• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 147件
  • Vol.556 結城浩/モチベーション/私が学んで何になるか/知ったかぶりの上司/自分の小説、おもしろさの判断法/

    2022-11-22 07:00  
    220pt
    Vol.556 結城浩/モチベーション/私が学んで何になるか/知ったかぶりの上司/自分の小説、おもしろさの判断法/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年11月22日 Vol.556
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    『数学ガールの秘密ノート』第16作目の話。
    だいぶ苦戦していましたが、先週の土曜日にようやく第3章をレビューアさんに送ることができました。感謝です。
    今週から第4章です。引き続きがんばって毎日こつこつ進んでいきますよ〜!
    ◆『数学ガールの秘密ノート』第16作https://note16.hyuki.net/
    なお「毎日こつこつ」の様子は作業ログで垣間見ることができます。
    ◆結城浩の作業ログhttps://log.hyuki.net/
    * * *
    MastodonとTwitterの話。
    Vol.555でもお伝えしましたが、分散型のSNS「マストドン」(Mastodon)を数年ぶりに再開しました。
    ◆結城浩のMastodonアカウント紹介https://gist.github.com/hyuki/f33ca0572a168b8d307ca4c9a072aec0
    Twitter同様にのんびりと好きなことを投稿していますので、よろしければフォローしてください。
    ◆結城浩のマストドン(スクリーンショット)
    Twitterではときどき「Twitter終了」がトレンドに上がっています。実際にTwitterがすぐに終わりを迎えるかどうかはわかりませんけれど、Twitter以外のSNSアカウントも多少整備しておくのは悪くないことだと思います。
    ああ、それから自分のツイートが大事な人はバックアップもお忘れなく。バックアップについては以下の公式ページで「アーカイブをリクエスト」を見てください。
    ◆Twitterデータを利用する方法(Twitter公式ページ)https://help.twitter.com/ja/managing-your-account/accessing-your-twitter-data
    ところで、TwitterかMastodonかDiscordかといったプラットホーム自体の話題も大事ですけれど、いまTwitterでやりとりしているネットでの関係性をどのように考えるかも大事ですね。
    実際「Twitter終了」を検索してみると「ねえ、Twitterが終了したら、みんなはどこに行くの?」のようにあたりをうかがうツイートが散見されます。
    現代では、たとえリアルで会ったことがなくても重要な人間関係はたくさんあります。重要な相手との連絡手段は複数キープしておくのは大事でしょうね。そんなことを思いました。
    それでは今回の結城メルマガもどうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    選択肢と作業開始とモチベーションの関係 - 仕事の心がけ
    「私がこれを学んだところでいったい何になるのか」という思いがやってくる - 学ぶときの心がけ
    知ったかぶりをする上司に対処する方法 - コミュニケーションのヒント
    幅広く学ぶことと絞って学ぶこと - 学ぶときの心がけ
    自分が書いた小説がおもしろいかどうか、どうやって判断するか - 文章を書く心がけ
     
