• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • Vol.422 結城浩/DeepL翻訳/学生のうちにやること/二つの数学/運命なのか/進捗が悪いときには/

    2020-04-28 07:00  
    220pt
    Vol.422 結城浩/DeepL翻訳/学生のうちにやること/二つの数学/運命なのか/進捗が悪いときには/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年4月28日 Vol.422
    目次
    DeepL翻訳を使ってみる
    学生時代にやっておいた方がよかったこと - 学ぶときの心がけ
    二つの数学 - 学ぶときの心がけ
    コードは見た目か効率か
    「これは運命だから」と考えるのは悪いことか
    進捗が悪いときにはどうしたらいいか - 仕事の心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    最新刊『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』の話。
    現在の社会情勢を考え、出版社の判断により五月に予定していた刊行はなくなりました。アマゾンでも出版予定日が六月に変更になっていますけれど、現時点では「何月何日に刊行されます」と断言することは難しい状況です。
    ご予約くださった方、出版を期待して下さっている方にはたいへんご迷惑をお掛けしますが、どうかご了承ください。
    一日も早く世の中が落ち着き、いつものように新刊をみんなで楽しめる状況になることを切望しています。
    それはそれとして、本の制作は続きます。先日は再校ゲラが到着しました。少しでもよいものを読者さんに届けるため、校正を続けていきましょう!
    ◆『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』(アマゾン)https://www.amazon.co.jp/dp/4815606021/?tag=hyuki-22
    ◆『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』Web立ち読み版http://ul.sbcr.jp/MATH-AFP7o
    * * *
    本を作る話。
    上でお話しした通り、出版に関しては、判断が難しく不透明な状況がしばらく続くでしょう。
    しかしながら、と結城は考えます。
    もともと、結城の「本を作る」という活動は、長期的な視野に立って行っているものです。今日作って今日出すもの、明日作って明日出すものではありません。
    そのように考えるなら、自分を取り巻く環境が揺れ動いていたとしても、自分の足場をしっかりと固めて日々の作業を進めていくことが大事であると思います。
    毎日の勉強を進めること、新しい企画を考えること、資料を整理しアイディアを練って文章を組み上げていくこと。
    そのような一歩一歩を大切にして進んでいきたいと願っています。
    * * *
    では、今回の結城メルマガを始めましょう。
    どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.421 結城浩/結城浩のもくもく会/相手を想像する力/結論から話すのが苦手/やる気が出ない/

    2020-04-21 07:00  
    220pt
    Vol.421 結城浩/結城浩のもくもく会/相手を想像する力/結論から話すのが苦手/やる気が出ない/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年4月21日 Vol.421
    目次
    「結城浩のもくもく会」を作りました
    相手を想像する力
    結論から話すのが苦手 - コミュニケーションのヒント
    やる気が出ない - 仕事の心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    結城は先週に引き続き、ずっと家にこもって仕事を続けています。意識して睡眠を取り、規則正しい生活をし、医療に負担をかける事態にならないよう努力しています。
    日々、悲惨なニュースがやってきますが、心と身体の健康のため必要以上に悲観的にならないよう意識しています。
    それにしても、社会を支えている方々には本当に感謝です。生活必需品の生産や流通に携わっている方々、もちろん医療現場で奮闘してくださっている方々が、無事に過ごせますように。
    今週も、がんばっていきましょう。
    * * *
    新刊の話。
    『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』の初校ゲラの著者校正を編集部に送付しました!
