• このエントリーをはてなブックマークに追加
庭について:その2(1,716字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

庭について:その2(1,716字)

2022-10-07 06:00
  • 2
ぼく自身、他の多くの日本人と同様、庭とは縁遠い暮らしをしてきたのだが、大学3年生のときに研修旅行で京都へ行った。京都の建築を見学するためなのだが、そこで円通寺に行ったのである。円通寺の庭を見た。


ここは、日本一有名な庭の一つである。だから知っている人も多いだろうが、しかし恥ずかしながらぼくは全く知らなかった。そうして、予備知識なしで見にいった。ネタバレなしで行ったのだ。だから、その衝撃はすさまじかった。

ぼくが衝撃を受けたことは2つあって、それは「枯山水」と「借景」である。円通寺の庭には、この2つが最高レベルで備わっていた。

まず枯山水だが、ぼくはいまだにその神髄を理解しているわけではないが、しかしその苔の魅力はたちどころに理解した。指導教官から「近くに寄って見てみろ」と促され、次いで「森に見えないか?」と言われた瞬間から、ぼくには
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

いい記事

No.1 2ヶ月前
userPhoto 岩崎夏海(著者)

>>1
ありがとうございます!

No.2 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。