  • Vol.554 結城浩/《勘違い》で本を生む/プログラミングの授業についていけない/指摘を受けると涙/未知の問題が解けない/主観とハードウェア/

    2022-11-08 07:00  
    220pt
    Vol.554 結城浩/《勘違い》で本を生む/プログラミングの授業についていけない/指摘を受けると涙/未知の問題が解けない/主観とハードウェア/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年11月8日 Vol.554
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    『数学ガールの秘密ノート』第16作目の話。
    先週、ようやくレビューアさんに第2章を送ることができ、先週末から第3章に入りました。うれしいですね。
    一章ずつ進むのはもどかしいといえばもどかしいのですけれど、それが歩みというものなのでしょう。その一歩一歩を楽しんでいきたいと思います。
    * * *
    AIシステムで作る画像の話。
    この結城メルマガでは何回かに渡ってAIシステムで作る画像の話を紹介しました。
    ◆Vol.541: DALL-E: 短い文章から驚くほどリアルな画像を作るAIシステムhttps://link.hyuki.net/mm541
    ◆Vol.545: AIシステム「midjourney」が作り出す美しい画像の世界https://link.hyuki.net/mm545
    ◆Vol.549: AIシステム「Stable Diffusion」で楽しむ美しい画像の世界https://link.hyuki.net/mm549
    結城は現在でもこれらのシステムを相互に活用して画像を作っています。
    これまでに作ったものは、以前はTwitterの「モーメント」にまとめていましたが、最近のものはずっと「ArtStation」というサイトにまとめています。少しずつ増え続けて現在は100枚近い枚数になっています。ご笑覧いただければ感謝です。
    ◆ArtStation - Hiroshi Yukihttps://www.artstation.com/hyuki0000
    * * *
    それでは今回の結城メルマガもどうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    実り多い《勘違い》が本を生み出している - 本を書く心がけ
    大学で学ぶプログラミング言語の授業についていけない - 学ぶときの心がけ
    大学生、指摘を受けるとすぐに泣いてしまう - コミュニケーションのヒント
    未知の問題を解くことができない - 学ぶときの心がけ
    自分の主観とハードウェア - 散歩しながら考えたこと
    実り多い《勘違い》が本を生み出している - 本を書く心がけ
    結城はWeb連載「数学ガールの秘密ノート」を毎週金曜日に更新しています。そして十週分の記事(1シーズン)をまとめることによって一冊の本ができあがります。
    ◆Web連載「数学ガールの秘密ノート」https://girlnote.hyuki.net/
    たとえば先日上梓した『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』の場合のお話をします。
    Web連載で「波」について書いたシーズン15は2016年1月8日から十週間続きました(第141回から第150回)。そしてそれから6年後の今年2022年に『波の重ね合わせ』として本にまとまりました。6年も過ぎていたのですね。現在のWeb連載はシーズン38。こちらもずいぶん進んでいます。
    Web連載としてすでに書いたものがあるんだから、それをまとめれば一冊の本ができあがり……とはいきません。ぜんぜん違います。
    Web連載として書いたものを本にまとめるとき、宣伝文句としてはこんなふうに紹介します。
     書籍化にあたっては、加筆修正をたくさん行い、練習問題や研究問題も追加しました。
    これはウソではありませんけれど、あくまで定型文の一種です。実際のところ「加筆修正をたくさん行い」という次元じゃないくらい加筆修正と再構成をしていますね。
    正直言うと、本としてまとめ始める前には「ゆーて、Web連載としてある程度はまとめたものだから、すぐに書けるでしょう」という考えがないわけではありません。しかしながら、本としてまとめ作業を進めていけばいくほど「波」というものがとても深い内容を含んでいることを痛感しました。
    「波」なんて、身近なものだし、Web連載の内容もそれほど難解なことを書いているわけではありません。でも、いざ本としてしっかりまとめようと思うとぜんぜん単純にはいかないのです。
    何度も「どうして過去の私は、この本を『すぐに書けるでしょう』などと思ったのか!」と憤ることがありました。
    もっとも「この本なら、すぐに書けるでしょう」という《勘違い》がなければ、本を書き始めようとすら思わないかもしれないので、《勘違い》も大事なのですけれどね。
    今回の『波の重ね合わせ』は結城の60冊目の本になります。毎回毎回「この本なら、すぐに書けるでしょう」という《勘違い》で書いてきたのかもしれません!
    結城は現在、次の本『数学ガールの秘密ノート』第16作目(NOTE16)の第3章に取り組んでいます。そして今回も書き始める前には「この本なら、すぐに書けるでしょう」と思ったのですが「どうして私はそんなことを思ったんだろう」と思う日々です。
    これまでもずっとそうだったので、きっと今後も同じことが繰り返されるはずです。
    「この本なら、すぐに書けるでしょう」というのは、たいへん実り多い《勘違い》なのですね!
    ◆2022年『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』https://pnote2.hyuki.net
    ◆2016年「波を作る(前編)」- Web連載「数学ガールの秘密ノート」https://girlnote.hyuki.net/trial/141/
    ◆連載から書籍を作るということhttps://mm.hyuki.net/n/n0e13e649fb1e
     
