• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • Vol.268 結城浩/再発見の発想法/ロマンティック数学ナイト/老いに備える知的生活/

    2017-05-16 07:00  
    216pt
    Vol.268 結城浩/再発見の発想法/ロマンティック数学ナイト/老いに備える知的生活/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年5月16日 Vol.268
    はじめに
    おはようございます。結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
     * * *
    新刊の話。
    先週は『数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて』 のカバーイラスト打ち合わせがありました。 結城とデザイナーさんと編集長さんとで話し合って、 カバーのイラストをどんなイメージにするか、 色合いをどうするかという意識合わせと方針決めをする場です。
    いっぽう原稿は出版社で組版を行っており、 今週中には編集部から初校ゲラが届く予定。 初校ゲラを繰り返し読み、 みっちり校正をしていくプロセスに入ります。
    ここまで来れば本が出版されることはほぼ確実ですが、 あとは品質をどこまで上げられるかですね。 時間も能力も限られているわけですので、 配分を考えつつしっかりいきたいと思います。
    そういえば打ち合わせの中でデザイナーさんから、 「数学ガールは大河小説になりつつありますね」 とコメントをいただきました。 形式上、大河小説といえるかは不明ですが、 それなりの冊数も集まりいろんな題材を扱っていますから、 ボリュームがあるシリーズになっているのは確かです。
    各巻を読んでくださる読者さんだけではなく、 全体を「シリーズ」として応援してくださる読者さんもたくさんいます。 だからこそ、一冊一冊を大切に作り上げていかなくてはね。 がんばろう!
     ◆『数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて』  https://bit.ly/girlnote09
    この結城メルマガ執筆中に、 上記のアマゾンリンクをチェックしたところ、 なんと微積分・解析カテゴリで第一位になっていました。 応援ありがとうございます!
     * * *
    Gitを通した学びの話。
    ここしばらく結城はマストドンのインスタンスをいじって楽しんでいます。 マストドンはオープンソースなので誰でも(それなりの経験と技術があれば)、 自分でインスタンスを立ち上げることができます。
    マストドンは他の多くのオープンソースのプログラムと同じように、 バージョンに追従したりするときにはGitの知識が不可欠です。
    結城は執筆作業やプログラミングにGitをずっと使っていますが、 ふだんは一人で作業をしているので、ブランチ機能はそれほど使いません。 本家のソフトウェアに追従するというのもあまりやったことがありませんでした。
    しかし、ここしばらくマストドンをいじっている関係上、 ブランチの理解が急激に深まり、 コマンドも直観的に使えるようにスキルアップしました。
    ネットで公開されているPro Gitの本をあらためて読んでみました。 ブランチ機能の部分もさくさく読めます。 きっと頭の中に(手の中に?)自分が体験した例がたくさんできたからですね。
     ◆Pro Git 第2版(日本語)  https://git-scm.com/book/ja/v2
     ◆Pro Git - Chapter 3 Git のブランチ機能  http://bit.ly/git-doc-branch
    以下の記事は、本家のリポジトリに追従したり、 新規機能を追加したりするためのGitコマンド列を書いたものです。
     ◆gitコマンドのメモ(本家リポジトリに追従・新規機能の追加)  https://snap.textfile.org/20170509104726/
    また、以下の記事は、 本家のマストドンをforkして自分のリポジトリを作る話です。 ここまで書いて私はようやく「理解した」と実感できました。
