• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

特南の歩き方 牌譜添削version
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特南の歩き方 牌譜添削version

2020-08-13 16:00
  • 2
今日の牌譜添削はSさんです。
7段到達まであと一歩ですね!頑張りましょう!

b5ff8404d511d48a48754efd4cbaaaf722265004

四筒:麻雀王国としていますが打八索:麻雀王国がおすすめです(牌図A)

※参照記事・三色おじさんからの卒業


・雀頭部分が三色に絡むと三色になりずらい

この場合雀頭候補が九索:麻雀王国です。789三色部分に
絡んでいるので、他で雀頭を求めることになりそうです。

・三色以外のターツは1つだけ

三色=3ターツ 必要です。後は雀頭ともう1ターツですね。
一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国からどちらかを排除しなければ三色にはならないということ。

0bca75c3602365495c84bcc8d8c0e10198627366

門前リーチも立派な手役だ

打点を狙うのであれば三色は門前で狙いたいですね。
しかし(牌図A)からは門前三色は難しいと思います。

手役ではなく打点を狙う

麻雀の選択は〇〇と△△の比較です。この牌姿であれば、難しい門前三色よりドラを1枚使ったピンフや、もう1枚ドラを引き入れてのリーチドラ2を狙ったほうが良さそうです。

5d7ac45357f7ede3fed31c3f3276557eb5737443

赤とドラも打点アップの手段

狙いは門前リーチです。ドラ1だけでは打点に不満
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2020/09/19
    特南の歩き方 牌譜添削version
  • 2020/09/21
    我が家の光回線戦争
  • 2020/09/30
    平均という指標の罠
×
添削誠にありがとうございました。打点意識を上げようとするあまり、自分でも気付かぬうちに三色おじさん・手役おじさんになってしまっていました。特に1枚目は純チャンに仕上げてドヤ顔していましたが、実は6巡目のメンピンドラ1を逃していたことには気づきませんでした。。

最後の索子外しは思いつきもしなかったですが、面白いなと思いました。戦略の引出しに入れておきます。打点が必要な場面・不要な場面の見極め、そしてその手段の判断、磨いていきたいと思います。

お陰様で、昨晩七段到達を果たしました。鳳凰卓でも木原プロの教えを胸に頑張ります!
1ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます。

おおおお!!!! 七段昇段おめでとうございます! 鳳凰卓でお会いしましょう(*^^*)
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。