  • Vol.551 結城浩/仕事の要領が悪い自分が嫌い/新しい技術を学ぶときにやること/プロフィールを書こう/秋を感じる/再発見の発想法/

    2022-10-18 07:00  
    220pt
    Vol.551 結城浩/仕事の要領が悪い自分が嫌い/新しい技術を学ぶときにやること/プロフィールを書こう/秋を感じる/再発見の発想法/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年10月18日 Vol.551
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    早くも2022年10月が後半に入りましたね! 今年2022年も残り二ヶ月半を切りました。ほんとに時の経つのは早いものです。
    秋から冬にかけては気温も下がってくるので、ちょっと油断すると体調を崩しそうになります。
    結城は「喉が痛い」状況がとても苦手。ちょっと喉に違和感を覚えたらすぐに「葛根湯」を飲みます。そしてお腹と首と肩にドライヤーで温風を当て、温かい飲み物をいただいてゆっくり過ごします。首回りにタオルを巻いて保温に努めることもあります。早め早めに対処をするとすぐに回復するのがいいですね。
    最近は、次の新刊となる「数学ガールの秘密ノート」第16弾(NOTE16)に心を向けています。まだまだ執筆序盤でうろうろしているところなので頑張っていきたいですね。先日、まだ情報は何もありませんが、NOTE16のランディングページだけ作りました。少しずつ気分を盛り上げていきますぞ!
    ◆「数学ガールの秘密ノート」第16弾(NOTE16)ランディングページ(情報は特にありません)https://note16.hyuki.net/
    今週の金曜日から、しばらくオフシーズンになっていたWeb連載の新シーズンが始まります。またやさしく楽しい対話が始まりますよ!ぜひご期待くださいね。
    ◆Web連載「数学ガールの秘密ノート」https://girlnote.hyuki.net/
    なお、数学ガールに関するお知らせは、無料ニュースレター「お知らせメール」でもお伝えしていますので、ぜひご登録ください。
    ◆数学ガールのお知らせメールhttps://mathgirls.hyuki.net/
    * * *
    それでは今回の結城メルマガもどうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    noteやブログを書く人は、プロフィールも書きましょう - 文章を書く心がけ
    新しい技術を学ぶときに最初にやることは? - 学ぶときの心がけ
    仕事の要領が悪い自分が嫌い。どう矯正したらいいか - 仕事の心がけ
    秋を感じる心・秋で感じる心
    ヒアドキュメント - 再発見の発想法
     
  • Vol.548 結城浩/文系エンジニア、数学の苦手意識に悩む/軽んじられたくない/執筆活動を10年単位でふり返る/

    2022-09-27 07:00  
    220pt
    Vol.548 結城浩/文系エンジニア、数学の苦手意識に悩む/軽んじられたくない/執筆活動を10年単位でふり返る/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年9月27日 Vol.548
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    ふと「半年前、自分は何をしていたのかな」と思って過去の作業ログを眺めていました。
    半年前は「数学ガールの秘密ノート」シリーズの『図形の証明』が刊行されたところでした。
    ◆『数学ガールの秘密ノート/図形の証明』https://note15.hyuki.net/
    当時の作業ログを見てみると「そろそろpnote2の本番書きに入ろう」などと書かれていました。このpnote2は先日刊行されたばかりの『波の重ね合わせ』のことです。ちょうど半年前に「本番書き」に入ろうとしていた本がようやく刊行されたということですね。
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』https://pnote2.hyuki.net/
    一年間で二冊ほど書いているので、半年前に書籍執筆の仕事がだいたい現在と同じフェーズになっているというのは不思議なことではありません。でも、何だか新しい発見をしたような気持ちです。
    つまり、半年前の作業ログを見ながら作業するなら、過去の自分と進捗競争できるんですね(!)。競争する必要はないけれど、ランニングで仲間と併走するような感じにならないかな。
    * * *
    それでは今回の結城メルマガもどうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    最近、会社がつまらない - 仕事の心がけ
    文系エンジニア、数学の苦手意識に悩む - 学ぶときの心がけ
    他人から軽んじられたくない - 人生を歩む
    10年単位で執筆をふり返る - 本を書く心がけ
     