     ◆本家のマストドンをforkして自分のリポジトリを作る話  https://snap.textfile.org/20170509111842/
     ◆Forking Mastodon (図版)
    ちなみにこの図版はMacのOmniGraffleで作りました。 描くのに掛かった時間はたぶん一時間くらいだと思います。 図を描いた後は、そこに描かれている要素をひとつひとつ指さして、 それが何であるかの説明を試み、 その説明をブログ記事の文章にします。 それは自分に対する「理解度テスト」です。
    ふだん私たちは「きちんと学ぶと実践できる」と考えがちですが、 実はそんなに単純な話ではないのかもしれません。
    見よう見まねで体験を重ねてから本を読んだり、 本を読んでる途中でも自分でやってみたり、 インプットとともにアウトプットもしたり…… そんなふうに「並行して学びが進む」側面もあるんじゃないんでしょうかね。
     * * *
    わかばちゃんの話。
    Gitといえば、湊川さんの 『わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門』が、 アマゾンの開発技法カテゴリでずっと一位を続けているようです。
     ◆『わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉』  https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4863542178/hyuki-22/
    結城もKindle版を買い、ぱらぱらと読ませていただきました。 やさしい内容ですが、図解が多いのと後半部分に出てくる事例や、 追跡ブランチの話などは自分の理解の確認になりました。
    この「わかばちゃん」の本がこれだけ人気になったのは、 プログラマ向けのツール(と考えられがちな)Gitを、 Webデザイナーさんなどの新しい層に紹介したという面も大きそうです。
    ファイルの修正を任意の時点まで戻したり、 他の人の修正と混ぜ合わせたり、 どこを修正したのか調べたりするのは、 プログラマに限った作業ではありません。
    バージョン管理ツールが広く浸透し、作業をしている人たちが、 無駄な時間を使わなくなるようになればいいですね!
     * * *
    新たなマストドンアカウントの話。
    結城は、いわゆる「おひとりさまマストドンインスタンス」を動かしています。 以下のURLでアクセスできます。
     ◆social.hyuki.net  https://social.hyuki.net
    そこに hyuki というアカウントを作って投稿しているのですが、 実験的に別のアカウントも作ってみました (何しろ自分のサーバなので好きなidが作り放題なのです)。
    新しく作ったのは、 結城がはてなブックマークでブックマークしたURLを投稿するbotです。
     ◆結城浩のブックマーク  https://social.hyuki.net/@bookmark
     ◆結城浩のブックマーク(スクリーンショット)
    自分がブックマークしたページを投稿するだけなので、 特に新しい情報が増えたわけではありません。 でも、自分でこういうbotを作ってみると 「なるほど」と感じ入るものがあります。
    自分が「こういうものを作れるんじゃないかな?」と思い、 実際にそれを作ってみて動かす。ちゃんと動いたならば、 自分は理解している。ちゃんと動かなかったら、理解していない。 まさに《例示は理解の試金石》です。
    ブックマークを投稿するアカウントを作るというのは、 それほど難しい話ではありません。でも「自分の手でやってみる」 というところに私は意味を感じています。 自分でやった経験があると、世の中のbotを見たときに、 「おそらく背後ではこんな感じの仕組みが動いているんだろうな」 と想像することが容易になるからです。
    そしてまた、具体的に何かを作ると「次のステップ」も見えてきます。 今回は「結城浩のブックマーク」を投稿するアカウントを作りましたが、 何か定期的に情報を流すようなアカウントを作ることもできそうですよね。 メルマガとも違う、ニュースレターとも違う、ブログとも違う、何かです。
    プログラムの助けを借りると、ネット上ではいろんな活動ができますね!
