• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

抜け穴はどこか?(1,658字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

抜け穴はどこか?(1,658字)

2020-01-20 06:00
    今は、教育費が高く、それゆえ格差が再生産されている、といわれる。親が貧乏だと子も貧乏になるというのだ。実際、大学別学生の親の年収は、これまでずっと慶応が一位だったが、数年前に東大に変わった。つまり、親が金持ちで子供に教育費をかけなければ東大に入れない、という状況になっている。

    しかしながら、東大はその昔(50年前)、授業料が年1万2000円だった。そして内田樹氏のTweetによれば、当時の東大生は家庭教師をすれば時給にして500円もらえたという。おかげで、月2時間も働けば月謝が払えたのだ。


    それを理由に、「今の日本の教
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。