  • Vol.547 結城浩/プログラミングに興味を持ったきっかけ/文章を読み返すとき/決めつけ過ぎると悩みは深くなる/大盤振る舞いと対価の関係/再発見の発想法/

    2022-09-20 07:00  
    220pt
    Vol.547 結城浩/プログラミングに興味を持ったきっかけ/文章を読み返すとき/決めつけ過ぎると悩みは深くなる/大盤振る舞いと対価の関係/再発見の発想法/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年9月20日 Vol.547
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    大型で強い台風14号(ナンマドル)が日本に上陸しました。報道によれば、このメルマガが配信される頃には、東日本から北日本へ進んでいると思われます。どうか大きな災害になりませんように。
    * * *
    最新刊が刊行されました!
    先週、結城浩の最新刊『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』が刊行されました!感謝です!
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』https://pnote2.hyuki.net/
    さっそく多くの方がお読みくださっているようです。ありがとうございます!引き続き応援よろしくお願いいたします。
    * * *
    30%ポイント還元セールの話。
    結城の本(Kindle版)の「30%ポイント還元セール」は2022年9月22日までです。
    ◆「暗号技術入門」「再発見の発想法」「プログラマの数学」など、多数のKindle本が30%ポイント還元セールです!(2022年9月22日まで)https://mm.hyuki.net/n/ncd9c44f6a5de
    ぜひこの機会をご利用ください。
    * * *
    それでは今回の結城メルマガもどうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    プログラミングに興味を持ったきっかけは?
    読み進むのが難しい本はあきらめるのがいいのか - 学ぶときの心がけ
    文章を読み返すときに - 散歩しながら考えたこと
    決めつけ過ぎると悩みは深くなる - 人生を歩む
    「大盤振る舞い」と「対価」の関係について
    バックグラウンドプロセス - 再発見の発想法
     
  • Vol.546 結城浩/後回しにしがち/親しくなりたいのに会話が苦手/科学的思考/42歳、感じたことを文章で表現したい/

    2022-09-13 07:00  
    220pt
    Vol.546 結城浩/後回しにしがち/親しくなりたいのに会話が苦手/科学的思考/42歳、感じたことを文章で表現したい/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年9月13日 Vol.546
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    最新刊のお知らせ。
    結城浩の最新刊『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』はいよいよ今週末(2022年9月16日以降)の刊行です!
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』(POP画像)
    今回も《サイン本》が《通常本》と同時期に販売されます。取り扱い書店一覧と出版社からのお願いが以下にまとめてありますのでご覧ください。
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』《サイン本》取り扱い店舗一覧https://mm.hyuki.net/n/nc97718c231ec
    先週末、編集部から送られてきた、生まれたての本にせっせとサインしましたよ。いつものスレッドお化け坊やを数百匹も描きました!(お化けは「匹」で数えるのかな?)
    今回の『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』は「物理ノート」シリーズの二冊目であると共に、結城が書いた60冊目の本でもあります。60冊……1993年から現在まで継続的に本を書くことができたのは、ひとえに読者さんのおかげです。ありがとうございます!
    今回の本も、読者さんのところへ無事に届きますように!
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』https://pnote2.hyuki.net/
    * * *
    30%ポイント還元セールの話。
    結城の本(Kindle版)が「30%ポイント還元セール」になっています!(2022年9月22日まで)
    ◆「数学ガール」シリーズ(6冊)https://www.amazon.co.jp/dp/B07B6TVR3W/?tag=hyuki-22
    ◆「数学ガールの秘密ノート」シリーズ(15冊)https://www.amazon.co.jp/dp/B079VYC9F5/?tag=hyuki-22
    ◆『数学ガールの物理ノート/ニュートン力学』https://www.amazon.co.jp/dp/B093PZLQMQ/?tag=hyuki-22
    その他、多数の本が「30%ポイント還元セール」となっています。
    ◆「暗号技術入門」「再発見の発想法」「プログラマの数学」など、多数のKindle本が30%ポイント還元セールです!(2022年9月22日まで)https://mm.hyuki.net/n/ncd9c44f6a5de
    ぜひこの機会をご利用ください。
    * * *
    それでは今回の結城メルマガもどうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    面倒なことを後回しにしがちなパターンを改善したい
    親しくなりたい気持ちはあるけれど話題が思いつかず会話が苦手 - コミュニケーションのヒント
    科学的な考え方を身に付けるトレーニング - 学ぶときの心がけ
    42歳、自分が感じたことを文章で表現できるようになりたい - 文章を書く心がけ
    認識の局所性について - 散歩しながら考えたこと
     
