• このエントリーをはてなブックマークに追加
『トヨタ生産方式』についてあらためて考えてみる(1,805字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『トヨタ生産方式』についてあらためて考えてみる(1,805字)

2021-12-03 06:00
    大野耐一の『トヨタ生産方式』という本があって、面白く大好きなのだが、どう面白いのか、なぜ面白いのかがいまだに自分自身で腹に落とし込めていない。そこで今日は、『トヨタ生産方式』の面白さについて、あらためて考えてみたい。

    50e03cebe9167b4e9129717756758222b8a5c7ce

    この本には、まず「ジャスト・イン・タイム」というアイデアへの感動がある。「ジャスト・イン・タイム」とは、「ほしいものを、ほしいときに、ほしい分だけ届ける」というシステムのことだ。

    例えば、家のトイレットペーパーが尽きたとする。そのときちょうど、宅急便でAmazonからトイレットペーパーが家に届けば、買いに行く必要がないのはもちろん、棚にストックしておく必要もなく、その分の空間代が浮くし、いろいろ余剰の利益も生まれる。

    これがジャスト・イン・タイムの効用だ。特に生産業における工場での「ストック」行為は金食い虫で、空間代という一時費用のみならず
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。