• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

正解はあります:その5(1,710字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正解はあります:その5(1,710字)

2020-10-22 06:00
    最初の妻と離婚した後の5年間、ぼくは自分の好きなことを貫いた。則ち、小説だけを書き続けた。

    理由は単純で、小説が書きたかったというだけだ。しかし、それで他の仕事ができなくなり、年収は95万円まで落ち込んだ。生活が、これ以上下はないというくらいに落ち込んだ。そうして今度は、生活の苦しさから死にそうになった。

    しかし、それでも仕事をしなかった。ただ小説を書き続けていた。
    なぜかといえば、死んでもいいと思っていたからだ。また、死ぬことはそれほど悪くないと思っていた。それよりも、生きていることの方がよっぽど苦しかった。

    生きていることは必ずしもいいことばかりではない。それが、ぼくがこの期間の人生を通じて得た価値観だ。
    そして、その価値観は今でも変わっていない。だから、『もしドラ』がヒットしても、結婚して最愛の子供が生まれても、「あのとき死ななくて良かった」とは思わない。心底から思わないというだけで
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。