  • Vol.543 結城浩/学生時代/怒鳴る父親/人の喜びと自分の負担/もっと大きな仕事をしようと思わないのか/

    2022-08-23 07:00  
    220pt
    Vol.543 結城浩/学生時代/怒鳴る父親/人の喜びと自分の負担/もっと大きな仕事をしようと思わないのか/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年8月23日 Vol.543
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    新刊恒例《サイン本無料プレゼント》です!
    結城は新刊が刊行されるときに、個人的な企画として《サイン本無料プレゼント》を行っています。
    詳しい要項は以下のブログ記事に書いてありますので、ぜひお気軽にご応募ください!〆切に注意してくださいね。
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』《サイン本無料プレゼント》(〆切は2022年8月30日)https://snap.hyuki.net/20220822102621/
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』(表紙)
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』https://pnote2.hyuki.net/
    物理ノートの第二弾「波の重ね合わせ」は、いよいよ来月刊行です。ぜひ、応援してくださいね!
    * * *
    夏の半額セールです!
    多数の電子書籍が半額セールになっていますので、ぜひこの機会をご利用ください。夏の読書にいかがでしょう!
    数学ガールシリーズ(6冊)
    数学ガールの秘密ノートシリーズ(最新刊以外の14冊)
    数学ガールの物理ノートシリーズ(ニュートン力学1冊)
    数学ガールの誕生(講演集1冊)
    再発見の発想法
    プログラマの数学
    ◆「数学ガール」「再発見の発想法」「プログラマの数学」など、多数の電子書籍が夏の半額セールです!(2022年8月25日まで)https://mm.hyuki.net/n/n891a34366f23
    * * *
    それでは今回の結城メルマガもどうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    学生時代にもっと勉強していればと後悔している - 学ぶときの心がけ
    怒鳴り散らす父親が苦手
    人の喜びと自分の負担のバランス - 人生を歩む
    質問に回答しながら思うこと
    もっと大きな仕事をしようと思わないのか
     
