• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

情報リテラシーはどうやったら身につくのか?:その28(1,744字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

情報リテラシーはどうやったら身につくのか?:その28(1,744字)

2021-04-20 06:00
    情報リテラシーを身につけるには、余裕と挑戦心が必要である。
    まず、余裕を持たなければならない。余裕がない状態だと、なかなか挑戦心も持てないだろう。しかし、余裕を持ちすぎてもいけない。そこに胡座をかいてはいけない。挑戦心を失うと、とたんに夾雑物に取り囲まれ、真実を見抜く眼力を失う。そうして、情報リテラシーをも失ってしまう。

    だから、だいじなのは「バランス」だ。余裕と挑戦のバランスである。常にそういう地点を探しながら彷徨することがだいじなのだ。
    それは「学習」にも似ている。学習というのは、簡単すぎてはつまらないが、難しすぎるとついていけなくなる。分かるか分からないかのちょうど境目のところがいいのだ。
    ある程度分かるということの余裕と、少し努力しなければ分からない、しかしその分、分かったときの喜びが大きいという挑戦と、両者が同じくらいに配分されたいい塩梅のポイントを探すことが重要となる。

    そう考
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。