     * * *
    いろんな活動。
     ◆いろんな結城浩(イメージ図)
     * * *
    雨の音。
    ここ数日、結城は「雨の音」を聞きながら仕事をしています。 iPhoneで以下のSimplyRainというアプリを使っているのです。
     ◆SimplyRain  https://rain.simplynoise.com
    SimplyRainとSimplyNoiseという二種類のアプリがあり、 SimplyRainでは雨の音、SimplyNoiseではホワイトノイズが聞けます。
    雨の音や波の音など、自然界の音を聞いてリラックスするというのは、 それほどめずらしくはありません。 結城も以前、眠るときに波の音を聞いていたことがありました。 SimplyRainはシンプルなデザインで、 選択肢があまりないにも関わらず、 しっくりとくる音になっています。
     ◆SimplyRain(スクリーンショット)
    SimplyRainは仕事中に聞くようにしています。 ほら、雨の日って妙に落ち着いて、 しっとりした気分になりますよね。 じっくりと腰を落ち着けて考えごとをする。 その環境を音を使って作っているわけです。
    雨の音と、ときおり遠くで聞こえる雷の音。 いまこの文章もSimplyRainを聞きながら書いています。
    結城は執筆時にバッハを聞くのが好きですが、 雨の音もなかなかいいものです。 終わりが来ず無限に聞いてられるのもいいですね。
     ◆SimplyRain  https://rain.simplynoise.com
     * * *
    比較の話。
    結城は、こんなふうに思っています。
     勝ち負けを気にしたり、  他と比べたりすると、  かぐわしさは失われる。
    誰でも、どんな分野においても当てはまることですが、 「自分より優れている人」より自分は劣っています。 「自分より劣っている人」より自分は優れているでしょう。 だとすると、基準を他者との比較に置くのはむなしいことです。 もっとも、他者とつい比べて一喜一憂するのが人間の姿でもありますけれど。
    ところで、 結城はよく「アマゾンランキング」について言及します。 あれは比較じゃないんでしょうか(と自問)。
    確かにランキングは他者との比較にほかなりませんが、 結城は「○○という本よりも自分の本がランキング上位だからすごい」 というふうに考えることは少ないみたいです。
    結城の関心は、他の本よりも読者さんにあります。 ランキング上位になるくらい、 たくさんの読者さんが私の本を応援してくださっている! そのポイントに喜びと感謝を感じるのです。
    人は多様なものです。画一的に扱うことはできません。 人が読む本も多様なものです。同じ題材を扱っていても、 ある人にとってはAという本が役に立つし、 別の人にとってはBという本が役に立つというのはよくあることでしょう。
    せっかくの自分の活動を「他者との比較」で台無しにしたくありません。 多くの人の応援を「他者との比較」でむげにするのはよくありません。
     勝ち負けを気にしたり、  他と比べたりすると、  かぐわしさは失われる。
    結城は、そんなふうに思っています。
     * * *
    それではそろそろ、 今回の結城メルマガを始めましょう。
    どうぞ、ごゆっくりお読みください!
    目次
    はじめに
    再発見の発想法 - Branch(ブランチ)
    倉庫ができれば中身もできる
    忘却と戦う代わりにスクリプトを書く - 老いに備える知的生活
    ロマンティック数学ナイトへの出題、結城浩の《挑戦状》
    おわりに
     
  • Vol.258 結城浩/振り返る習慣/考えるためのメモ - 老いに備える知的生活/楽しく数学するコツ/

    2017-03-07 07:00  
    216pt
    Vol.258 結城浩/振り返る習慣/考えるためのメモ - 老いに備える知的生活/楽しく数学するコツ/
    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年3月7日 Vol.258
    はじめに
    おはようございます。結城浩です。
    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。
    最近、家庭の事情で仕事のペースがだいぶ落ちています。 自分の思う通りに時間が使えないと、 どうしてもイライラしがちですよね。 そういうときには、 気持ちを大きく切り換えるように心がけています。
    イライラはコンフリクト(衝突)から発生します。 「仕事のペースを落とさざるを得ない」のに、 「仕事のペースは落としたくない」というのはコンフリクトです。 なので、意識して「現在は、この仕事のペースが正常値なのだ」 と自分に言い聞かせています。