  • Vol.542 結城浩/自分ができるレベルを他人にも求めてしまう/パクられる不安/本質を突いた疑問/

    2022-08-16 07:00  
    220pt
    Vol.542 結城浩/自分ができるレベルを他人にも求めてしまう/パクられる不安/本質を突いた疑問/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年8月16日 Vol.542
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    はじめにお断りしておきますが、今週の結城メルマガVol.542は、作者体調不良のため短縮号となっています。ご了承ください。
    * * *
    夏の半額セールです!
    ◆「数学ガール」「再発見の発想法」「プログラマの数学」など、多数の電子書籍が夏の半額セールです!(2022年8月25日まで)https://mm.hyuki.net/n/n891a34366f23
    * * *
    体調不良の話。
    先週の水曜日までは普通に元気で、日々の作業もいつものようにこなしていました。
    水曜日の夜から肩が痛くなり、それ以降、日曜日までほとんど寝込んでいる状態となってしまいました。とほほ。
    体調を崩したときに非常に困るのは「原稿の〆切」です。結局、先週金曜日のWeb連載更新はお休みにさせていただき、今週火曜日のメルマガ配信(つまりこのメルマガ)も短縮号にさせていただくことにしました。たいへん申し訳ありません。
    今回、間が悪いことに、月に一回の技術評論社Software Design誌のコラム〆切とばっちりぶつかってしまいました。体調を崩したのがもう少し前後にズレてくれれば調整のしようがあったのですが、ぴったりぶつかったのでどうしようもありません。
    そこで、痛み止めの薬を飲んで一時的に動ける状態になった隙を狙って超高速で原稿を提出しました。これはかなり無理をした状態なので、何度も使えない手です。貴重な数時間を絞り出して駆け抜けるような感覚です。
    その限られた時間で書き上げることができたのは、事前にDynalistで内容のアウトラインを作っていたからです。作業ログによりますと、火曜日の朝に内容を膨らませる作業を行っていますね。このときはもちろん一日後に体調が悪くなるなんて気付いていません。前準備を進めておいてくれてありがとう!と火曜日の私に感謝しておきたいですね。
    * * *
    新刊『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』の話。
    前回の結城メルマガで「再校ゲラがやってきました」というお話を書きました。そうです。今回の体調不良と再校ゲラ読みもまた、ばっちりバッティングしてしまいました。
    しかし、感謝なことにこれも、早め早めに作業を進めていたので、作業ログによれば火曜日で最終確認まで終わっていました。残り作業としては、編集部からやってくるわずかな指摘事項を反映させるだけという状態でした。いや、ほんとに、前倒しで作業しておいてよかった……(涙)
    今回の書籍『波の重ね合わせ』は2022年9月の刊行予定です。すでに書店では予約が始まっています。今週のどこかでは書影がやってくるはず。楽しみです! ぜひ、応援よろしくお願いいたします。
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』https://pnote2.hyuki.net/
    * * *
    いつもの結城メルマガは、読み物が数本ありますが、今回は短縮号ということで短めの記事三本だけになります。
    来週にはまた元気な作者に戻ると思います。ぜひ回復をお祈りください。
    目次
    自分ができるレベルを他人にも求めてしまう
    パクられる不安にどう対処するか
    本質を突いた疑問を抱くことができない - 学ぶときの心がけ
     