    五月刊行ではありますが、現在の社会情勢を考えますと出版時期も変更を余儀なくされるでしょう。はっきりした情報が来たところでアナウンスしたいと思います。
    ◆『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』(アマゾン)https://www.amazon.co.jp/dp/4815606021/?tag=hyuki-22
    ◆『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』Web立ち読み版http://ul.sbcr.jp/MATH-AFP7o
    * * *
    「数学ガール」アンケート(2020年春)の話。
    結城浩が執筆している書籍「数学ガール」や「数学ガールの秘密ノート」に関するアンケート(2020年春)を実施中。cakesのWeb連載のうち、早く書籍化してほしいシーズンや、これから結城浩に書いてほしい題材などをお尋ねしています。
    質問は全部で9個。匿名での回答なので、お気軽にお答えいただければ感謝です。
    ◆「数学ガール」アンケート(2020年春)https://mm.hyuki.net/n/n196b04749369
    * * *
    では、今回の結城メルマガを始めましょう。
    どうぞごゆっくりお読みください。
    「結城浩のもくもく会」を作りました
    「結城浩のもくもく会」というサービスを作りました。
    ◆結城浩のもくもく会https://mokumokukai.hyuki.net
    ◆結城浩のもくもく会(スクリーンショット)
    「結城浩のもくもく会」とは
    「結城浩のもくもく会」は、
    「いまから一時間、本を読みます!」
    「一時間、本を読みました!」
    のように活動開始や活動終了の宣言ツイートを手助けするサービスです。
    ◆宣言ツイートの例(スクリーンショット)
    結城はもともと、Twitterで「いまから本の原稿を書きます」や「第2章を読み返します」と作業を宣言することがよくあります。「結城浩のもくもく会」はそれを半分自動化し、みんなが使えるようにしたサービスともいえます。
    「活動の宣言をしたかったら勝手にTwitterで宣言すればいいのだから、わざわざこんなサービスを使う必要はないのでは?」と感じるかもしれません。確かに各人が好きに宣言すればいいのですが、このようなサービスは無意味ではありません。
    なぜなら、「結城浩のもくもく会」を通じてツイートすることで、定型化されたツイートを行うことができるからです。また「結城浩のもくもく会」というハッシュタグが自動的につきますので、それを頼りに検索できます。
    ◆みんなの宣言ツイートを検索するhttps://bit.ly/2wVjCjq
    宣言ツイートを検索することで「他の人は何をしてるんだろうか」とチラ見したり、「自分はこれまで何をやってきたのかな」と振り返ることができるのです。つまり、昨今のように、みんながそれぞれの家で個別の活動をしているにもかかわらず、あたかもみんなで共同で活動している仮想的な状況を作ることができるといえます。
    実際、結城がこのサービスを公開してから、すぐにたくさんの方が使い始めてくださいました。たいへん感謝なことですね。
    ◆「結城浩のもくもく会」(設計時のイメージ図)
    インスパイアされたもの
    この「結城浩のもくもく会」の発想自体は特別なものではありません。
    たとえば、IT技術者のあいだでは「もくもく会」と呼ばれる一種の勉強会は以前からありました。みんなが集まり、それぞれの作業を無言でもくもくと進める、ちょっと不思議な勉強会です。
    でも、自粛が推奨されている現在の環境では、みんながリアルに集まって「もくもく会」を行うわけにはいきません。みんなが集うTwitterを利用してバーチャルな「もくもく会」を行うのは理にかなったことといえるでしょう。
    また、「結城浩のもくもく会」のもとになった活動として「分報」というものもあります。これは、月報や日報のような活動報告を「分単位」(30分や1時間などの細かい単位)でおこなうものです。分報はSlackなどを使って、各人が自分の活動を報告するのです。
    「分報」は非常にいい活動ですが、これを不特定多数の人で実行するのはなかなか難しいものがあります。ですから、通常は、親しい仲間のグループを作り、数人あるいは十数人という少人数単位で行うことが多いでしょう。
    さらに、「結城浩のもくもく会」のもとになった企画として、YouTuberのQuizKnockさんが行っている「クイズノックと学ぼう」があります。
    ◆クイズノックと学ぼうhttps://bit.ly/2VmZsYR
    QuizKnockのメンバーたちは、いつもは一つの場所に集まって早押しクイズを初めとするたくさんの企画を行っています。でも最近は集まることが難しいので、各人の家から配信を行う工夫をしています。
    「クイズノックと学ぼう」という企画では、クイズノックのいつものメンバーが勉強している様子を一時間配信しています(25分勉強+5分休憩+25分勉強+5分休憩)。その様子を見ながら、いっしょに勉強をしようと呼びかけているのです。
    実際、人が真剣に学んでいる様子を見るのは大きな刺激になるものです。図書館でまわりがみんな勉強していたら、自分も何かやらなくてはと思うのに似ています。
    「結城浩のもくもく会」は「クイズノックと学ぼう」のように時間を決めたりはしていませんが、根底にある発想は似ていると思います。「結城浩のもくもく会」でも、他の人の活動の宣言ツイートを見ると、自分でも何かやろうという気持ちになるからです。
