• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

日本人の差別とレイシズムについて考える(1,681字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本人の差別とレイシズムについて考える(1,681字)

2020-06-04 06:00
    アメリカでジョージ・フロイドさんという黒人男性が白人の警官に不当逮捕の際に殺されて、しかもその警官がクビになっただけという処分の甘さがあって、全米は大変な騒動になった。各地で抗議のデモが続発し、そのいくつかがやがて暴動へと発展した。フロイドさんを殺した警官はその後逮捕されることになったが、しかしデモをしている人たちの怒りはそれではおさまらない。この不条理をどうしたらなくせるのか、多くの人が回答を持たず、呆然と立ちすくんでいるからだ。

    ところで、アメリカでいう「レイシズム」と日本でいう「差別」は少しニュアンスが違う。「レイシズム」はたいてい「人種差別」と訳さるが、本当は「人種主義」が正しい訳し方だ。

    「人種主義」とは、「人種によって人間には違いがある」とする考え方である。例えば「黒人は足が速い」というのもレイシズムだ。そういう人種間の違いはないとするのが反レイシズムである。

    それでいうと、日
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。