  • Vol.539 結城浩/cakesクローズのアナウンス/作業ログからの経験則/良い文章を書く/成績を上げてまわりを驚かせたい/

    2022-07-26 07:00  
    220pt
    Vol.539 結城浩/cakesクローズのアナウンス/作業ログからの経験則/良い文章を書く/成績を上げてまわりを驚かせたい/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年7月26日 Vol.539
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    新刊のアナウンスです!
    『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』が2022年9月に刊行になります!
    ◆『数学ガールの物理ノート/波の重ね合わせ』(2022年9月刊行)https://pnote2.hyuki.net/
    これは、いまからちょうど一年前になる2021年7月に刊行された『数学ガールの物理ノート/ニュートン力学』に続く、「数学ガールの物理ノート」シリーズの第二作目になります。
    ◆『数学ガールの物理ノート/ニュートン力学』(2021年7月刊行)https://pnote1.hyuki.net/
    これでようやく「数学ガールの物理ノート」を胸を張って「シリーズ」と呼べます。何しろ一冊だけではちょっとシリーズとは言いにくいですからね。
    今回のテーマは「波」で、内容としては高校で学ぶ物理学の範囲が主になりますが、三角関数の基本的な理解を深めたり、最終章ではフーリエ展開の話題に踏み込んだりして、広がりのある内容になっています。どうぞご期待ください!
    『波の重ね合わせ』刊行予定をTwitterでアナウンスしたのが2022年7月21日で、たくさんの読者さんから応援メッセージをいただき感謝です。
    今回の『波の重ね合わせ』は、結城が執筆した本の「60冊目」になります。1993年以来ずっと本を書き続けてくることができたのは、ひとえに継続して応援してくださる読者さんがいらっしゃるからです。ありがとうございます!
    ◆結城浩の書いた本一覧(PDF)https://www.hyuki.com/pub/pubs.pdf
    2022年7月23日には『波の重ね合わせ』は、アマゾンの物理学の新着ランキングで第1位になりました。さっそくのご予約&応援に感謝です!
    刊行までにやることはまだまだたくさんあります。がんばっていきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。
    * * *
    それでは、今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
    今回から「数学ガールのお引っ越し」にまつわるあれこれを書きながら「ネットで文章を書いていく」ことについて考えたいと思います。今回は「cakesクローズのアナウンスで考えたこと」です。
    目次
    作業ログを書いて得られる経験則 - 仕事の心がけ
    異性と「オタ活」していると、告白されてしまい困惑
    何を読めば良い文章が書けるようになるか - 文章を書く心がけ
    誰にも頼らず成績を上げてまわりを驚かせたい - 学ぶときの心がけ
    cakesクローズのアナウンスで考えたこと - 数学ガールのお引っ越し
    作業ログを書いて得られる経験則 - 仕事の心がけ
    結城は毎日仕事を進めながら「作業ログ」を書いています。
    作業ログを書いていて得られる経験則はたくさんありますが、たとえば次の三点は代表的なものです。
    「これは大事な事柄だから絶対忘れない」と思っても、きれいさっぱり忘れる。
    「これは簡単な作業だから一瞬でできる」と思っても、一瞬ではできない。
    「これは些細な変更だからトラブルにならない」と思っても、トラブルになる。
    どれほど大事な事柄でも、きれいさっぱり忘れます。見事に忘れます。ですから、大事な事柄こそちゃんと記録に残さなきゃ失敗します。良い習慣を身につけようと決心しても、その決心そのものを忘れてしまいますから、習慣づけする仕組みを作らなきゃ駄目です。たとえば機械の助けを借りて自分にリマインドする。そうしないと習慣付けは不可能です。
    どれほど簡単な作業でも、一瞬ではできません。作業のためにはちゃんと時間を確保しなきゃいけません。またどんなに簡単な作業でもうまくいかない場合があります。そういうときにリカバーする時間や、作業の途中で新たな作業に気付いた場合の時間も考える必要があります。
    どんなに些細な変更でも、変更は変更です。変更があるということは、予想外のことが起きるものです。新しいものは、うまく動きません。初めてのことは、時間が掛かります。自分の目には小さな変更に見えても、システムにとってはとんでもなく大きな変更になっていることがあります。
    「とほほ……」と言いたくなる三点を一気に書いてきましたが「作業ログ」をつけていると、このような「とほほ」がよく起きることがわかります。
    * * *
    結城が「作業ログ」を書くときには10分〜2時間くらいの単位で「やったこと」を記録するようにしています。自分の「予定」よりは「実績」を中心に書いています。予定や希望は「忘れないはず」「一瞬でできるはず」「トラブルにならないはず」と考えがちですけれど、実際にはウソになることも多いでしょう。それに対して、実績はウソをつきません。
    一時間でここまで進むだろうと思う。でも進まない。一日あればこのくらいできるだろうと思う。でもできない。一週間でこのくらい書けるかなと思う。でも書けない。「実績」という名の作業ログを日々書いていると、自分の現実的な生産性がよくわかります。
    * * *
    しかしながら、作業ログを通じて自分の「実績」を毎日見ていると、楽観も悲観もしなくなってきます。これだけの時間でここまで進むだろうと思っても、そこまでは進みません。進みませんが、いつもの「実績」くらいは進んでいることが多いものです。自分の期待ほどは進捗しない。でも、自分のふだんの実績ほどは進捗します。本当に、実績はウソをつかないのです。
    自分がふだんできるレベルのことは、できる。ふだんの進捗と同じ進捗は、ある。ふだんの実績と同じような実績は、得られる。何しろそれが「ふだんの実績」なのですから。進捗ダメですというのは、自分の期待や希望的観測とずれているだけです。
    作業ログを日々書いていると、ウソを付かない自分の「実績」を学びます。自分の「ふだん」を学びます。ですから、期待したほど進まなくてもめげない。希望ほど進まなくてもあせらない。淡々と「実績」を記録し、淡々と時間を確保して作業を続ける。
    自分が書く作業ログは重要です。世の中のどんなノウハウ本にも一般的な事項しか書いてありません。でも、自分が書く作業ログを読み返すと、自分の実績が生のままそこに残っています。自分の「ふだん」を知ることで、これから先の「ふだん」の自分に起きることがわかる。自分の過去を見ることで、自分の未来を予測できる。
    自分のふだんの実績で、等身大の自分を知ることができる。
    それは、作業ログを書いていて得られることのうち、もっとも大切なものの一つです。
    「結城浩の作業ログ」は2020年から、ひと月200円で購読できるようになっています。Web連載が新サイトに引っ越してからは、ひと月500円でさらにWeb連載「数学ガールの秘密ノート」読み放題の特典も付きました。いつもご支援ありがとうございます。
    ◆結城浩の作業ログhttps://log.hyuki.net/
     