    ご利用にあたって
    「結城浩のもくもく会」はツイートするためのTwitterのアカウントさえ持っていれば、無料で誰でも利用できます。Twitterアカウントを「結城浩のもくもく会」に登録する必要はありませんし、スマートフォンからでも使えます。
    「結城浩のもくもく会」というサービスが行っているのは、定型文を用意することと、開始から終了までの時間を計測することだけです。ツイートの文章はユーザが自由に書き換えてからツイートできます。「結城浩のもくもく会」が勝手にツイートするわけではありません。
    「結城浩のもくもく会」をどんなふうに使うかは、もちろん各人の自由ですが、ちょっとしたヒントを書いておきます。
    まず、開始前に「具体的な活動」を決めた方がよさそうです。また「その活動にどれだけの時間を掛けるか」や「いつまでその活動を行うか」も合わせて考えましょう。つまり「一時間、本を読みます」や「12時まで、問題を解きます」のように決めるということです。
    活動としては、「いつもなかなか着手できないこと」や「やらなくちゃいけないんだけど、おっくうなこと」をやると効果が高いです。
    その理由は「結城浩のもくもく会」を使うと、時間を決めて活動できるので、成果物の達成量ではなく時間で一区切りが付くからです。着手がおっくうな原因の一つは、成果物がうまく目に見えないからだったりしますから、「結城浩のもくもく会」を利用して問答無用で一定時間着手しちゃうのです!
    時間としては、「三時間」「四時間」といった大きな時間を宣言するのではなく、「15分」「30分」といった細かい単位を使うがうまくいくようです。
    その理由は、長い時間を宣言してしまうとどうしても疲れるし、そんなに集中できないことが多いからです。そうすると一回限りで終わってしまう危険性が高くなります。ですから、細かい時間を繰り返し使って「小さいけれど確かな手応え」を味わうことや「着手できた喜び」を成功体験とした方がうまくいきます。
    以上書いてきたことは、活動の内容や、自分の性格にも大きく依存することです。なので、結城が書いたようにしなければダメというのではありません。
    誰から命令されているわけでもないので、各人がそれぞれに工夫して、自分に合ったやり方で利用していただければと思います。
    家の中にこもって一人で作業するのはときにさびしいものですし、張り合いもありません。ついつい時間に流されてしまいがちです。この状況を逆手にとって、うまく自分の生活を豊かにしたいですね。
    そのために「結城浩のもくもく会」が少しでもお役に立てばうれしいです。
    いっしょに、この時期を過ごしましょう!
    ◆結城浩のもくもく会https://mokumokukai.hyuki.net/
     
  • Vol.420 結城浩/自宅作業のコツ/数学の魅力は何ですか/成長できない/指数関数的爆発/

    2020-04-14 07:00  
    220pt
    Vol.420 結城浩/自宅作業のコツ/数学の魅力は何ですか/成長できない/指数関数的爆発/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年4月14日 Vol.420
    目次
    自宅作業のコツ - 仕事の心がけ
    結城先生にとって、数学の魅力は何ですか
    成長できない
    指数関数的爆発 - 再発見の発想法
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    最近は、結城もずっと家にこもって仕事をしています。
    以前は街なかのカフェに出かけて仕事をしていましたが、もうそんな状況ではありませんし、すっかりその習慣もなくなってしまいました。そもそも、お気に入りだったカフェのいくつかはしばらく休業することになってしまいました。
    医療関係者はもちろんのこと、社会を支え、ライフラインをキープしている方々には本当に感謝しています。危険な中で作業したり、多くの人に接しなければならない方々が、無事に過ごせるように切に祈っています。
    一般人である結城は「家で過ごそう」というメッセージを守り、ソーシャルディスタンスを保ち、日々ていねいに手洗いをし、きちんと眠り、適度な運動を行って自分の健康を保とうと努力しています。医療現場に負担を掛けないために、身体と心をよくメンテナンスし、安定させることを心がけています。
    いまは本当に大変な時期ですし、見通しがつかないのは不安なものです。しかし、自分にできることをきちんと見分け、それをこなしていきたいと思っています。
    がんばっていきましょう。
    * * *
    新刊の話。
    現在結城は『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』の初校ゲラを読む毎日です。
    大物の修正はあまりないのですが、二百数十個くらいの細かい修正と図版の調整を行っています。
    淡々と、粛々と作業は進み、特にドラマはありません。淡々と、粛々と作業を進めます。そんな毎日です。
    もともとは五月刊行を予定していましたが、現在の社会情勢と緊急事態宣言にともない、恐らく出版時期にも影響が生じると思われます。はっきりした情報が入手できたところで、Twitterなどでアナウンスしたいと思います。
    非常に残念なことですが、しかたがありません。
    しかし、自分が現在できるのはきちんと初校ゲラを読むことですから、きちんと初校ゲラを読んでいきましょう!
