• このエントリーをはてなブックマークに追加
知らないと損をする世界の裏ルール:その3「差別はなくならない」(2,062字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

知らないと損をする世界の裏ルール:その3「差別はなくならない」(2,062字)

2022-01-24 06:00
    多くの人が、「差別をしてはならない」と考えている。が、そのことが人の判断を狂わせ、結果として人間関係を阻害し、社会を混乱させている。なぜかというと、「差別をしてはならない」という考えは、端的にいって誤りだからだ。それを押し通そうとするので、無理が生ずるのである。

    まず、この世から差別はなくならない。むしろ、差別がないと人間社会は存続しない。その意味では「必要悪」といえるかもしれない。しかし差別は、「悪」と呼ぶことすら憚られる、もっと奥の深い概念である。

    なぜ差別がなくならないかというと、差別のない世界というのは、すぐに「新たな差別を生み出す」という矛盾に突き当たるからだ。
    例えば、「貧乏人を差別してはならない」とする。平等に扱わなければならない、と。お金持ちと貧乏人の権利を同じにし、平等にしようとする。

    ところが、これを実現すると、逆にお金持ちも、貧乏人と平等に扱わなければならなくなる。お
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。