  • Vol.538 結城浩/感情をあまり表にできなくて/自分より実力のある後輩にモヤモヤ/苦労して学んだことを気軽に教えてもらおうとする相手/再発見の発想法/

    2022-07-19 07:00  
    220pt
    Vol.538 結城浩/感情をあまり表にできなくて/自分より実力のある後輩にモヤモヤ/苦労して学んだことを気軽に教えてもらおうとする相手/再発見の発想法/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年7月19日 Vol.538
    はじめに
    こんにちは、結城浩です。
    いよいよ、Web連載「数学ガールの秘密ノート」新シーズンが始まりました!
    ◆第361回 円と極座標(前編)https://girlnote.hyuki.net/trial/361/
    cakes終了にともなって始まった「数学ガールのお引っ越し」は無事に終わり、2022年7月1日に新サイトとしてオープンしました。
    そして先週の7月15日(金)から、その新サイトでの「新シーズン」が始まりました。Web連載の「シーズン」は10週間続き、毎週金曜日に新しい記事が公開になります。もちろん今週の金曜日、7月22日には次の記事が公開となります。
    こうした情報を通知する無料のニュースレター「数学ガールのお知らせメール」も数百人の登録者に増えました。cakesの記事を読んでくださった人の多くが登録してくださり、たいへん励まされています。
    ◆数学ガールのお知らせメールhttps://mathgirls.hyuki.net/
    Web連載「数学ガールの秘密ノート」は公開済みの記事はすべて前半を無料で試し読みできるようになっています。また、ひと月500円でご購読いただくと、すべての記事が読み放題になります。現在のところはまだcakes時代の収入とまではいきませんけれど、購読してくださっている方も少しずつ増えてきています。ありがたいことです。
    楽しい数学読み物を書き続けていきたいと思っていますので、SNSでのご紹介、ブログ記事などでの試し読みの感想、そしてもちろんご購読などを通じてご支援いただければ感謝です。
    特に、結城がリーチできない方々へ「最新回が無料で読める楽しい数学読み物があります」といった形でご紹介いただければ大きな助けとなりますので、よろしくお願いいたします。
    ◆Web連載「数学ガールの秘密ノート」https://girlnote.hyuki.net/
    よろしくお願いいたします。
    * * *
    それでは、今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。
    目次
    自分の感情をあまり表にできないけれど - コミュニケーションのヒント
    自分よりも実力のある後輩にどう接するか - 学ぶときの心がけ
    苦労して学んだことを気軽に教えてもらおうとする相手にイライラ - 教えるときの心がけ
    非推奨 - 再発見の発想法