-07-03 12:00
  • 4
今日の牌譜添削はSさんです。
連対率が低めとのことで、その原因を知りたいとのことでした。

ba503ab9ce9986a6f00b87f232218ff3c2bb64a6

序盤、中盤にかけての「見切り」方は上手だと思います。

ダメそうな手で安全牌を多めに抱える進行や、上のシーンのようにブロックが足りている時の牌の残し方はgoodですね。

しかしその半面――

f5ea68c682b4f1a2d697e610625398adfefb0128

目一杯に構えたほうが良い手牌でも、安全牌を抱えて進行しているのではないか?という疑惑もあります。

たとえばこのシーンは、残った形もかなり良い上に
まだブロック不足なので、字牌を切って目一杯に構えたいところです。

アガリやすそうな手牌でアガリを逃しているのではないか?

今回の牌譜では少なかったのですが
そういった傾向があるのではないかと予想します。

c772eaab851baa274ee8e1cbbeff875b4070c811

副露手順についても言及します
これは普通に三萬:麻雀王国二筒:麻雀王国を打ったほうが良いでしょう。

副露時の愚形は気にするな

門前進行時の愚形は1ターンにつき1回しか埋める機会はあるませんが、副露時は1ターンにつき2回、上家か
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2020/08/11
    2度受けも愛せよ
  • 2020/08/31
    平均という指標の罠
×
ご添削誠にありがとうございます!大変勉強になります。アガれそうな手で安牌を抱えすぎたり、打点意識が低いのは若干の自覚症状もあり、耳が痛い所です。一方で副露時に好形を追ってしまう癖は今まで気付かず、眼から鱗でした。ご指摘いただいた点を胸に刻み、精進してまいりたいと思います。
1ヶ月前
×
ちなみに、画像2枚目はトップ目ラス前で自分はどうしても引き気味に打ちたくなってしまうのですが、この点差はまだまだ不安と考えるべきか、あるいは点差に関わらずこれくらいの手ならまっすぐ行くべきか、アドバイスいただけますと幸いです。
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

中、終盤ならともかく、安全牌を1枚抱えたところで守備力がたいして上昇しない画像2枚目のような手では、普通に形が決まるまで受け入れマックスにしたほうが良いです。

放銃を避けるようにするだけが守備ではありません。もちろん牌姿にもよりますが、相手がテンパイする前に自分のアガリで封じ込めてしまうのも立派な守備です。
1ヶ月前
×
ありがとうございます。なるほど、、アガリにいくのもまた守備なのですね。意識改革させていただきます。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。