    ◆『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』(アマゾン)https://www.amazon.co.jp/dp/4815606021/?tag=hyuki-22
    ◆『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』Web立ち読み版http://ul.sbcr.jp/MATH-AFP7o
    * * *
    セール情報の話。
    『第3版 暗号技術入門 秘密の国のアリス』の電子書籍が各電子書店で半額キャンペーンを行っています。
    ◆暗号技術入門(アマゾン)https://www.amazon.co.jp/dp/B015643CPE/?tag=hyuki-22
    また、結城浩のアイコン「スレッドお化け坊や」をデザインした「Tシャツ」や「トートバッグ」や「パーカー」などが600円引きセールになっています。
    ◆結城浩のグッズ販売https://suzuri.jp/hyuki0000/
    ぜひ、この機会をご利用ください。
    * * *
    家で学ぶ話。
    「いえで過ごそう」というメッセージが出ています。
    それに合わせてさまざまな会社や組織が「家で学ぶ」ための情報を提供していますね。
    たとえば、「NHK for School」ではEテレの教育番組や動画クリップをたくさん提供しています。
    ◆NHK for Schoolhttps://www.nhk.or.jp/school/
    誠文堂新光社は、「子供の科学」一年分のバックナンバーを無料公開しています。期間が5月6日まで延長されました。
    ◆子供の科学 - 一斉休校により家で過ごすみなさんへ 子供の科学 無料公開 特設サイトhttps://www.kodomonokagaku.com/20200305/
    小学館は、学習マンガ「小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史」を期間限定で無料公開しています。
    ◆少年少女日本の歴史https://kids-km3.shogakukan.co.jp/
    また、東京工業大学の加藤文元先生が、「#数学しよう」というハッシュタグで、それぞれの数学の楽しみ方を語り合おうという呼びかけを行っています。こんな時期なので、数学を楽しみましょうという呼びかけですね。
    https://twitter.com/FumiharuKato/status/1248989288789716993
    ◆数学しようhttps://bit.ly/2JYLV3t
    * * *
    習いごとの話。
    そういえば、結城はいわゆる「習い事」ってしたことありません。小さいころに姉がピアノを習うときに自分も習いたいと言ったけど、たぶん予算の関係で却下された記憶があります。特に気にはしていないけど、習ってたらたぶんピアノうまくなってたと思うなあ。
    父親は中学校の教師だったから、個人的に教えてもらうことは日常的によくありました。テキストを使って教えるという座学の機会は少なかったけれど、日常の団欒の中でのおしゃべりは、いまにして思えば非常にすぐれた講義がたくさんあったと思います。
    そのときの父との対話で得られた感覚は、現在の「数学ガール」執筆に多大な影響を与えていますね。端的にいえば「教師は、何を考え、どこに目を配っているか」を教えられたように感じます。
    ……という話が好きな方はこちらをどうぞ。教師の父の思い出話がたくさんあります。
    ◆父から学んだ「教える」ということhttps://mm.hyuki.net/m/med8d57103df4
    ◆父の思い出- TK-80 -https://www.hyuki.com/dream/tk80.html
    * * *
    では、今回の結城メルマガを始めましょう。
    どうぞごゆっくりお読みください。
     
  • Vol.419 結城浩/セール情報/状況のコントロール/数学の本の思い出/試験で《対話》を使う/

    2020-04-07 07:00  
    220pt
    Vol.419 結城浩/セール情報/状況のコントロール/数学の本の思い出/試験で《対話》を使う/結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2020年4月7日 Vol.419
    目次
    状況のコントロールと安心感
    子供のころ読んでいた数学の本の思い出 - 学ぶときの心がけ
    まわりと衝突ばかりしている友人 - コミュニケーションのヒント
    数学の試験で《対話》を使うことの難しさ - 教えるときの心がけ
    はじめに
    結城浩です。
    いつもご愛読ありがとうございます。
    『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』の初校ゲラが到着しました。
    いつもなら、来週くらいに「読み合わせ」つまり編集長と結城が一室に籠もって一ページずつチェックする作業を行います。でも、最近の社会情勢を踏まえて「読み合わせ」はやめることにしました。
    その代わり、ファイルのやりとり、メール、そして電話など複数の手段を使って情報交換につとめようと考えています。これまでの方法に固執せず、柔軟に対処していきましょう!
