• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

自主制作映画を作った(2,006字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自主制作映画を作った(2,006字)

2015-04-03 06:00
    自主制作映画を作った。タイトルは「小劇場のボクサーたち」。時間は56分の中編だ。これは、「PFFアワード2015」というコンペティションに提出したので、しばらく公開することができない。


    今回、映画を作ったことによって、映画のことをより深く考えられるようになった。具体的には、「映画とは何か?」ということを考えるようになった。
    そこで今日は、「映画とは何か?」ということについて書いてみたい。


    映画を作って分かったのは、映画を作るということは、作っているあらゆる瞬間に「映画とは何か?」という問いを突きつけられるようなものだ――ということだ。そして、映画を作るという行為は、あらゆる瞬間に「これが映画です」という答えを出していく――というものなのだ。

    脚本を書くとき、撮影をするとき、編集をするとき、常に「どうすれば映画になるか?」という問いがある。そして、そのあらゆる
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。