• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

なぜ我々は体験を買うのか?(1,735字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜ我々は体験を買うのか?(1,735字)

2020-05-28 06:00
  • 1
21世紀に入ってから社会に大きな価値変革が起こっている。

それは「物の価値が際限なく下がり続けている」ということだ。人々の物質欲がほぼ満たされ、需要が喚起できなくなってしまった。

これは、おそらく「市場」が生まれてから初めてのことである。人間が文明を築いてから初めてのことかも知れない。

狩猟採集の時代でも飢えや寒さはつきまとっただろうから、所有欲が完全に満たされることはなかった。しかし21世紀になって先進国の富裕層は、もう完全に所有欲が満たされている。これは、人類がいまだ遭遇したことがない事態ということ以上に、想像すらしていなかったことだ。

井上陽水は、70年代に「限りない欲望」という歌を歌った。ある瞬間は満たされた欲望も、気づくと新たな乾きを覚えている――という内容の歌詞で、今聞いてもみずみずしい魅力をたたえている。

この歌に象徴されるように、人々はこれまで「欲望は無限」と思っていた。し
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
読んでいてドキドキしました!
夢なら無限な気もしますが、
数年後には夢も有限であることに気づかされたりするかもしれませんね。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。