    「気持ちを切り換えよう」「正常値を変えよう」 「基準をずらそう」「想定の範囲を変化させよう」 など、いろんな表現ができるでしょうけれど、 やっていることは同じです。
    ともかく、結城の場合、いったん心決めすると、 イライラがかなり軽減され、精神状態が良くなりますね。 さらに、いつもと同じペースで仕事ができた日があると、 自分のパワーがすごく上がった気持ちになる効果もあります。
    どんな状況でも、 ちょっとした気持ちの持ちようで、 かなり改善はできるものなのですね。
     * * *
    朝の話。
    ここ数ヶ月、我が家の朝ごはんはこんな感じです。
     ◆朝ごはん
     ・スムージー   (ほうれん草、バナナ、みかん、リンゴ)  ・フルーツ入りヨーグルト   (バナナ、キーウィ、ナッツ、はちみつ、こうじ入り)  ・ぶどう、いちご、キンカン
    これは私だけの現象なのか、誰にでもある現象なのか知りませんが、 朝は「赤い色が美しく見える」認識があります。特にイチゴ。 朝に真っ赤なイチゴを見るとしみじみ「美しい」と感じます。
     * * *
    Web連載の話。
    Web連載「数学ガールの秘密ノート」は、 現在「いにしえの数学」というシーズンを過ごしています。
    古代バビロニア、古代エジプト、古代ギリシアと話は進み、 現在は古代中国のお話を展開中。 今シーズンでは、主に紀元前の話を中心に扱っています。
    先週と今週は古代中国の数学テキストである『九章算術』 (きゅうしょうさんじゅつ)がテーマです。 登場人物たちは、 算木というツールを使った計算を学んでいます。
    Web連載は基本的に有料なのですが、Web連載の最新回だけは、 一週間無料で閲覧できるように設定しています。 いろんな読者さんの感想ツイートを読むことができていいですね。
    先週から今週に掛けて、 複数の方から「算木による計算はソロバンに似ている」 というご指摘をいただきました。 結城が書いているときにはそのことに気づけなかったので、 「なるほど!」と膝を打った次第。
    また、感想ツイートだけではなく、 誤植、計算違い、事実誤認などのご指摘をいただくこともよくあります。 先週も、公開直後に @0921Az さんからご指摘をいただきました。
     https://twitter.com/0921Az/status/837913217431003136
    この指摘では、結城の計算が「364×49=14700」 になっていると教えていただきました (正しくは 364×49=17836)。 こういうご指摘はほんとうにありがたいですね。 さっそく修正して、感謝のお返事をしました。
     ◆修正前(スクリーンショット 14700)
     ◆修正後(スクリーンショット 17836)
    結城は、こういうご指摘は大歓迎ですし、 たいへん嬉しいものです。 だって、しっかり読んでくださっている証拠ですから!
    書籍の場合には、 もろもろの事情により修正が難しい場合もあるのですが、 指摘そのものはたいへんありがたいことだと思っております。
     ◆Web連載「数学ガールの秘密ノート」  https://bit.ly/girlnote
     * * *
    コントロールしている実感の話。
    結城メルマガでは「仕事の心がけ」などで、 タスク管理の話をよく書きます。
    結城自身の経験から「こういう方法だとうまく管理できるのでは」 というアイディアを練ったり、文章にまとめるのは大好きです。
    ところであるとき、こんなことを思いました。
    もしかしたら「タスク管理の方法そのもの」 よりも、
     「自分はちゃんとタスク管理しているぞ!」
    という実感が大事なんじゃないだろうか、と。
    つまり、自分は……
     ・自分の活動を把握していて、  ・自分の活動を進捗に貢献させられるし、  ・自分の活動をさらに改善できるぞ。
    ……という実感のことです。 タスク管理することで、この実感を抱く。
    短く表現するなら、
     自分の仕事をコントロールできてる実感
    が重要なのじゃないかな、と思いました。
    世間的にどんなによいと言われているタスク管理手法を使っても、 その手法を通して「自分の仕事をコントロールできてる実感」 が抱けないなら意味がないのかも。
    そんなことを思いました。
     * * *
    確定申告の話。
    三月に入るとあちこちで「確定申告」が話題になります。 三月十五日の期限が直前にせまり、 「もう終わった」「まだやってない」 というつぶやきが聞こえてきます。
    結城は、 一月に終わらせる予定が二月に食い込んで焦りましたが、 すでに終わったので安心しています。
    ちなみに、もう21世紀なのですから……
     感熱紙レシート滅ぶべし!
    と強く思います。消えるレシートに意味はありません!