    また、初校ゲラをベースとした「Web立ち読み版」が到着しました。初校ゲラをベースにしているので今後修正が入る可能性がありますが、第1章がまるごと読めます。よろしければお読みください。
    ◆『数学ガールの秘密ノート/複素数の広がり』Web立ち読み版http://ul.sbcr.jp/MATH-AFP7o
    * * *
    50%ポイント還元セールの話。
    SBクリエイティブ社から刊行されている結城浩のKindle本が「50%ポイント還元」の対象になっています。
    対象となっているのは「数学ガール」シリーズだけではありません。『Java言語で学ぶデザインパターン入門』、『プログラマの数学』、『暗号技術入門』、『C言語プログラミングレッスン』なども対象になっています。
    ぜひこの機会をご利用ください。キャンペーンは2020年4月9日(木)まで。
    ◆SBクリエイティブ 50%ポイント還元キャンペーンhttps://amzn.to/39NjH5U
    * * *
    シュレッダーを掛けながら思った話。
    先日、不要になった書類をシュレッダーで裁断していました。保管期限を越えた会計書類などです。ひとつひとつには個人的な歴史があり、なかなか思い出深いものがありました。
    わが家の経済は、読者さんが私の本を買ってくださったり、私のメールマガジンを購読してくださったりすることで支えられています。しみじみと感謝に浸っていました。
    そこからまた連想は広がり、自分が書いている本の変化や、電子書籍の占める割合の変化などについても考えました。以前はプログラミング書籍がすべての収入でしたが、ここ十年ほどで収入は多様になりました。
    プログラミング書籍の重版もありますが、暗号本や、プログラマの数学や、もちろん数学ガールシリーズがあります。紙の本だけではなく、メルマガやWeb連載やnoteなどの電子的なコンテンツもあります。
    結城の活動は「執筆活動」という大きな「くくり」では継続していますが、その中身はずいぶん変化しています。
    よく《継続は力なり》といいますが、その《継続》の中身はよく考える必要があるとも思いました。
    《継続は力なり》がいいスローガンだとしても、仮に変化を全く許容せずに同じことを継続していたならば、時代が変化していけば継続は難しくなるでしょう。《継続》するためにこそ《変化》が必要になるわけですね。
    要するに、当たり前のことですが「変えるべきものは何で、変えてはいけないものは何か」という見極めが大事になるのでしょう。
    《継続》と《固執》とは違います。継続に固執していては継続できません。かといって、変化に固執しても継続できません。
    時代は変わる。自分も変わる。その中で、どのような形で仕事を継続していくか。何を変え、何を変えないか。それを考えるのはとても大切なことじゃないだろうか。
    シュレッダーで書類を裁断しながら、そんなことを考えていました。
    * * *
    自宅で作業する話。
    気がつくと、ここ一カ月ほどはずっと自宅で作業していることに気付きました。
    散歩に出かけたり、身体を動かしたりはしていますが、カフェに出かけて仕事をするという行動はほとんどなくなりました。
    私はずっと「外で仕事をしないと気分が切り替わらない」と思っていたのですが、こうやって自宅で仕事をしてみるとまったくそんなことはないとわかりました。自宅で一日ふつうに仕事は進みます。
    意識して気持ちを切り換えるようにはしていますが、「こうせざるを得ない」となると、私は意外に早く順応してしまうんですね。
    何十年たっても、自分についての新たな発見があるものです。
    もちろん、自分が自宅で仕事が進むのは「文章を書く」という仕事の性質にもよります。
    現在ライフラインを支えてくださる方や、医療現場に携わっている方などはそうはいきません。そのような方々に深く感謝し、応援したいと思っています。
    できるだけ人に会わず、手洗いをこまめに行い、体調を整える。自分にできることをしっかりやっていきます。
    * * *
    では、今回の結城メルマガを始めましょう。
    どうぞごゆっくりお読みください。