    それはさておき。
    結城は、自分の会計作業専用にプログラム群を作ってあります。 自分の仕事に特化させて毎年バージョンアップしてきました。 今年もそのプログラム群が大活躍しましたね。 会計作業は苦手なので、 その苦手な部分をプログラムに押しつけた格好です。 自動処理大事です。
    ところで、会計のまとめの時点で、 2016年度の収入に、 記録と入金で大きく乖離していた部分を見つけました。 問題発生です。
    数時間掛けて書類とデータとメールを調べ、 数字を訂正したところ、集計がぴったり合致! ああよかった。
    そのとき結城は、安心するとともに、 「自分は把握している」という強い実感を得ました。 そして、このポイントは重要だなと思いました。
    つまり、こういうことです。
    問題が発生するのは悪いことだと思いがち。 でも、発生した問題をしっかり検出できて、 正しく解決できたなら、 それは自分が状況を把握している証拠です。 言い換えると、問題発生とその解決は、
     自分の仕事をコントロールできてる実感
    を得るチャンスといえるでしょう。
    その意味で、問題の発生は決して悪いことじゃない、 と思うのです。
     * * *
    仕事の風景の話。
    仕事の進め方のことを考えていて、 会社に勤めていた時代のことを思い出しました。
    あるとき、A氏が、 同じ部署のB氏について愚痴を語ります。
     --------  【A氏の発言】  Bさん、いるでしょ?  Bさんがからむ仕事って、いつもやっかいなことになるんですよね。  売上的には重要な仕事なのに、ぐだぐだになって、  こんなのどうするんだみたいな案件になることが多くて……  わたしだったら、あんな仕事の仕方はしないなあ。  --------
    ああ、確かにそうかもしれない……と私は思いました。 B氏が関わる仕事っておおごとになっちゃって、 火を噴くことが多い印象がありましたから。
    ところが数日後、A氏とB氏の上司から、 こんな話を聞きました。
     --------  【上司の発言】  Aくんは、コンパクトで手頃な案件ばかり片付けたがる。  Bくんは、難易度が高い重要な案件にも挑んでくれる。  Bくんは問題点もすぐにエスカレーションしてくれるから、  ほんとうに助かっている。  --------
    この話には、とても考えさせられました。
    A氏の認識が正しいのか、 上司の認識が正しいのかは、私には分かりません。
    ただ、「A氏が見ている仕事の風景」と「上司が見ている仕事の風景」 とでは、ずいぶん違いがあるものだな……と思ったのです。
     * * *
    『重版未定』の話。
    本が重版することを、 重版出来(じゅうはんしゅったい)といいます。
    『重版出来!』というコミックがありますし、 ドラマにもなりましたね。そこでも語られていましたが、 「重版出来」というのは、 出版に関わる人が幸せになる四文字熟語です。
    ところで『重版未定』というコミックもあります。 こちらは、業界のディープな話を、 ペーソスを交えて淡々とした筆致で描いたものです。 「業界あるある話」にも見えますし、 「書籍編集の未来はどっちだ話」にも見えます。 Webで連載されていたものが昨年書籍にまとめられました (ちなみに、重版出来したらしいです)。
     ◆『重版未定:弱小出版社で本の編集をしていますの巻』(川崎昌平)  https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309277888/hyam-22/
    この本もそうですが、 「Web連載をまとめて単行本化する」という流れは、 すっかり一般的になりましたね。 「ブログで人気を博した記事が書籍化」という流れも、 めずらしくなくなりました。
    一昔前なら(現在でも)、 「紙の雑誌で連載していた記事をまとめて単行本化」 というのがよくありました。
    Webか紙か電子書籍かというのは媒体の違いに過ぎず、 読者は「おもしろいものを読みたい」のである、 ということをあらためて思います。
     * * *
    それでは、今回の結城メルマガを始めましょう。
    どうぞ、ごゆっくりお読みください!
    目次
    はじめに
    振り返る習慣 - 仕事の心がけ
    考えるためのメモ - 老いに備える知的生活
    楽しく数学するコツ - Q&A
    おわりに